シェアする

2か月お試し1,000円!花粉症対策に和茶倶楽部のべにふうき茶はいかがでしょうか

毎年決まった時期に悩まされる花粉症。

アレルギー用の薬も良いのですが、日々の食生活で少しでも改善できればと考えるのも真理というものですよね。

そこで今回は、花粉症対策に効果的な”べにふうき茶”を2か月1,000円でお試し可能な和茶倶楽部を紹介しつつ、「べにふうき茶って何?」という点についても解説していきたいと思います。

べにふうき茶って何から出来てるの?

まずはべにふうき茶そのものについて学んでいきましょう。

べにふうき茶は、「べにほまれ」という日本で最も古いアッサム雑草の紅茶の品種と、「ダージリン」という紅茶で有名な品種を掛け合わせて誕生した交配種なんですね。

見た目が緑茶の色をしていますので、紅茶品種の掛け合わせというのは意外に思われるかもしれません。

紅茶品種のため渋みや苦みが強い特性を持っていますが、茶葉から淹れるのではなく、パウダー状に加工することによって飲みやすい仕様になっています。

べにふうき茶に含まれる成分とは

カテキン・メチル化カテキン

べにふうき茶はカテキンの含有量が多い事で有名で、カテキンの中でもメチル化カテキンという成分を豊富に含んでいる事で話題となっています。

メチル化カテキンは繊細な成分で、紅茶として発酵させてしまうと成分の大半が失われてしまうため、緑茶として飲むことでその効果をきちんと体感できます。

”メチル化カテキン”というと少々ケミカルな印象を受ける名前ですが、ポリフェノールの一種であるカテキンが変化したもので、れっきとした天然成分です。

カテキンには抗酸化作用があり、体内で増えすぎた活性酸素を除去し、老化を防ぐアンチエイジング効果を期待できます。

また、メチル化カテキンの特性として、花粉やハウスダストなどのアレルギー症状を緩和する働きがあるため、近年花粉症対策としてべにふうき茶が注目されているわけですね。

ストリクチニン

ストリクチニンもカテキン同様ポリフェノールの一種で、厳密にはポリフェノール内のタンニンの一種と分類される成分です。

一般的な緑茶にも含まれており、アレルギーを発症する際に発生するlgEという抗体の過剰生成を阻害し、鼻水やくしゃみといったアレルギー症状を抑える働きを持ちます。

また、アトピーなどの皮膚アレルギーにも効果的で、ストリクチニンを摂取することで症状の軽減に繋がります。

インフルエンザウイルスの増殖を阻害する働きがあるという研究結果も出ていますので、昨今のウイルス対策にも有効な成分となり得るのではないでしょうか。

メチル化カテキンとストリクチニンというダブルの抗アレルギー成分が、「べにふうき茶が花粉症に良い」と言われる所以といって良いでしょう。

カフェインが入っているため妊娠中や授乳期の方は注意

健康茶の類はノンカフェインのものが多いですが、べにふうき茶に関しては茶葉を使用していますし、製法の分類としては緑茶の一種ですのでカフェインは含まれています。

副作用などはありませんが、カフェインを控えないといけない妊娠中や授乳期の方は飲まない方が良いでしょう。

2か月分で1,000円!和茶倶楽部のべにふうき茶

最後に商品の紹介をさせていただきますが、べにふうき茶を飲み始めるのなら、2か月分で1,000円という圧倒的コスパを持つ和茶倶楽部のべにふうき茶が断然オススメです。

スーパーやドラッグストアで販売されているものが悪とは言いませんが、和茶倶楽部様のべにふうき茶は他社製品と比較してメチル化カテキンの含有量が多く、花粉症などのアレルギーがある方にとっては嬉しい仕様になっています。

1,000円で購入するためには会員登録と商品到着後のレビュー投稿は必要となりますが、定期コースなどではありませんので、とりあえずお試しだけ買ってみて、気に入らなければリピートしないという選択肢も可能です。

1杯5円の高コスパですので、ペットボトル飲料のべにふうき茶を愛飲している方にもおすすめしたい逸品ですね。

気になった方は下記から公式サイトをチェックしていただけたらと思います。

【高濃度べにふうき】静岡老舗茶屋─和茶倶楽部─
スポンサーリンク
レク大