“本気の家庭用脱毛器”脱毛ラボの実力

家庭用脱毛器業界で現在話題沸騰中の”脱毛ラボ”をご存知でしょうか。

今回は、脱毛ラボのおすすめポイントについて解説していきますので、家庭でエステさながらの効果を得たい、質の高い脱毛器を買いたいという方はぜひ読んでみて下さい。

7万円レベルで強力な出力!

脱毛といえばエステサロンなどに通って施術を受けるのが一般的ですが、脱毛を完了させるまでに数十万円の費用が掛かってしまったり、サロンに通う時間や手間を割く必要も出てきます。

逆に家庭用の脱毛器はというと、2~3万円ほどの商品が話題に上がることが多いですが、実際に買ってみると「思っていたのと違う…」という感想を抱く方が多いでしょう。

私も過去に3万円ほどの家庭用脱毛器を購入したことがありますが、効果はゼロに等しいレベルでした。

金額が高ければ良いとも一概には言えませんが、サロンに近いクオリティを求めるのであれば、7万円というラインはかなりお手頃でありつつ、効果も期待できるクラスの商品であると言えます。

痛みも少ない設計

いわゆるリーズナブルなクラスの家庭用脱毛器よりも出力が高く、痛みを感じづらい設計になっているのも特徴です。

脱毛というとピリッとした痛みが効果のバロメーターのように思われていますよね。

しかし、無駄に痛みや炎症を起こさせるだけで、結果的にはムダ毛が再度生えてくるというケースも往々にしてあり得るわけです。

痛い思いをするだけで毛が生えてくるのでは最悪ですよね。

脱毛ラボは”毛を抜くために必要な出力(ジュール)”に調整されていますので、痛みを最小に抑えて効果を得られる設計になっているというわけです。

アタッチメント交換無しで顔~VIOまで本格的な脱毛が可能

脱毛ラボは、照射する部位によってアタッチメントを交換する必要がありません

顔だけではなく手足の指などのように凹凸が細かい部分、VIOなどのデリケートな部分もデフォルトのヘッドで全てこなせます。

こういった手軽さも人気の秘密と言えるでしょう。

しっかりした作りで操作性はシンプル

私が昔購入した3万円ほどの脱毛器は、操作性こそシンプルでしたが、見た目はかなりチープなものでした。

それに比べて脱毛ラボは、本体そのものがしっかりした作りになっており、「これはちゃんと脱毛できそう」という信頼性を感じられます。

また、ボタンは2つのみですので、分かりやすさも兼ね備えています。

冷却ジェルなどの付属品不要

脱毛ラボの凄いところは、”本体だけですべて完結する”という事です。

つまり、冷却ジェルなどの付属品すら必要としません。

脱毛器だけでなく、美顔器などに関しても、一緒に使わないといけない付属品にお金が掛かるものです。

むしろ「それで商売してるのでは…?」と思うほど限定品のような売り方をしているものもありますしね。

脱毛ラボのように、本体を買えばランニングコスト不要というのは、大きなアドバンテージと言えます。

男性も使用可能

脱毛器といえば女性が使うものというイメージが強いですが、近年ではヒゲ脱毛をする男性も増えています。

脱毛ラボは男性使用者も多く、ヒゲ脱毛を成功させた口コミなども多数見掛けられます。

何が言いたいかといいますと、男性のヒゲの脱毛を成功させるということは、頑固なムダ毛に悩まされる女性でも効果が期待できるという事です。

ドクターシーラボの系列会社が開発

脱毛器や美顔器といったジャンルは、冷静になって製造元を見ると「これどこの会社?」となることが多く、それを知ってしまうと「だから効果が無いのかも…」と信頼出来なくなってしまう事もあるでしょう。

しかし、脱毛ラボは美容業界で知らない人はいないであろう”ドクターシーラボ”の系列会社が開発しています。

信頼して使えるという事は非常に重要ですので、この点において他の家庭用脱毛器を上回っている存在であると言えるでしょうね。

脱毛以外の美容効果が得られる

脱毛ラボは、小じわの改善やリフトアップ、目元のクマ対策などの効果を得られるのも嬉しいですね。

冷却ジェルを必要とせず、本体に冷却機能(クーリング機能)を備えている脱毛ラボならではと言えるのかもしれません。

まとめ

現在人気沸騰中の脱毛器”脱毛ラボ”についておすすめのポイントを書いてきましたが、いかがでしたでしょうか。

サロンに肉迫する出力で、尚且つ本体1つで全てをこなしてくれるという点が何より強みと言えるでしょう。

過去に脱毛器で失敗した人にこそ試してほしい商品ですので、是非チェックしていただけたらと思いますね。


スポンサーリンク
レク大




レク大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レク大