”マイクロニードルパッチ”イーチケアシートの成分や使い方をシンプルに解説

最先端の美容アイテムとして注目を集めている”マイクロニードルパッチ”。

その中でも注目度の高い”イーチケアシート ”について今回は解説していきます。

普段のスキンケアをワンランク上のものにしてくれる事は間違いない商品ですので、よろしければチェックしてみて下さいね。



イーチケアシートに含まれる成分は?

マイクロ”ニードル”パッチですので、いわゆる”針”の部分があるわけで、イーチケアシートは針の部分に有効成分が詰まっています。

まずはその成分について解説しておきましょう。

ヒアルロン酸

言わずと知れた潤い成分の代表格で、お肌の中でも生成されている成分です。

「ヒアルロン酸がどのように潤いをもたらしているのか」という事に関して、意外と知らないという方も多いかと思いますが、シンプルに例えますと”ヒアルロン酸=スポンジ”とイメージするのが最も近いでしょう。

肌の内部に取り入れた水分は、”保水成分”が無いと蒸発してしまいます。

年齢を重ねると肌がカサカサしたり、ハリが無くなってくるのは、取り入れた水分を肌の中に留めておく力が弱まっているからなんですね。

逆に、若い時のお肌がプルプルとハリを保てているのは、肌内部でのヒアルロン酸生成が活発に行われているからです。

ヒアルロン酸が水分をスポンジのように取り込み、肌の内部で維持するという事は、美肌を保つ上で非常に大切な事と言えるでしょう。

EGF(上皮細胞成長因子)

”EGF(上皮細胞成長因子)”というと、何だかすごく難しい成分のように思われてしまいそうですが、要は”肌細胞の生成を促す成分”といった感じで、こちらもお肌の中に元々存在している成分です。

美容分野はもちろんのことですが、火傷の治療などにも使用され、肌の再生医療にも役立っている偉大な存在なんですね。

EGFは、肌そのものを作り上げる事に作用し、肌の代謝を促してくれるため、ターンオーバーの促進に役立ち、アンチエイジングにも効果的とされています。

肌細胞の修復を促す作用もありますので、既に出来てしまっているニキビや肌荒れなどにも効果的と言えるでしょう。

ヒアルロン酸と同様に、年齢と共に減少してしまいますので、外から補充してあげる事で若々しさを保つことに効果を期待できるというわけですね。

なぜ”ニードル”が必要なの?

「何でニードルなの?」
「美容液を塗ったシートじゃダメなの?」

というように疑問を持つ方も多いのではないでしょうか。

そのカギは”肌のバリア機能”にあります。

”肌のバリア機能”という言葉だけを見ますと、「悪いものから肌を守ってくれる」というイメージが先行し、「良い成分も防いでしまっているのでは?」という考えにまで至らない事がほとんどと言えるでしょう。。

人間の肌は、悪いものだけを弾き出し、良いものだけ素直に受け入れてくれるというように都合良く出来てはいませんので、美容成分を届けるためにはバリア機能の部分を突破する必要があります。

肌の層で最も外側にある”角質層”がバリアの役割を果たしているのですが、約0.02ミリの厚さしか無いのに強靭な防御力を誇っているんですね。

その角質層を”針”によって突破し、肌の内部に美容成分をダイレクトに届ける形となりますので、塗布で浸透を期待する方法よりも効率的なんですね。

イーチケアシートの針は金属などではなく、美容成分で構築された針ですので、成分が肌に吸収される事により消滅する仕組みとなっています。

イーチケアシートの使い方、使用頻度

使い方

使い方は至って簡単です。

「おやすみ前にシワが気になる場所に貼り、軽く押し付ける」

要はこれだけです。

…と、さすがにこれだけだと手抜きだと思われそうなので、注意点も書いておきましょう。

・針の部分を手で触らない
・洗顔やスキンケアは通常通り行い、肌に水気が無い状態で使用する
・一度貼ったら貼り直しはNG、再利用もNG
・肌のバリア機能を一時的に破壊するため、”おやすみ前”は厳守
・目元に使用する時は”目”そのものがシートの範囲内にならないように注意

ざっとこんな感じでしょうか。

”おやすみ前の厳守”については、バリア機能が破壊される事によって紫外線などのダメージを受けやすくなってしまいますので、おやすみ前が最も望ましいという事ですね。

美容外科の施術を受ける際に気になる”ダウンタイム”も、イーチケアシートに関しては無いといって過言はないでしょう。

製品自体は目尻やほうれい線に合わせやすいカーブを描いた形状になっていますので、マイクロニードルを用いた製品の中でも使いやすいかと思います。

使用頻度

使用頻度は週に2~3回が目安となっており、最初は週2から始めてみるのが良いでしょう。

「短期間で効果を得たい!」と逸る気持ちはあるかと思いますが、定期的に使用し、きちんと継続する事こそが最も大切ですので、続けられる頻度を見極めましょう。

イーチケアシートはどういう人にオススメ?

「どういう人にオススメか」と考える時に、配合されている主要成分の特性を頭に思い浮かべる事が大切です。

つまり、

ヒアルロン酸→潤い、保湿成分→お肌の潤いが足りないと感じている人
EGF→肌細胞を生成する→肌の老化、ハリの無さを感じている人

というように、オススメできる人が割り出されてくるわけですね。

美容液やシートコスメなどをひと通り利用しているものの、「まだ満足できていない」という人のステップアップ策としてもオススメです。

また、寝ている間に成分が浸透するものですので、ある程度ズボラな人でも続けられるのがイーチケアシートのポイントと言えるでしょう。

お値段は?合わなかった時に返品は出来るの?

お値段や買い方は?

”アンチエイジングに有効な成分を肌に直接届ける”という画期的なマイクロニードルパッチであるイーチケアシート。

「でもお高いんでしょう?」と思うのが当たり前ですよね。

ちなみに”2枚入りパッケージ×4セット”が1単位となっており、単品での販売はAmazonのみで行われているようですね。

単品価格は税別で8,800円となっており、公式サイトでは定期購入を推奨しているようです。

定期購入の場合は、初回価格が77%オフの税別1,980円(送料無料)、2回目以降は20%オフの税別6,980円(送料無料)となっているため、ある程度継続的に使用する事を心に決めている人は定期購入が断然オススメですね。

しかし、定期購入の解約は”3度目のお届けを受け取って4度目から可能”とのことですので、「1,980円とか超お得~」と軽率に飛びつかないように注意しましょう。

1回目:1,980円(税込2,138円)
2回目:6,980円(税込7,538円)
3回目:6,980円(税込7,538円)

合計15,940円(税込17,214円)は掛かるという見立てをした上で定期購入を申し込んだ方が良いかと思います。

とはいえ、単品で買うと消費税・送料込みで30,000円は越える計算になりますので、格段にお得ではありますね。

”継続する事で効果を実感するもの”と公式サイトでも書いてますので、「お試しで1個使ってみて良かったら買い足そう!」という商品ではなく、まとめて買う事を前提としているようです。

こういった通販商品は毎月決まった日に配送という事が多いですが、”配達日から○○日後”という指定が出来るのは良いですね。

返品は出来るの?

返品に関しては”未開封で到着から10日以内”であれば返品可能との事ですので、最近の通販でありがちな「使用して合わなかった場合は全額返金します!」みたいなノリではありません。

全額返金系の通販商品も、「いざ返品しよう!」となると面倒な条件が多かったりしますので、こちらの方が潔くて良いかなと思いますね。

まとめ

”貼って寝るだけ”のイーチケアシートについて解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。

金額的に少々ハードルは高めではありますが、ヒアルロン酸やEGFといったアンチエイジング成分をダイレクトにお肌に取り込めるというのは非常に魅力的ですよね。

自宅で出来るワンランク上のスキンケアとして、イーチケアシートを始めとするマイクロニードルパッチは普及していく事でしょう。

「塗る」から「貼る」へ!each.caresheet

上記リンクから商品の詳細や購入が可能となっておりますので、気になった方は見ていただけたらと思います。

スポンサーリンク
レク大




レク大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レク大