”ニキビ痕のケアに有効”イオン導入とビタミンC誘導体

エステサロンや美容外科などで、肌質の改善に用いられる”イオン導入”をご存知でしょうか。

今回は、なかなか自力では治しづらいお肌の悩みである”ニキビ痕のケア”を主軸に置き、イオン導入と、ニキビ痕に有効な”ビタミンC誘導体”について解説していきます。

洗顔などでニキビを予防する方法や、ホームケアに使用できるオススメ美顔器についても書いてますので、良かったら読んでみて下さいね。

そもそもイオン導入って?

イオン導入は名前のとおり”イオンを導き入れる”という意味合いですが、「肌の表面に塗るのと導き入れるのでは何が違うの?」となりますよね。

一般的に美容液や化粧水を肌に塗るだけでは、肌のバリア効果によって角質層という肌の表皮部にしか浸透しません。

しかし、イオン導入は一時的に肌のバリア効果を弱める働きがあり、それによって肌の奥にある真皮まで成分を浸透させる事が出来るんですね。

そのため、真皮にあるコラーゲン組織の活動を促す働きや、メラニンの生成を抑制する働きなど、美容液や化粧水を塗るだけでは得られない効果が望めるというわけです。

ニキビ痕のケアに有効な”ビタミンC誘導体”とは

そもそもビタミンC”誘導体”って?

ビタミンC誘導体は、そのままだと分子として壊れやすく、酸化しやすい作用を持つビタミンCを誘導体化した成分です。

浸透するまではビタミンCとしての効果を発揮せず、肌に浸透して酵素で誘導体が分解される事によって肌に効果をもたらす性質を持っています。

なぜビタミンC誘導体がニキビ痕に効果的なのか

ニキビの原因も様々ですが、皮脂の過剰分泌よって毛穴が詰まってしまう事が代表的な原因と言えるでしょう

ビタミンCは皮脂の過剰分泌を抑制する効果があるため、イオン導入によって浸透させてあげる事によって皮脂を抑え、ニキビを予防する働きを持ちます。

また、ビタミンCのイオン導入は肌の真皮にあるコラーゲン組織に働きかける性質があり、年齢やストレスなどによって生成が少なくなってしまうコラーゲンやヒアルロン酸の生成力を回復する効果が望めます。

それによって肌のターンオーバー(新陳代謝)の活性に繋がりますので、ニキビ跡がある古い角質層を取り去り、キレイな肌の層が生み出されるため、ニキビ跡に効果的であると言われています。

ニキビ痕の改善にイオン導入を用いる際の注意点

ニキビ痕を改善するには根気が必要

ビタミンCなどのイオン導入によるニキビ跡の改善にはそれなりの時間を要します。

1~2回イオン導入をしたからと言って消えるものではありませんし、肌のターンオーバーを活性化するといっても著しく高速化するわけではありません。

そのため即効性は期待せず、根気よく続ける事がニキビ跡をキレイにする秘訣です。

効果を実感しづらい場合も

時間が掛かる事も然ることながら、1回の施術における効果が実感しにくいというのも注意点です。

ニキビ跡が1つ2つくらいでしたら、ニキビ跡以外の部分の美容効果などもあり効果を感じやすいとは思いますが、慢性的にニキビが多く、顔の肌に赤みなどがある場合は効果を実感しづらくなります。

イオン導入はバリア効果を軽減して成分を浸透させるものですが、ニキビ跡などがある肌のバリア効果は元々弱くなっており、それを更に弱めてしまうと肌を守る作用が優先されてしまい、ビタミンCによる美容効果が得られなくなってしまいます。

そのため、イオン導入による効果だけに頼らず、普段の生活も肌質を高めるものに改善する必要があります。

サロンなどでの施術はコスパが悪い

これまで説明してきたように「数回で効果が出て施術終了」というわけではないので、ある程度長期的に施術を受ける必要があります。

ある程度健康な肌の状態の人が美容目的で受けるのと、ニキビ跡などに悩む人が治療目的で受けるのとでは、効果を実感するまでに掛かる期間がかなり違ってきます。

1回あたりの費用の目安として3000円~5000円ほどと言われており、効果を持続するために毎月1回以上は通う必要がある場合が多いですので、費用が積み重なってコストが高くなってしまう事が考えられます。

ニキビが出来にくい肌質を心掛けましょう

イオン導入に頼りきるだけではなく、普段の生活習慣やスキンケアなどを見直して、ニキビができやすい習慣から脱出する必要があります。

せっかくキレイな肌を手に入れても、日頃の習慣で再発させてしまっては意味がありませんしね。

ニキビが出来づらい肌を作るための方法をいくつか紹介しておきましょう。

クレンジング剤をオイルからジェルに

ニキビが出来やすい人は脂性肌(オイリー肌)の場合が多いです。

皮脂が出すぎてしまう脂性肌ですので、クレンジングの際にオイルを使ってしまうと、オイルと皮脂のダブルの効果で毛穴の詰まりが発生しやすくなってしまいます。

そのため、ジェルクレンジングなどのようなオイルの性質を持たないクレンジングに切り替えてみるのが良いですね。

洗顔時の”洗いすぎ”もニキビの原因に

皮脂が気になって1日に何回も洗顔をしてしまうのも、ニキビを出来やすくしてしまう原因と言えます。

余分な皮脂を落とすことは大事ではありますが、1日に何回も洗顔してしまうと、肌が必要としている潤い成分までも落としてしまいます

潤い成分が落ちて肌が乾燥してしまうと、角質が固くなってしまうため、毛穴の詰まりが起こりやすくなり、結果としてニキビが出来やすい環境を作ってしまうわけですね。

また、洗顔ブラシを使用し、1度の洗顔で効率的に汚れを落とす事もおすすめです。

洗顔ブラシに関しては以下の記事で解説してますので、よかったら参考にしてみて下さいね。

”ツルツル肌の近道”洗顔ブラシの種類や特徴、使い方、注意点など

ピーリングを取り入れてみる

現在は自宅でできるピーリング剤が販売されています。

余分な角質を溶かして落とすことで肌のターンオーバーを高め、毛穴の詰まりを防ぐ効果も望めますので、週に1回のピーリングを取り入れるのもニキビ対策として良いでしょう。

ピーリングをした後の肌は角質が薄くなるため、一時的に紫外線に弱くなります。

そのため、ピーリングの後はUVケアをしっかりするように注意しましょう。

美顔器でのホームケアもオススメ

最近ではイオン導入の機能を搭載した美顔器も数多く販売されており、日々のスキンケアに活用されている方も多くなっています。

サロンでの施術よりもコスパが良いですし、自分のペースで使用する事が可能ですので、日にちを決めてサロンに足を運んだりする必要もありません。

ニキビ痕のケアは根気が必要ですので、長期的に掛かる費用を考えると、美顔器でのホームケアがオススメですね。

もちろんニキビ痕だけではなく、シミやシワなどのケアも可能ですので、お肌のトータルケアに役立つことは間違いありません。

本記事では楽天1位獲得美顔器 美ルルクラッシィをオススメしておきますので、良かったら参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク
レク大




レク大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レク大