シェアする

「今すぐできるコロナウイルス対策」免疫力アップを図りましょう

多数の死亡者を出しながら世界中を混乱させているコロナウイルス。

日本でも外出の自粛や、テレワークなどが推奨されるほどの事態となっています。

今回は「今すぐできるコロナウイルス対策」として、免疫力アップを図る方法について解説していきます。

日々の健康管理に役立てていただけたら幸いです。

スポンサーリンク
レク大




免疫力アップに繫がる栄養素

ビタミンA

皮膚や粘膜の健康を維持する作用を持ち、ウイルスの侵入を防ぐ意味で免疫力アップに効果的です。

ビタミンAは脂溶性ビタミンですので、炒めるなど油を使った調理法を用いた方がより効率的に摂取できます。

ビタミンAを含む主な食材

レバー、うなぎ、にんじん、ほうれん草、ブロッコリーなど

ビタミンB2

皮膚や粘膜などの細胞を傷つける要因である過酸化脂質を除去する働きを持っており、皮膚や粘膜を正常に機能させる上で大切な成分です。

また、脂質や糖質、たんぱく質をエネルギーとして活用するために欠かせない成分でもあり、疲れづらい体を作るために効果的です。

ビタミンB2を含む主な食材

レバー、うなぎ、牛乳、卵、のり、干しシイタケ、納豆など

ビタミンC

免疫細胞の代表格である白血球のエネルギーとなり、ウイルスやアレルギー物質などと戦う糧となるのがビタミンCです。

「風邪の時はビタミンCを摂る」という認識の方も多いと思いますが、免疫細胞を活性化させる意味からなんですね。

高い抗酸化作用もありますので、活性酸素の除去作用によって老化を防ぐことから美容分野でも重宝される成分です。

ビタミンCを含む主な食材

レモン、いちご、ミカン、ゴーヤ、ブロッコリー、パプリカなど

ビタミンE

ビタミンCと同様に免疫細胞を活性化させる働きを持ちます。

血管の老化を防ぐ働きもあるとされており、成人病対策にも効果的な成分と言えるでしょう。

ビタミンEは脂溶性ビタミンですので、油を使った調理法で食べるのをオススメします。

ビタミンEを含む主な食材

アーモンド、ヘーゼルナッツ、植物油、うなぎ

鉄分

血液の主成分であるヘモグロビンを体内で作るにあたって欠かせない成分です。

ヘモグロビンが不足する⇒血液が不足する⇒白血球も不足する⇒免疫力が低下する…といった流れになるため、鉄分は免疫力を維持する上で欠かせないと言えるわけですね。

余談ですが、鉄分はコラーゲンを体内で生成する際にも必要とされる成分ですので、美容の面でも積極的に摂取したい成分と言えます。

鉄分を含む主な食材

レバー、あさり、ほうれん草、プルーン、豆乳、納豆

ムチン

山芋などに含まれるネバネバ成分で、粘膜を保護する作用があるとされ、免疫力アップに効果的な成分です。

また、タンパク質の分解を助ける作用もありますので、疲れづらい体を作ることにも効果的です。

ムチンを含む主な食材

山芋(長芋)、里芋、オクラ、納豆、なめこ、レンコンなど

免疫力アップには睡眠も最重要

睡眠も免疫力を高める意味で非常に重要です。

免疫力の維持や強化は睡眠中にされると言われており、睡眠不足は風邪やウイルス性の症状を引き起こしやすくなってしまいます。

また、体内の自律神経の乱れも免疫力の低下に繫がるため、「ある程度決まった時間に寝る・起きる」というのも大切です。

「寝る子は育つ」と昔から言われていますが、細胞の修復や生まれ変わりが睡眠中に行われるため、大人になっても寝る事は非常に大切なんですね。

睡眠の質を高めるために、寝具周りを一度見直してみるのもオススメです。

まとめ

免疫力を高めるために大切な栄養や睡眠について簡単に解説してきました。

「そんなこと知ってるよ」「知ってて当たり前」という感想もあるかと思いますが、当たり前を当たり前にする事が健康の維持においては最も大切だと私は思います。

そういった再認識のキッカケにしていただければ幸いです。

ワクチンなども無く、目に見えない脅威ですので、今できる事は「罹りづらい環境を整える事」しかありません。

栄養などに関しては、結果的にウイルス対策以外の健康維持や美容などにも繋がりますので、悲観せず前向きに取り入れていただけたらと思います。

「頭では分かってるけどなかなか実践出来ていない」という方は、これを機に免疫力アップを図り、コロナウイルスに屈しない体作りをしていきましょう。

スポンサーリンク
レク大