”置き換えダイエットに特化”DHCプロテインダイエットは他のプロテインと比べてどうなの?

ダイエット食品としてロングセラーを誇っているDHCのプロテインダイエット。

今回はDHC以外のプロテイン商品と比べて、DHCプロテインダイエットがどのように優れているのかについて解説していきましょう。

私が色々なプロテインを試した上での解説ですので、比較的参考になるのではないかと思います。

これから試してみたいという方に読んでいただけたら幸いですね。

味はどうなの?

プロテインもいわゆるサプリメントのようなものですので、その恩恵を受けるためには継続する必要が出てくるわけですね。

継続するにあたって最も重要なのは”味”ではないでしょうか。

錠剤のサプリメントですと味を気にする必要はありませんが、プロテインはそういう訳にはいきません。

結論から言いますと、DHCプロテインダイエットは他のプロテインと比較するとかなり美味しいです。

他のプロテインですと、”ココア味”と書いてあっても味が薄かったりして「まぁこんなもんだよね」という気持ちになるケースが多いですが、DHCプロテインダイエットは味が濃くて、最初に飲んだ時は「こんな美味い健康食品あるの?」と思ったほどです。

一般的にプロテインを飲む際、水もしくは牛乳に溶かして飲むわけですが、水で溶かして飲んでも美味しいプロテインは、今のところDHCプロテインダイエットだけと言って過言はありません。

ちなみに牛乳で溶かすと3割増しくらいで更に美味しくなります。

イチゴミルク、ココア、コーヒー牛乳、バナナ、ミルクティーというように、ミルキーな味で統一されているのも美味しさの秘訣かもしれませんね。

ちなみに私のおすすめはココア味、バナナ味を牛乳で割って飲む事ですね。

「いろんな味がないと飽きそう」と思う方もいるかと思いますが、毎日ココア味、毎日バナナ味でも飽きないほどの美味しさを誇っています。

多分一回飲めば「あ、毎日これでいいかも」と思っていただけるかと思いますね。

満腹感はどうなの?

トレーニングの際に活用するプロテインではなく、ダイエット食品という観点で見る場合、満腹感も非常に重要な要素になってきますよね。

DHCプロテインダイエットは”おきかえダイエット”を視野に入れて作られているため、食感的にも成分的にも食事として活用できるレベルです。

牛乳で溶かすと特にトロっとまろやかな感じが増しますので、置き換え食として活用する場合は牛乳で作るのをオススメします。

牛乳がダメという人は豆乳でも良いでしょう。

私の経験上ですと、豆腐やサラダなどで軽めに食事を済ませて、デザートとしてプロテインダイエットを飲むという活用法がオススメです。

いきなり”プロテインダイエットだけ”という食生活に変更すると、さすがに次の食事までに空腹感を感じてしまいますので、軽い食事+プロテインダイエットというのが継続するためにも良いかと思いますね。

成分はどうなの?

おきかえ食を視野に作られているだけあって、一般的なプロテイン商品と比べて栄養が豊富です。

代表としてイチゴミルク味の成分を見てみましょう。

大豆蛋白、乳蛋白、デキストリン、難消化性デキストリン、果糖、イチゴパウダー(いちご(国産いちご100%))、ドロマイト、粉末油脂、パン酵母、オルニチン塩酸塩、ブドウ種子エキス、コエンザイムQ10/クエン酸カリウム、香料、塩化カリウム、増粘剤(キサンタンガム)、乳化剤、甘味料(アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物、スクラロース、アセスルファムK)、着色料(紅麹)、V.C、ピロリン酸第二鉄、ヒアルロン酸、ナイアシン、V.E、パントテン酸Ca、V.B1、ヘスペリジン、V.B2、V.B6、V.A、葉酸、V.D3、V.B12

熱量167kcal、たんぱく質20.1g、脂質1.5g、炭水化物22.4g、糖質14.7g、食物繊維7.8g、食塩相当量0.5g、クロム30μg、カフェイン0mg

上記のようになっており、牛乳に溶かす場合は牛乳の成分がプラスされる形となります。

特徴的なのは、若々しい新陳代謝を取り戻すための成分であるコエンザイムQ10、美容成分であるヒアルロン酸が含まれている点でしょうか。

一般的なプロテインは、効率的に筋肉を付けるためのアミノ酸などが豊富に含まれていますが、DHCプロテインダイエットは美容・ダイエットに特化した作りになっていると言えるわけですね。

コスパはどうなの?

DHCプロテインダイエットの唯一とも言えるウィークポイントは、他のプロテイン商品と比べて少々割高な点です。

しかし、”おきかえ食”と考えるのであれば、一食あたり400円弱はそこまで高くないのでは?と思います。

1箱7食入りで2,700円前後となっており、大きな袋で1か月分3,000円ほどで売られているプロテインと比べると「ちょっと高いなぁ…」と感じてしまう事でしょう。

まとめ買いすると安いショップなどもありますので、その辺りをうまく活用して、少しでも費用を抑えたいところですね。

まとめ

DHCプロテインダイエットの良さを伝えるべく、これから買ってみようという方が気になるであろうポイントに分けて解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。

費用こそ少々割高ではありますが、健康・美容・ダイエットの要素をすべて網羅している”完全食”と言っても過言ではないかと思います。

途中でも書きましたが、私のオススメはココア味・バナナ味ですので、よろしければお試しいただけたらと思います。

美味しく続けられる健康食品って実際なかなかありませんので、ぜひ活用してほしいですね。

スポンサーリンク
レク大




レク大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レク大