セルベスト”ピュアクレイ 洗顔&パック”の成分や効果、口コミなどを解説

ピュアクレイ洗顔&パックとは

泡立て不要の全く新しい洗顔料として注目を集めている”ピュアクレイ 洗顔&パック ”。

”ピュア”は天然成分であり”クレイ”は泥ですので、天然成分を用いた泥洗顔パックということですね。

まずはクレイ洗顔をすることによって得られる効果について解説していきましょう。

クレイ(泥)洗顔によって得られる効果

吸着効果による毛穴詰まりの改善

クレイは種類によって何重にも重なった層状の構造や、球体で無数の穴が開いている構造のものなどが存在します。

重要なのは層状の隙間の部分球体の穴の部分で、その隙間に皮膚の汚れ成分が吸着されるため、クレイ洗顔は毛穴詰まりの改善に効果的であるとされています。

クレイの粒子は毛穴より小さいサイズであるため、毛穴の中に入り込み、皮脂や化粧品による汚れなどの様々な汚れを吸着して出てきてくれるというわけですね。

クレイが吸着する汚れは毛穴の中の汚れだけではなく、肌の表面の汚れにも効果を発揮します

つまり、古くなった角質なども吸着し、くすみの解消やシミの原因となる角質の除去も可能とし、ターンオーバーを促進する働きも望めるというわけです。

”イオン交換性”による美肌効果

”イオン交換性”というと難しい言葉に感じますが、クレイ自体が持っているイオンと、肌が持っているイオンがシンプルに交換される仕組みと思ってもらえれば分かりやすいかと思います。

イオンにはプラスとマイナスがあり、イオン交換性による交換は同属性のイオン同士が交換されます。

つまり、皮脂や汚れなどがプラスのイオンである場合、クレイに含まれる保湿成分などのプラスイオンと反応し、一瞬にしてその成分が好感されるということなんですね。

それによって、クレイには皮脂や汚れなどの成分、肌には保湿成分が残り、美肌効果を生むというわけです。

クレイ(泥)洗顔はどういう人に効果的?

基本的に肌質などは選ばないのがクレイ洗顔の特徴です。

もちろん製品によって使用しているクレイの種類などが違うため、得られる効果には差はありますが、肌質を選ばない大きな理由として界面活性剤の不使用が肌への汎用性を高めていると言えるでしょう。

従来の泡洗顔の場合は、界面活性剤によって皮脂や汚れなどを落とす作りになっているのですが、界面活性剤を使用している場合、皮膚に大切な保湿成分まで落としてしまうリスクがあります。

例えば乾燥肌の人が界面活性剤入りの洗顔料を使用すると、分泌量の少ない皮脂や保湿成分が洗いながらされてしまい、より一層の乾燥を招いてしまうというわけです。

クレイ洗顔の場合は、成分を無作為に洗い流してしまうわけではなく、皮脂や汚れの成分だけを吸着し、代わりに保湿成分を肌に与える効果がありますので、乾燥肌の人でも安心して使用できるメリットがあります。

また、逆に脂性肌の人でも皮脂をしっかり吸着してくれる成分があるため、毛穴の詰まりを防ぎ、ニキビなどの肌トラブルを予防する効果が望めます。

ピュアクレイ洗顔&パックに含まれる成分の解説

ブラッククレイ

メイン成分の泥の一種ですね。

ブラッククレイはとても希少性の高い粘土質の泥成分です。

ミネラルを豊富に含んでいるため、保湿効果が非常に高いと言えます。

洗顔後は肌のつっぱり感やカサカサ感を感じやすいものではありますが、ブラッククレイを使用する事で、洗顔後もしっとりとした肌を保つことが出来るわけですね。

エステサロンではパックとして使用されることもあり、美肌効果はお墨付きといったところでしょうか。

洗顔料に含まれることは少なく、ピュアクレイ洗顔&パックにおいては独自の技術によって洗顔料に配合する事を実現しています。

ホワイトクレイ

こちらもメイン成分の泥で、ブラッククレイとは反対に白い粘土質の泥成分です。

天然成分を用いたピーリングであるゴマージュにも使用されることで知られており、吸着作用によって肌をキレイに整えつつ、様々な肌トラブルを解決してくれる優れた美容成分でもあります。

代表的なものを挙げますと、ホワイトクレイにはメラニン色素の生成を抑制する効果が望めるため、シミや黒ずみを作りづらくする働きがあり、高い美白効果を発揮します。

また、肌の新陳代謝(ターンオーバー)を高める効果もあり、新しい肌に生まれ変わるサイクルを整えることによって、しわやたるみの予防や改善にも役立ちます。

ホワイトクレイには様々な植物の成分が堆積している事も特徴で、その成分が肌の内部にある細胞間脂質の働きをするため、細胞同士の間の水分量を保つ効果を望め、高い保湿効果をもたらします。

リン酸アスコルビルMg

ビタミンC(アスコルビン酸)にリン酸とマグネシウムを結合することにより、安定性や水溶性を高めたビタミンC誘導体です。

ビタミンCはそのままでは肌への効果をもたらさず、誘導体を合わせることによって、肌の内部まで浸透してからビタミンCとしての役割を果たします。

ビタミンCがもたらす肌への効果は非常に豊富で、代表的なものとしてメラニン色素の生成を抑制し、シミや黒ずみなどの原因を根絶します。

そして抗酸化作用も高いため、肌の内部にある活性酸素の働きを抑制することによって、肌を老化させる要素を減らし、シワなどを作りづらくさせる働きなどの高いアンチエイジング効果を望めます。

また、肌の深部で生成されているコラーゲンの生成力を高める働きもあるため、年齢とともに減少する生成量を戻す効果が望めるため、年齢に負けないハリのある肌を作り上げます。

ミルシアリアデュビア果実エキス

”ミルシアリアデュビア”と言っても耳馴染みが無いかもしれませんが、”カムカム”と言えばご存知の方も多いのではないでしょうか。

ビタミンCの含有量がレモンの約60倍、ブルーベリーの約300倍とも言われている果実で、高い抗酸化作用、メラニン生成の抑制効果、出来てしまったシミを改善する効果が望めます。

また、コラーゲンを繋ぐ役目を持つ”エラスチン”を増やす働きがあるとも言われており、シワやたるみを防ぐ効果があり、アンチエイジングにとても有効な成分であると言えます。

ミネラルも豊富に含んでいますので、肌のコンディションを整える効果も高い成分です。

ザクロ果実エキス

ザクロといえば”女性のための果実”とも言われるほど、女性にとって高い美容効果を発揮する植物です。

なぜ女性のための果実なのかと言いますと、女性ホルモンであるエストロゲンに似た性質を持つ成分を含んでいるからなんですね。

ザクロに含まれるビタミンには、ストレスを緩和する働きがあり、ストレス性の肌荒れを抑制する働きがあります。

また、ポリフェノールの一種であるエラグ酸という成分が、メラニンをシミや黒ずみとして定着させるチロシナーゼの働きを抑制するため、シミや黒ずみを作らせず、美白効果が高いとされています。

さらにエラグ酸には抗酸化作用もありますので、活性酸素の増殖を抑え、シワやたるみなどの老化の原因を防ぎます。

新陳代謝(ターンオーバー)を高める作用もあるので、アンチエイジングに非常に効果的です。

プルーン分解物

プルーンといえば鉄分の豊富な果実というイメージがありますが、最近になって美肌効果も望めることが判明しています。

プルーンにはメラニンがシミになってしまう事を抑制する働きがあり、表皮細胞にメラニンが届くことを阻害する効果があるとされています。

つまり、メラニンが肌の中で生成されてしまっても、それが表皮に届かなかった場合は肌の表面にシミとして成立する事はありません。

メラニンはシミにならないまま代謝されていきますので、結果としてシミの無い肌を作ることに効果的なんですね。

また、ミネラルやポリフェノールが豊富に含まれていることから、肌を整える効果や保湿効果なども望めます。

抗酸化作用もありますので、肌の内部の活性酸素を抑制する働きも望め、アンチエイジング効果も高いと言えるでしょう。

オウゴン根エキス

オウゴンもあまり聞き馴染みの無いものですが、漢字で表記すると” 黄芩 ”と書き、植物の分類としてはシソ科の植物となります。

オウゴン根エキスには高い抗菌作用があり、皮膚に存在する雑菌の繁殖を防ぐ効果があります。

それによって清潔な肌が保たれ、抗炎症作用もある事から、ニキビや肌荒れなどのリスクを回避する事が出来るというわけですね。

また、抗アレルギー作用の効果でアトピーやアレルギー性の皮膚炎を抑える効果も望めるため、敏感肌の方でも安心して使用する事が出来ます。

高い保湿効果も持っていますので、清潔な肌をしっとりと保つ効果を持ちます。

ピュアクレイ洗顔&パックの安全性

良い成分ばかり紹介していると、「安全性はどうなの?」と気になるところですよね。

ピュアクレイ 洗顔&パック は、界面活性剤、パラベン、フェノキシエタノール、エタノール、鉱物油、香料、色素の7つの無添加を実現して製造されておりますので、敏感肌やアルコール・合成成分などへのアレルギーをお持ちの方でも安心して使用できる製品となっています。

基本的には安心・安全に使用可能ですが、、果実などの植物成分を豊富に含んでいることから、植物成分へのアレルギーをお持ちの方は使用前にパッチテストを行う事をおすすめします。

ピュアクレイ洗顔&パックの使用方法

基本的な使用方法

まずは普段どおりクレンジングを済ませます。

ピュアクレイ 洗顔&パック を約4センチほどを手に取って両手で伸ばし、クレンジング後の濡れた肌に満遍なく馴染ませ、全体に馴染ませたらぬるま湯でしっかり洗い流します。

より高い効果を得るためのコツ

とても短い時間で効果を得られるピュアクレイ洗顔&パックですが、顔全体に馴染ませた後に1分ほど時間を置いてから洗い流すことによって、泥パックとしての効果も得られますのでオススメです。

また、ホットタオルやスチームなどであらかじめ毛穴を開いた状態にする事で、毛穴汚れを取り除きやすくする効果が望め、毛穴への美容成分の浸透も促すため大変効果的です。

ピュアクレイ洗顔&パックのネット口コミ・レビュー

実際使用した方の口コミ・レビューをまとめてみました。

良い評価と悪い評価、それぞれ3つずつ紹介しますので、ご購入を検討する際の参考にしていただけたらと思います。

良い評価

(30代女性)
ネットで見て購入しましたが、「肌に伸ばすだけで洗顔できる」っていうのが信じられませんでした。
実際使ってみるとその通りで、ちょっとピーリング効果もあるのか肌がワントーン明るくなった感じがありました。
肌のもちもち感もあって、毎日の洗顔が楽しみになります!

(40代女性)
使い始めて2週間ほどです。
毛穴の黒ずみが無くなるということで使い始めてみて、使うたびに毛穴が目立たなくなる事にびっくりしてます。
インターネットでの購入だったので正直かなり悩みましたが、今では買って良かったなと思います。

(20代女性)
乾燥肌で小鼻もカサカサしちゃってて、黒ずみもある状態でした。
塗るだけで洗い流すことにはちょっと戸惑いましたけど、洗った後のしっとり感がすごいです。
ちょっとずつ黒ずみも無くなっていって、肌も白くなってるので私にはピッタリなのかな?って思いました。
敏感肌なので使える洗顔が限られるんですけど、これは正解だなって思える商品です。

悪い評価

(20代女性)
正直思ったほどではないかなーって感じですね。
すごい事書いてあるから期待して使ったとこもあるので、期待が大きすぎたかなと思います。
泡立てないで良いのは楽ですね。

(40代女性)
とても効果はあったんですけど、ちょっと高いかなと思います。
ネットでしか買えないのでリピートするのが気が重いというか…。
薬局で買えるものでも良いかなと思えてしまいます。

(30代女性)
乾燥肌なので肌がつっぱらなくてカサカサにならない洗顔を探してたんですけど、この商品も私の肌には合いませんでした。
毛穴は確かに目立たなくなりましたけど、肌のカサカサは改善されなかったのでリピートはしないですね。

ピュアクレイ洗顔&パックの価格比較

現在ドラッグストアなどでは取り扱いが無いため、通販サイトからの購入になります。

「せっかく買うならお得に買いたい」というのが消費者心理というものですので、大手通販サイトのAmazon・楽天、そして公式サイトの3つで価格の比較をしてみましょう。

Amazon

価格:税込6,200円(送料込)

付属品などは特に無く、製品単品での価格となっています。

楽天

検索しましたところ、現在ピュアクレイ洗顔&パックの取り扱いはありませんでした。

公式サイト

初回購入価格:税別4,000円(送料・代引き手数料無料)

初回お試しセットコースに限り以下のラメラケア体験キットが各2包ずつ付属します。

・ラメラクレンジング(メイク落とし)
・ピュアクレイ洗顔&パック(洗顔料、パック)
・ラメラローション(化粧水)
・ラメラゲル(保湿ジェル)

また、エステティシャン直伝の使い方シートも付属しますので、普段のスキンケアにプロの技を導入できるのもメリットと言えますね。

断然お得に買えるのは”公式サイト”

というわけで公式サイトでの購入は、Amazonの価格の半値以下で購入できることが分かったわけですが、注意点もあります。

初回お試しセットコース=定期コース

ピュアクレイ 洗顔&パック の初回お試しセットコースは、実は次月以降も製品が届く”定期コース”なんですね。

しかし、契約の当月に解約することも可能ですし、違約金なども発生しません

次月以降も4,000円(送料無料)で届くため、リピートしたい方にとってはむしろメリットとも考えられるコースです。

30日間返金保証(使用後でも可)

ピュアクレイ 洗顔&パックを使用してみたけど、効果が感じられなかった場合、肌に合わなかったなど、製品に満足いただけなかった場合に、お届けから30日間に限り”全額返金”の保証が付属します。

ちなみに、1本全部使い切ってしまっても返金の対象となりますので、使い切った容器、または使用中の容器を会社宛てに送ることで返金を受けることが出来ます。

もちろん初回の1本目に限り利用可能な制度ですので、2回目に届いた製品を開封してしまったら返金の対象にはなりませんのでご注意ください。

詳しくは下記リンクからチェックしていただけたらと思います。

スポンサーリンク
レク大




レク大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レク大