シェアする

サプリメントは”効く”ものではなく”食品”として栄養を摂るものです

普段の食事で不足している栄養を補う役割の”サプリメント”ですが、最近の風潮として、サプリメント=薬と誤認している人が多いように思います。

誤認とまではいかないまでにも、それに近い認識をしている人は多いです。

サプリメントはいわゆる栄養補助食品であり、特定の症状などに効果を発揮する”医薬品”ではありませんので、正しく認識しておく事が大切です。

今回は、「なぜこのような誤認が起こってしまうのか」について、私なりに思うところを書いていこうと思います。

形状が薬品と似ている/摂取方法が似ている

おそらく医薬品のように思われる原因の大半はこれではないかと思います。

サプリメントの多くは錠剤、もしくはカプセルに入ったものですし、粉末や顆粒というものも存在しています。

つまり、病院で処方される薬や、市販の頭痛薬や風邪薬などの医薬品と同様の形状をしているわけですね。

当たり前ではありますが、錠剤やカプセルなどの形状をしているため、摂取方法も薬と同様になります。

”錠剤を水で飲む”というのは薬を服用する時の動作を同じですので、そういった先入観から誤解が生まれるものだと思われます。

薬の形状と似ていても、”サプリメント=食品”と認識する事は非常に大切です。

極端な話をしてしまえば、ビタミンCのサプリメントを飲むのはレモンを食べているのと同じようなもので、レモンの中にあるビタミンCのみを抽出して、摂取しやすいコンパクトな形状にしたものがサプリメントという”食品”なんですね。

特定の症状に効果があるように見せている

これはサプリメントの宣伝方法が招いたものだと思うのですが、まずは「サプリメントが効く」という言葉に違和感を持つべきです。

世の中のサプリメントの広告や宣伝を見ますと、あたかも特定の症状に効果があるかのように書かれていますが、明確に”効く”とは書かれていません。

これが何を意味するかと言いますと、サプリメントは医薬品(医薬部外品含む)ではありませんので、特定の症状への効果(薬効)を明言するのは薬事法に抵触するからなんですね。

そのため、”効くように見せかける”宣伝をする事によって、人間の潜在意識に働きかけて「このサプリメント効きそう!買ってみよう!」と思わせるわけです。

これだけを聞くと、”騙すために紛らわしい書き方をしている”と思われてしまいそうですが、一概にそうも言えません。

もちろん、マーケティングなど”売るための戦略”の意味合いで言葉を選んでいる場合もあります。

しかし、長期的に見た時に、サプリメントを利用しつつ食生活が改善される事により、症状の改善が見られるというケースも充分に考えられます。

これに関しては、サプリメントが直接的に効いたのではなく、体質改善に近いニュアンスのものですので、例えば「ガンを治すためにこのサプリを買おう!」というような選び方は絶対にやめましょう。

現に”ガンが治る”という触れ書きのサプリメントを販売していた業者が摘発される例は何度もありますし、サプリメントは「○○を治すため」に飲むものではありません。

サプリメントとの付き合い方

ではどのようにサプリメントを活用すれば良いのかと言いますと、シンプルに言えば”食事の一部”と考えるのがスマートでしょう。

緑黄色野菜のサプリメントが最も分かりやすい例で、「日常の食生活で緑黄色野菜をたくさん食べることが出来ないからサプリメントで補う」といった感じですね。

また、サプリメントには”余計な栄養を摂取せずに目当ての栄養を得られる”というメリットもあります。

例えばコラーゲンですと、豚足やマシュマロ、寒天やゼリーなどのゼラチン質に多く含まれていますが、それらの食品を摂取すると脂肪や糖分など、あまり摂りたくない栄養成分もオマケのようについてきます。

しかし、サプリメントですと”コラーゲン”や”ビタミンB群”などのように特定の栄養だけを凝縮して製品化されているものが多いため、特に美容関係の成分はサプリメントで摂取するのが効率的と言えるのではないでしょうか。

サプリメントは継続が大切

医薬品のように症状を治療する目的ではなく、健康や美容の維持やベースアップを計るのがサプリメントです。

人間の体は吸収されなかった栄養は排出されるように出来ていますので、たくさん摂取して使いたい時に使うという事も不可能です。

そのため、摂取目安量を意識しつつ継続する事が重要なんですね。

つまり、「このサプリメントを試してみよう!」と思い立った時は、配合されている成分やクオリティだけに目を取られず、費用などの面も含めて”継続できるかどうか”を考慮する必要もあるという事です。

まとめ

サプリメントについて思う事をつらつらと書いてきましたが、大切なのは”サプリメント=食品”と認識することです。

これを徹底するだけでサプリメントの広告や宣伝、製品の見方も全然変わってくると思います。

読んでくれた方々には、自分に必要な成分を見極めて継続できるサプリメント選びをしていただきたいですね。

サプリメントを普段から活用している人にとっては当たり前の内容かと思いますが、当たり前の事もふとした時に忘れてしまいがちですので、今一度再認識していただけたら幸いです。

スポンサーリンク
レク大




シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レク大