《2020年秋冬最新版》温浴効果(温熱効果)で選ぶオススメ入浴剤5選

入浴剤も多種多様に販売されていますので「どれが良いんだろう?」と悩んでしまいますよね。

どの商品もパッケージには素晴らしいワードが羅列されていますが、実際に使うと「あれ?思ってたのと違うな…」となってしまう事も結構多いものです。

健康効果や美容効果も然ることながら、秋冬の寒い時期になると何だかんだ言っても温浴効果の部分が一番重要だったりしませんか?

そこで今回は、温浴効果に着目したオススメ入浴剤を、2020年最新バージョンで紹介していきます。

よろしければ参考にしてみて下さいね。

スポンサーリンク

温泡(ONPO)シリーズ

コスパと温パ(温浴パフォーマンスを兼ね備えている商品としては、こちらの温泡がナンバー1だと言って過言はないかと思います。

以前書いた記事でもイチオシさせていただきましたが、高価格帯の入浴剤と遜色ない温浴効果があり、お風呂から上がった後もしばらく温かさが持続します。

香りのバリエーションも幅広く、大容量サイズもありますので、お気に召したら大容量サイズでの購入がオススメです。

リーズナブルなラインの商品ですので、「安いしあまり効果ないんじゃないの?」とイメージしがちですが、この記事に出会ったからには一度試していただけたらと思います。

香りの強さも程々で、口コミでは「香りが薄い」というものもありましたが、私が使用している感覚では決して薄くはないかなと思いますね。

温素シリーズ

created by Rinker
温素
¥686(2021/10/18 18:41:17時点 Amazon調べ-詳細)

続いては温素シリーズですね。

ボトルタイプの商品もありますが、私としては個包装のパッケージの方が1回の分量が分かりやすいので、個包装タイプがオススメです。

自宅の湯船がアルカリ泉の温泉に早変わりする商品で、香りも温泉というか檜風呂のような「っぽさ」があります。

温泡と違って炭酸ガスで発泡はしませんので、炭酸ガスでむせたりする事もありません。

本格的な温泉感を味わいたい時は温素、柑橘系やローズ系などのフレーバーを楽しみたい時は温泡という感じで使い分けるのが良いかなと思いますね。

きき湯 FINE HEAT スマートモデル

2020年8月にリニューアルされた、きき湯ファインヒートシリーズの中の1つですが、シリーズの中で最も温浴効果が高い商品がこちらのスマートモデルです。

ジンジャー末(ショウガの粉末)やトウガラシエキスといった成分が押し出されているので「すごくスパイシーな香りがしそう…」と思いましたが、特にそれ系の香りは気にならず、シトラスの香りが前面に出ています。

パッケージデザインのプラシーボ効果もあるかもしれませんが、燃焼に重きを置いた”効いてる感”が凄く感じられて、温浴効果の持続力もかなり高いオススメ商品です。

細かい錠剤をザラザラと入れるタイプなので、「炭酸ガス系にも関わらずすぐに溶けてくれる」というのがきき湯シリーズの最大の強みかもしれません。

温泡と比較すると価格は高めで、容量も多くはないので、コスパに関してはまずまずといったところですが、総合的なクオリティは高いです。

バスクリン 薬湯 温感EX

created by Rinker
バスクリン
¥507(2021/10/18 01:39:18時点 Amazon調べ-詳細)

数あるバスクリンのラインナップの中で、これでもかと言わんばかりに尖っている商品がこちらですね。

見た目からの予想を裏切らない香りと温浴効果の高さは潔さや凄味すら感じさせられます。

”薬湯”というイメージをしっかり持って使えば、そこまでクセの強い匂いというわけではないのですが、一般的な入浴剤としてはかなりクセがある部類ですね。

前述もしたとおり温浴効果はかなり高く、コスパもかなり高いので、個人的にはオススメですが好き嫌いは別れると思います。

あとバスクリンの商品全般に言える事ですが、粉がドバっと出てくる傾向がありますので、規定量より多く使ってしまいがちです。

クナイプ サンダルウッドの香り

created by Rinker
クナイプ(Kneipp)
¥2,179(2021/10/18 18:41:18時点 Amazon調べ-詳細)

温浴効果の高さで言えば、やはりクナイプのバスソルトシリーズは外せません。

こちらのサンダルウッドの香りは2020年9月に発売された最新商品ですが、香りが上質過ぎて正直驚きました。

サンダルウッドというのは、いわゆる白檀(ビャクダン)の香りで、イメージとしては甘みのあるお線香的な香りなのですが、その香りがお風呂の湯気で立ち上ってくる事による癒し効果は凄いです。

普段からお香を焚いたり、アロマの趣味がある方なら気に入ること間違いなしかと。

お湯の色も青と紺の間のような、なんとも神秘的な色になりますので、様々な要素で癒しを与えてくれる商品と言えますね。

香りや視覚的な癒し効果、温浴効果の高さを総合するとコスパも高いと言えるかもしれません。

まとめ

温浴効果に重きを置いて、新商品を交えながら様々な商品をピックアップしてみました。

とりあえず温泡を使ったことが無いという人には温泡を試してほしいところですが、「2020年の新商品」という意味ではクナイプのサンダルウッドの香りがかなりポイント高めです。

予算や好みに応じて色々試してみてほしいですし、その際の参考にしていただけたら幸いですね。

体を温めることは健康・美容・ダイエット全てに良い作用をもたらしますし、最近何かと話題の免疫力アップにも繋がります。

風邪やインフルエンザ、コロナウイルスにも負けないように寒い時期を乗り越えましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました