シェアする

スポンサードリンク




赤ちゃん・子ども用の歯磨き粉の選び方とオススメの歯磨き粉を紹介

赤ちゃんに歯が生えるのは一つの成長の証ですし、それを見るのは嬉しいものですよね。

しかし、嬉しい気持ちと同時に「歯のケア」をしてあげる必要性も生まれます。

初めての子育てですと、「最初の歯磨きはどうしたらいいんだろう?」「どれを買えば良いんだろう?」という感じで悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、赤ちゃんや子ども用の歯磨き粉の選び方、オススメの赤ちゃん用・子ども用歯磨き粉について解説していきます。

ぜひ参考にしてみて下さいね。

スポンサーリンク
レク大




0歳~2歳ごろまでの歯磨き粉の選び方

一般的に歯磨き後の口ゆすぎ(うがい)は2歳ごろから教え始めるとされています。

そのため、2歳ごろまでの期間は口ゆすぎ無しの前提で歯磨き粉を選ぶ必要があるわけですね。

「歯磨きで口ゆすぎ無しなんてあるの?」と思う方もいるかと思いますが、そういった用途の商品はたくさん販売されています。

歯の生え具合によって使用するアイテムは異なりますが、歯磨き成分の入った拭き取りシート、フッ素入りのスプレーあたりが代表的な商品ですね。

「子ども用 歯磨き粉」などのような検索ワードで出てくる商品の中で、うがい不要・洗い流し不要・口ゆすぎ不要という表記があるものを選ぶようにすれば、とりあえず失敗する事は無いかと思います。

2歳からの子ども用歯磨き粉の選び方

2歳以降の歯磨き粉の選び方については、口ゆすぎ(うがい)が出来るか否かで選び方が変わってきます

口ゆすぎを練習させる段階では、まだ洗い流すタイプの歯磨き粉を使用しない方が良いでしょう。

ブラッシング→口ゆすぎという流れをきちんと把握させた上で、洗い流す歯磨き粉に移行していく事が大切です。

そして、歯磨き粉に移行するにあたって大切なのは「歯磨きを苦に思わせない」という事です。

いきなり大人用の歯磨き粉を使用してしまうと、ミントの味がキツかったり、味が子ども向けではないため歯磨き=嫌なものと認識されてしまう可能性が高いです。

子ども向けの味付けがされた歯磨き粉は山のように存在しますし、歯磨きを終えた後のご褒美としてハキラなどの商品を用意するのも一つの方法です。

created by Rinker
ビーンスターク
¥353 (2020/11/23 13:34:28時点 Amazon調べ-詳細)

歯磨き粉はペーストタイプ、ジェルタイプ、粉末タイプという感じで様々な種類がありますが、子どもの頃から歯を見ながら磨く習慣をつけるために、泡立たないジェルタイプもしくは粉末タイプが良いでしょう。

ジェルタイプの方が安価な商品が多くバリエーションも豊富ですので、手軽に取り入れられるのはジェルタイプかと思います。

お子さんの好みを思い浮かべて、お子さんが気に入るであろう味のジェル歯磨きを選ぶのが良いでしょう。

そのうちお子さんの方から背伸びして大人用の歯磨き粉を使いたがるタイミングが来るかと思いますので、そういったタイミングで大人用に移行するのが良いかと思いますね。

歯磨きに限った事ではありませんが、歯磨きに関しても楽しみながら習慣づける事が大切です。

0歳~2歳までの子どもにオススメの歯磨き粉&歯磨きアイテム

ピジョン 親子で乳歯ケア 歯みがきナップ

《商品情報》
参考価格:530円(Amazon)
内容量:42包

《成分》
水、PG(湿潤剤)、キシリトール(甘味料)、チャエキス(湿潤剤)、クエン酸(pH調整剤)、クエン酸ナトリウム(pH調整剤)、香料(イチゴ味のみ)

キシリトールを配合した拭き取り用の歯磨きアイテムですね。

1包につき1枚のメッシュシートという個包装になっているため、使用しているうちに乾燥してきたりする事も無く、清潔感や使用感の意味でも良い商品です。

キシリトール味とイチゴ味の2種類から味の選択が可能(画像はイチゴ味)で、歯が生え始める6か月ごろから使用できます。

ブラッシングを始めてからも、歯磨きを嫌がったりする時や歯磨き後の仕上げなどに活用出来ますので、ブラッシング開始後も備えておきたい商品ですね。

ピジョン 親子で乳歯ケア おやすみ前のフッ素コート 

《商品情報》
参考価格:774円(Amazon)
内容量:40ml

《成分》
フッ化ナトリウム、塩化セチルピリジニウム(CPC)/湿潤剤:PG、キシリトール、マルチトール液、濃グリセリン、グリセリン脂肪酸エステル/防腐剤:安息香酸Na/pH調整剤:クエン酸Na

こちらはブラッシングを始めてから使用するフッ素入りスプレーですね。

口ゆすぎ不要ですので、ブラッシング時にブラシに付けて、歯に行き渡らせることで歯質の強化や虫歯予防に繋がります。

乳児向けの歯磨き粉もいくつか販売されていますが、基本的にブラッシングがきちんと出来ていれば歯磨き粉は不要ですので、こういった仕上げ剤のみ使用するのが良いかと思いますね。

無研磨剤・無着色・無香料・パラペンフリー。

2歳からの子どもにオススメの歯磨き粉&歯磨きアイテム

ピジョン 親子で乳歯ケア ジェル状歯みがき ぷちキッズ 

《商品情報》
参考価格:394円(Amazon)
内容量:50g

《成分》
精製水、キシリトール、PG、無水ケイ酸、カルボキシメチルセルロースNa、フッ化ナトリウム、安息香酸Na、エチルパラベン、香料(いちご・ぶどう味)

1歳6か月ごろからの使用を推奨している子ども用のフッ素配合歯磨きです。

コスパが非常に高く、キシリトール・いちご・ぶどうの3種類の味を選べるため、お子さんの好みに合わせて選ぶ事が可能です。

発泡剤不使用のジェルタイプですので、磨いている部分をきちんと目視しながらブラッシングが出来ます。

最初の歯磨き粉として最も取り入れやすい商品かと思います。

APAGARD(アパガード) アパキッズジェル

《商品情報》
参考価格:591円(Amazon)
内容量:60g

《成分》
精製水、濃グリセリン、ソルビット液、キシリトール、ステビアエキス、薬用ハイドロキシアパタイト、塩化セチルピリジニウム、カルボキシメチルセルロースナトリウム、キサンタンガム、香料(ストロベリータイプ)、塩酸アルキルジアミノエチルグリシン液

大人用の歯磨きでも有名なアパガードの子供向け商品で、ジェルタイプの商品です。

独自成分であるナノ粒子化されたハイドロキシアパタイトを配合し、思考の除去、着色汚れの予防、再石灰化の促進を望めます。

ペーストタイプですがラムネ味の商品もありますので、いちご味が苦手というお子さんにはそちらを視野に入れるのも良いかと思います。

ペーストタイプは低発泡性ではありますが泡立ちますので、視認性という意味ではジェルの方がオススメです。

WELEDA(ヴェレダ) 歯みがき 子供用

《商品情報》
参考価格:880円(Amazon)
内容量:50g

《成分》
グリセリン、水、シリカ、アルギン酸Na、トウキンセンカ花エキス、アーモンド油、エスクリン、香料

ナチュラルオーガニックブランドであるヴェレタから発売されているジェル歯磨きです。

天然由来の成分のみを使用しており、誤って飲み込んでしまっても大丈夫なように作られています。

デリケートな歯茎にも安心して使える商品ですので、アレルギーなどを気にされる方にもオススメです。

created by Rinker
ヴェレダ(WELEDA)
¥880 (2020/11/24 01:03:21時点 Amazon調べ-詳細)

雪印ビーンスターク ハキラ

《商品情報》
参考価格:353円(Amazon)
内容量:45粒

《成分》
マルチトール、卵黄粉末、イソマルトオリゴ糖、甘味料(キシリトール)、結晶セルロース、ステアリン酸カルシウム、香料

冒頭でも紹介しましたが、歯磨き後のご褒美としてオススメのアイテム”ハキラ”ですね。

「オーバルゲン(R)DC」(卵黄粉末)によって虫歯の原因となるミュータンス菌の感染を防ぎ、キシリトールによって歯をキレイに強く保つ事を望める優れものです。

ドーナツ型のタブレットで、いわゆるラムネ菓子のような食感ですが、シュガーレスで作られていますので、歯磨き後に食べてもOKです。

created by Rinker
ビーンスターク
¥353 (2020/11/23 13:34:28時点 Amazon調べ-詳細)

リンゴ・オレンジ・バナナ・ブルーベリーと味の種類も豊富で、少しずつ試せるアソートパックも販売されています。

created by Rinker
ビーンスターク
¥510 (2020/11/23 13:34:29時点 Amazon調べ-詳細)

最初はアソートパックで試して、お気に入りの味を見つけるというのも良いかもしれません。

ちなみにハキラのジェル歯磨きも販売されていますので、ハキラの味が気に入った場合はそちらも検討してみると良いでしょう。

created by Rinker
ビーンスターク
¥467 (2020/11/24 01:03:21時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

というわけで、赤ちゃん~子どもの歯磨き粉の選び方やオススメ商品について紹介してきました。

記事の中でも書いていますが、歯磨きを楽しいと思ってもらえる事が何より重要ですので、お子さんの好みに合わせて商品を選んでいただきたいですね。

ちなみに赤ちゃん用の方で紹介している商品については、私が実際に子どもに使用している商品ですので、少なくとも私のお墨付きではあります。

お子さんが楽しむのはもちろんですが、親側も子育てを楽しめるように、ストレスの少ない歯磨きタイムを過ごしてほしいですね。

日常生活に少しでも役立てば幸いです。

大人用のジェル歯磨きについては下記の記事で解説していますので、よろしければ併せて読んでみて下さい。

ジェル歯磨きについて、おすすめ商品や口コミの傾向、歯磨きのやり方や注意点などについても解説しています。ペースト歯磨きを使用していて、ジェル歯磨きに変えてみたいと思っている方。何となく歯磨き粉を良いものに変えたいという方も、一度読んでいただければと思います。
スポンサードリンク




スポンサーリンク
レク大




シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レク大