べにふうき茶の効果やおすすめの飲み方、商品の選び方も紹介

毎年決まった時期に悩まされる花粉症。

アレルギー用の薬も良いのですが、日々の食生活で少しでも改善できれば…と考えるのも真理というものですよね。

そこで今回は、花粉症対策に効果的とされているべにふうき茶について、成分や効果、おすすめの飲み方や選び方を解説していきます。

ぜひ参考にしてみて下さい。

べにふうき茶の「べにふうき」って何?原料は?

べにふうきって何?

花粉症への効果の話をする前に、まずはべにふうき茶そのものについて学んでいきましょう。

べにふうき茶は、「べにほまれ」という日本で最も古いアッサム雑草の紅茶の品種と、「ダージリン」という紅茶で有名な品種を掛け合わせて誕生した交配種です。

つまり、「べにふうき」は健康茶の固有名詞などではなく、お茶の品種の名前なんですね。

紅茶ではなく「緑茶」で作られている理由は?

べにふうきが紅茶品種同士の交配種となると「じゃあ紅茶として作れば良いのでは?」という疑問が生まれるのは当然です。

日本では緑茶の方がウケるから?
緑茶の方が美味しいから?

そうではありません。

べにふうき茶が緑茶として作られている理由は、花粉症に効果的とされている成分『メチル化カテキン』が、紅茶に加工する事で減少してしまうからなんですね。

紅茶は茶葉に含まれるタンニンを酸化発酵させて作られ、発酵させる事でメチル化カテキンは損なわれてしまいます

緑茶は発酵を行わずに作られますので、メチル化カテキンが損なわれず、花粉症への高いアプローチ力が期待出来るというわけですね。

また、一番茶→二番茶→三番茶と摘採(てきさい)する時期が遅くなるほどメチル化カテキンの含有量は少なくなるとされていますので、一番茶使用のべにふうき茶が最も花粉症に効果的と言えます。

ちなみに紅茶バージョンのべにふうき茶も存在しています。

なぜ花粉症に効果があるの?

べにふうき茶が花粉症に効果があるとされる理由は
メチル化カテキン
・スクリクチニン

上記2つの成分による抗アレルギー作用です。

特にメチル化カテキンに関しては、茶葉の中でもべにふうきに多く含まれる成分で、べにふうき茶=花粉症に効くという図式を色濃くしている成分と言えます。

2つの成分は花粉などのアレルギー物質を受け取るIgE受容体(IgE抗体)の発現を抑制し、アレルギー物質を外に排出しようとするヒスタミンの放出も抑制します。

つまり、体内のアレルギー物質への条件反射を鈍くすることで、結果的にくしゃみや目のかゆみなどが抑えられるというわけですね。

花粉症を根絶する薬ではありませんので継続的に飲み続ける必要があり、花粉が飛散し始める1か月半前くらいから飲み始めるのが良いとされています。

べにふうき茶って美味しいの?まずいの?口コミをチェック

ここまでを読んで「じゃあ今年はべにふうき茶を飲んでみようかな!」と思って下さった方もいるかと思いますが、継続的に飲むとなると味も気になりますよね。

世の中には様々な健康茶がありますが、中には独特な風味がするもの、苦み・渋みが強いものもあり、一概に好みに合うとは言えません。

そこで、Twitter上でのべにふうき茶の味に関する投稿をいくつかピックアップしましたので、飲む前の参考にしてみて下さい。

という感じで、様々な角度から口コミをピックアップしてみましたが、口コミをまとめると苦味や渋みが強い緑茶という表現が合いそうな結果となりました。

特茶やヘルシア緑茶などの苦味が強い緑茶を飲み慣れている方ならすんなり導入できそうですね。

カフェインが入っているため妊娠中や授乳期の方は注意

べにふうき茶は紅茶・緑茶の一種ですのでカフェインが含まれています。

体質的にカフェインが苦手な方や、妊娠中・授乳期の方は控えた方が良いでしょう。

最も花粉症に効果的な飲み方・選び方は?

「粉末タイプを熱湯で作ってすぐ飲む」がオススメ

結論から言うとタイトルのとおり「粉末タイプを熱湯で作ってすぐ飲む」のがベターです。

・ティーパックや茶葉の場合、出がらしの茶葉の方に成分が残ってしまう。
・20℃以下の水では成分が抽出されづらい。
・作った状態で長時間置くと風味や味が損なわれる。

これらを踏まえて上の結論に至ったわけですね。

花粉症の時期になるとペットボトルのべにふうき茶もコンビニなどで見掛けるようになりますが、個包装の粉末タイプを都度お湯で作って飲むのが花粉症対策のための効果的な飲み方と言えるでしょう。

粉末のべにふうき茶を使用するにあたっての注意点は、作ってから長時間置いてしまうと光過敏性皮膚炎の原因物質であるフェオホルビドが発生してしまいますので、作ったものはその時に飲む事を頭に置いておきましょう。

花粉症に悩まされる1か月半前から飲み続ける事

前述もしましたが、べにふうき茶はあくまで花粉症の症状を抑制する食品(お茶)であって、花粉症を治す薬ではありません

そのため、花粉症の症状が発生している時期は飲み続けないと意味がありません

粉末タイプですと50包入りなどの大容量商品がありますので、そういったものを活用すると良いでしょう。

飲み始めのタイミングは花粉症の症状が出ると予想される月の1か月半前からが良いとされています。

一番茶使用の商品が最もオススメ

上の方でも説明していますが、メチル化カテキンが最も含まれているのは一番茶です。

間違いないチョイスをするのであれば、「一番茶使用」の記載がある商品を選ぶのがベターでしょう。

まとめ

というわけで、「飲む花粉症対策」としてべにふうき茶について解説してきました。

花粉症の目のかゆみや鼻水はホントにわずらわしいので、少しでも軽減するために役立てていただけたら幸いです。

書いてきたことをまとめますと
・べにふうき茶に含まれるメチル化カテキンやスクリクチニンという成分が花粉症に効果的
味は苦味や渋みが強い緑茶
・花粉症への効果をより高く望むなら「粉末タイプをお湯で作ってすぐ飲む」
大きくこの3つがポイントと言えるでしょう。

アレルギー用の点鼻薬や錠剤も大切ですが、べにふうき茶を始めとする花粉症に効果的とされる食品で、花粉症対策の底上げを行っていただけたらと思います。

花粉症だけでなく、通年のアレルギー性鼻炎などにも効果的ですので、そういった症状がある方も一度試してみて下さい。

また、「お茶がどうしても苦手…」という方はサプリメントも販売されています。

ぜひチェックしてみて下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました