目元のたるみに効果的な美顔器はどうやって選べば良い?

年齢を重ねる毎に下瞼(まぶた)のたるみが発生し、「老けて見えてしまう」と気に掛けて悩んでしまっている方は多いのではないでしょうか。

最近では新型コロナ禍でマスクを着用する関係で、目元が特に際立ってしまいますので、その悩みもひとしおと言ったところでしょう。

早い人ですと30歳前後から目元のたるみが発生し、特に涙袋が大きい人ほどたるみやすい傾向があります。

今回はそんな目元のたるみに着目し、たるみの原因から美顔器の選び方を解説していきます。

目元のたるみが気になっている方は一度下さい。

目元のたるみに効果的な美顔器はどうやって選べば良い?

まずは目元のたるみの原因を知るべき

目元のたるみに効果的な美顔器を選ぶためには「なぜ目元にたるみが起こるのか」という原因を知る必要があります。

原因を知る事でケアの方法が見えてきますので、安易に「とりあえず美顔器を使おう!」ではなく、まずは原因を突き止めて、効率的なアプローチが出来るようにしましょう

ひとまずシンプルに解説していきますが、目元のたるみの原因は大きく分けて下記の3つに分類されます。

・下瞼を支える筋肉(眼輪筋)の筋力低下
・肌内部におけるコラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンなどの生成量低下によるハリ(弾力)の衰え
・肌のバリア機能低下によって、紫外線などのダメージを受けやすくなる事

ではこれに対してどのようにアプローチするのかというと

・眼輪筋の筋力アップを図る
・コラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンなどの生成量回復を図る
・肌のバリア機能アップを図る

となりますね。

「そんな簡単にいかないでしょ?」と思われるかもしれませんが、解決策を把握しているのとしていないのでは後々の結果に大きな差が出ますので、とりあえず上記の3点を頭に入れておいて下さい。

目元のたるみにアプローチする美顔器の機能は?

原因を把握しましたので、「じゃあどんな機能がついている美顔器を買えば良いの?」という点について考えていきましょう。

眼輪筋の筋力アップ⇒EMS(超音波振動)、温熱(ラジオ波)
コラーゲンなどの生成量アップ⇒イオン導入、EMS、温熱
バリア機能アップ⇒イオン導入、EMS、温熱

これらを踏まえ

EMS(超音波振動)
温熱(ラジオ波・RF)
イオン導入

上記3つの機能を備えた美顔器が良いという事になります。

また、アイメイクの成分やメイク落としの摩擦などによってバリア機能を低下させることにも繋がりますので、肌の汚れを吸着してくれるイオン導出の機能も含んでいると尚良しと言ったところでしょうか。

ようするに

血行改善を促して筋力や肌の組織を活性化させる事
美容成分をきちんと肌内部まで届けてあげる事
肌を劣化させるリスクを未然に防ぐ事

という目的で美顔器選びをする事が大切です。

まとめ

目元のたるみの原因をもとに、効果的な美顔器の機能や成分について解説してきました。

たるみやクマに関しては、改善するエクササイズなども存在するのですが、それだけで改善をするというのは実際問題なかなか難しいですので、美顔器を効果的に活用して改善に臨んでほしいですね。

せっかく便利なものがあるわけですから、活用しないのは勿体ないです。

目元の印象は見た目年齢に直結しますので、目元ケアはしっかり行って、アンチエイジングに努めていただけたらと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました