シェアする

スポンサードリンク




カニ(蟹)って美容効果あるの?意外と知らない実力とお得に購入できるショップ

お寿司やしゃぶしゃぶ、釜めしやすき焼きなど、高級食材として舌を楽しませてくれる蟹。

しかし、蟹を食べる際に栄養や美容効果などを気にする事ってなかなかありませんよね

そこで今回は、蟹に含まれている栄養成分、その成分が持つ効果などについて解説していきます。

お得に購入できるショップなども紹介しますので、よろしければチェックしてみて下さい。

スポンサーリンク
レク大




カニに含まれる注目成分とは

アスタキサンチン

アスタキサンチンは天然の色素成分で、リコピンやβカロテンなどと同じカロテノイドの一種です。

老化現象の原因とされる活性酸素が体内で増えすぎてしまう事を抑制し、ビタミンEの1,000倍もの抗酸化力を持っているとされています。

シワやシミなどの予防にも繋がりますので、アンチエイジング作用も望めると言って良いでしょう。

その他にも、抗炎症作用やストレスの抑制、動脈硬化や糖尿病などの成人病予防、発がん抑制作用、肝機能や目・脳・筋肉の機能を高める作用もあるとされ、健康面の若々しさを維持する意味でも注目を集めている成分です。

タウリン

栄養ドリンクに入っている疲労回復物質としてお馴染みの成分ですね。

タウリンはアミノ酸に似た働きを持つアミノ酸様物質と呼ばれる成分の一種で、胆汁を作り出す働き、肝臓の解毒能力を高める働き、インスリン分泌の促進、血中コレステロールを減少させる働きなどが望めます。

上で挙げた働きによって血圧を下げる作用があるとされ、動脈硬化や胆石などの予防にも効果的とされています。

また、体内の電解質を整える作用、細胞膜を安定化させる作用などもありますので、肝機能を高める作用と併せて疲労軽減に繋がり、疲れづらい体を作る意味でも有用です。

ナイアシン

ナイアシンは元々ビタミンB群に含まれていた成分(ビタミンB3)で、水溶性ビタミンの一種です。

糖質や脂質、たんぱく質からエネルギーを作りだす時に必要な酵素の働きを助ける作用を持っており、エネルギー代謝のスムーズ化に欠かせない成分と言えます。

エネルギーを効率的に作り出せるようになりますので、皮膚や粘膜を健康に保つことに繋がります。

粘膜の健康維持は免疫力アップにも繋がりますし、新型コロナ感染リスクに脅かされている今こそ積極的に摂取しておきたい成分と言えるでしょう。

ビタミンB12

ビタミンB12は血液に深く関わっているビタミンで、赤血球を作り出すために重要な役割を果たしています。

一般的には鉄分不足が貧血の要因と考えられがちですが、ビタミンB12が不足する事でも貧血になり得るわけですね。

また、神経細胞の機能を正常に保つ働き、傷ついた神経を修復する働きなども持ち合わせており、眼精疲労の回復や肩こり・腰痛などの予防にも効果的とされています。

さらに、自律神経の乱れを整える働きもあることから、睡眠の質の向上やストレスの抑制にも効果的と言われており、健康な生活を送るうえで非常に大切な成分と言えますね。

亜鉛

亜鉛はミネラルの一種で、体内の様々な機能を整える上で重要な役割を果たします。

代表的なものですと、味覚を正常に保つ作用、免疫力を高める作用、髪や肌を健康的に保つ作用、生殖機能を高める作用などですね。

亜鉛には体内のビタミンAやたんぱく質の代謝をスムーズにする働きがあり、それによって上で挙げたような効果が望めるというわけです。

元々体内にある成分ではありますが、発汗によって体外に流出してしまう性質がありますので、スポーツなどをする人は特に意識的に摂取しておきたい成分ですね。

カニは高たんぱく低カロリー

カニのたんぱく質含有量は100gあたり13.9gとされており、これは豚肉100gのたんぱく質とほぼ同じ数値となります。

また、カロリーに関しては100g辺り90kcal程度とされ、豚肉の100gあたり386kcalという数値よりも格段に低いものとなっています。

つまり、高たんぱく低カロリーの食材といって過言はありませんので、ダイエット中の方にもオススメですね。

カニ味噌に含まれるコレステロールや料理に含まれる塩分などは気にする必要がありますが、安心して食べ放題に臨める食材であるとも言えるでしょう。

美味しいカニを自宅で食べるためのオススメショップ

旅館や料亭、居酒屋など、「お店でお腹いっぱいになるまでカニを食べたい!」というのが本当のところですが、新型コロナ禍で外食、特に複数に集まって行う会食はしづらい状況となっています。

そうなるとカニを食べる機会は極端に減ってしまいますよね。

カニは冬の風物詩的なニュアンスもありますし、年に一回くらいは心行くまで食べたいものです。

そこで役に立つのがカニを専門的に扱う通販サイトの存在です。

amazonや楽天といった大手通販サイトで探すのも良いのですが、専門的に扱っているショップの方が、価格が安く品質も良いものが揃っている可能性が高いわけです。

私が特にオススメするのは、ネットショップ大賞で10年連続ナンバー1を取り続けているかに本舗ですね。

そのままの状態で届く”姿”、殻を片面だけ残して食べやすくしている”半むき身”、つまむ部分の殻だけを残した”むき身”…といった感じで専門店ならではのバリエーションがあり、ボイルと生、刺身用なども選べます。

キロ単位の大口商品が多いショップとなっていますので、ご家族でカニを満喫する際にも非常にオススメです。

もちろん1人ないし2人程度で山のようにカニを食べる贅の極み的な利用法もアリですね。

下記リンクからぜひチェックしてみて下さい。

蟹を食べるなら 【かに本舗】

もう1つオススメのショップは、北海道釧路市で営業している北釧(ほくせん)水産ですね。

こちらのおすすめポイントは、何よりも北海道ならではの素材を活かしたカニ鍋・カニしゃぶが食べられるという点で、釧路産だし昆布を使用した鍋のタレはまさにカニとの相性も良く「料亭の味」とも比喩されるクオリティの高さです。

こだわりのカニ鍋・カニしゃぶを食べたいなら北釧水産もチェックして間違いないでしょう。

よろしければ下記リンクからショップを覗いてみて下さい。

おいしい北海道を釧路から ?? 専門店のかに、うに、いくら、旬の逸品をお届け!

まとめ

カニの成分やおすすめショップなどについて解説してきました。

タイトルに書いた美容効果については、間違いなく「ある」といって過言は無いでしょう。

美容効果だけでなく健康効果も豊富ですし、さらには高たんぱく低カロリーでダイエット中の人にも向いているという結果になりましたので、ひとときの贅沢や飲み会の肴として考える以外に、「美肌や体のためにカニを食べる」という考えを持つのも良いのではないかと思いますね。

日々の健康・美容・ダイエットに役立てていただければ幸いです。

スポンサードリンク




スポンサーリンク
レク大




シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レク大