シェアする

スポンサードリンク




超人気商品!Carte(カルテ)のヒルドイドはどんな人におすすめ?買えない時の代用品は?

乾燥肌の救世主的な位置付けで美容業界を賑わせているヒルドイド。

化粧品会社としておなじみのコーセー、医療用医薬品の開発会社で、医療用のヒルドイドの開発元としても知られるマルホが協力して誕生したコスメブランド「Carte(カルテ)」から、ヒルドイドの名を冠した化粧水や乳液、美容液が発売と同時に売り切れ続出となっています。

しかし、
「話題の商品だから」
「人気の商品だから」
「乾燥肌に良いと聞いたから」

という理由で使い始めようとしていませんか?

もちろん良い商品である事には間違いありませんが、配合されている成分について知らずに使い始めた場合、「何か思ってたのと違った」となってしまう事もありますし、かえって肌トラブルに繋がる事もあります。

そこで今回は、ヒルドイドとヒルドイドコスメについて掘り下げていきます。

ヒルドイドシリーズのコスメの購入を検討している方は一度チェックしていただけたら幸いですね。

また、品薄な場合に代用として使えるであろう商品もピックアップしてみますので、よろしければそちらもチェックしてみて下さい。

スポンサーリンク
レク大




そもそもヒルドイドって何?

ヒルドイドコスメを使用するにあたって、まずヒルドイドが何かを知らないというのは論外です。

ヒルドイドは医療用の医薬品で、アトピー性皮膚炎などによる肌の乾燥や皮脂欠乏症の治療・予防を目的に処方されるものです。

ちなみにヒルドイドのジェネリック商品としてビーソフテンという医薬品もあります。

ヒルドイドがなぜ美容分野で注目されるようになったかを簡潔に説明しますと、主成分であるヘパリン類似物質に保湿効果があり、血行促進作用・抗炎症作用などもある事から、雑誌やSNSなどで「美容効果がある」「美肌効果がある」「高い化粧品買うより良い」と囁かれた事がキッカケなんですね。

それによって、特に治療は必要ではないのに、美容目的でヒルドイドを処方してもらおうという患者さん(?)が多かったとか。

今回ヒルドイドコスメが発売され、早くも売り切れが殺到しているのは、そういった背景からではないかと思われます。

ヘパリン類似物質って何?

ここでヘパリン類似物質について少し掘り下げておきましょう。

ヘパリン類似物質は、その名の通りヘパリンに似た種類の物質、つまりヘパリンに似た働きを持っている物質という事になります。

「ヘパリンって何?」という話になるかと思いますが、ヘパリンは人間の体に元々存在し、血液が固まる事を抑制する作用を持ち、血栓の予防にも役立つ成分です。

そしてヘパリンは成分の構造的に保水力が高いという特徴も持っており、炎症を抑える抗炎症作用も持ち合わせています。

つまり、保湿成分として優秀で、血行を促したり炎症を抑えたりする成分としても優秀という事になりますね。

スキンケアで考えると、潤いをキープ出来て、ターンオーバーの正常化や肌荒れに効果的といったところでしょうか。

そんなオイシイとこ取りの成分であるヘパリンに似た働きを持つヘパリン類似物質ですので、美容分野で注目されないわけがありません。

ヒルドイドコスメはどんな人にオススメ?

ヒルドイドやヘパリン類似物質について理解を深めたところで、「じゃあどんな人が使ったら良いの?」という事になりますが、これまで解説したことから逆算して考えれば自ずと答えは導き出されます。

ヒルドイドの主要成分であるヘパリン類似物質に望める作用は、高い保湿作用、血行促進作用、抗炎症作用です。

つまり
・肌の乾燥(カサつき)に悩まされている
・肌の血色が良くない、くすみが気になる
・肌荒れを起こしやすい

このあたりの悩みを持っている方にはオススメの商品と言えるのではないでしょうか。

季節的に秋冬シーズンは乾燥しやすい時期でもありますので、乾燥対策としても良いと思います。

ヒルドイドコスメが合わない人はどんな人?

SNSや口コミですと、ヒルドイドコスメを絶賛する声は目に付きやすいですが、「合わない」というリスクも当然あるわけです。

ヒルドイドに関しては、肌が赤みを持ちやすい赤ら顔が悪化してしまうという声もあり、これは血行促進作用が悪い方に働いてしまっている例ですね。

ただでさえ見えやすくなっている毛細血管がさらに拡張され、より見えやすくなってしまっているという事です。

わざわざリスクを取ってまで使用するものではありませんので、赤ら顔に悩まされているという方は使用を控えた方が良いでしょう。

ヒルドイドシリーズは通販では品薄&高騰中

コーセー&マルホのCarte(カルテ)ヒルドイドシリーズですが、通販では軒並み品薄で、ショップによっては2倍近くの価格で販売されているところも見受けられました。

化粧水であるモイスチュアローションを例に挙げますが、メーカーから発表されている定価は150mlで1,980円(税込)です。

しばらくは品薄の状況が続くのではないかと思われますので、通販で購入される際は在庫状況や価格をしっかり確認して買うようにしましょう。

ヘパリン類似物質配合のコスメは他にもあるの?

コーセー&マルホのCarte(カルテ)ヒルドイドシリーズが人気で品薄というのは分かっていただけたかと思いますが、そうなると「じゃあ代わりになる商品って無いの?」という疑問が生まれますよね。

一旦考え方を変えましょう。

ヒルドイドシリーズに求めている作用は、主成分であるヘパリン類似物質による作用です。

つまり、「ヘパリン類似物質が含まれていればヒルドイドシリーズでなくても良いのでは?」という考え方も出来ますよね。

ちなみにヒルドイド モイスチュアローションの全成分は以下の通りです

ヘパリン類似物質、グリチルリチン酸ジカリウム※、精製水、1,3-ブチレングリコール、濃グリセリン、ジプロピレングリコール、L-セリン、L-テアニン、N-アセチル-L-ヒドロキシプロリン、アクリル酸・メタクリル酸アルキル共重合体、イソステアリン酸、イソステアリン酸ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油、エデト酸二ナトリウム、カルボキシビニルポリマー、グリセリル-N-(2-メタクリロイルオキシエチル)カルバメート・メタクリル酸ステアリル共重合体、グリセリルグルコシド液、スクワラン、トリ2-エチルヘキサン酸グリセリル、フィトステロール、ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油、水酸化ナトリウム、炭酸ジアルキル(14,15)、フェノキシエタノール、メチルパラベン

これを見てみると、重要な成分(有効成分)はヘパリン類似物質グリチルリチン酸ジカリウムと言ったところでしょうか。

もちろん細かい成分も大切ではありますが、とりあえずヘパリン類似物質とグリチルリチン酸ジカリウムを配合していれば、近い作用は得られると考えても良いでしょう。

その辺を踏まえて通販で手に入れやすい商品を2つピックアップしてみました。

※参考価格は税込み、2020年10月現在のもの

ヘパソフト 薬用 顔の乾燥改善 オールインワン ローション

《商品情報》
参考価格:1,227円(Amazon)
内容量:100g
《成分》
ヘパリン類似物質、グリチルリチン酸ジカリウム、アラントイン、白色ワセリン、濃グリセリン、トリ(カプリル・カプリン酸)グリセリル、スクワラン、セリン、水添大豆リン脂質、フィトステロール、キサンタンガム、セタノール、無水クエン酸、クエン酸Na、パラベン

コスパも高く、成分的にも最もニュアンスが近そうな商品がこちらですね。

化粧水・乳液・美容液を兼ねたオールインワン化粧品ですので、スキンケアの手間の面でもポイントが高いです。

個人的には代用品としてはこちらがイチオシかなと思います。

SKINAUTHORITY ヘパリンローション

《商品情報》
参考価格:1,540円(Amazon)
内容量:200ml
《成分》
ヘパリン類似物質、グリチルリチン酸ジカリウム、エデト酸塩、パラベン

こちらはAmazon限定ブランドの商品ですね。

ヘパソフトとは違って化粧水のみの商品ですが、200mlという内容量の多さは魅力的と言えます。

使い続ける事を考えると内容量の多さや手に入りやすさは大事ですので、そういった意味でオススメです。

created by Rinker
SKINAUTHORITY(スキンオーソリティー)
¥1,601 (2020/11/23 03:14:21時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

Carte(カルテ)のヒルドイドについて、成分や購入方法、代用品などについて解説してきました。

まだ商品が発売されたばかりの時期ですし、しばらくはヒルドイドのブームは続くのではないかと思います。

しかし、ブームだから買うのではなく、本当に必要かどうかを一度考えた上でスキンケアに取り入れてほしいですね。

在庫の有無は保証できませんが、Carteのヒルドイドは薬局でも手に入る商品ですので、使ってみたいという人は近くの薬局に足を運んでみるのも良いかと思います。

スポンサードリンク




スポンサーリンク
レク大




シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レク大