シェアする

スポンサードリンク




クレンジングのタイプ別メリット・デメリットと肌質ごとの向き不向き

「メイクをしっかり落とす」という事は非常に重要ではあるのですが、ただひたすらに洗浄力が強いものを選べば良いというものではありません。

それぞれのメリット・デメリットを踏まえた上で、「自分に合っているのはコレ!」という商品を見つけられたらベストですよね。

そこで今回は、クレンジングの種類ごとのメリット・デメリット、そして肌質ごとの向き不向きを簡単にまとめてみましたので、スキンケアに役立てていただけたら幸いです。

スポンサーリンク
レク大




クレンジング商品のタイプ別メリット・デメリット

オイル

メリット

・洗浄力が高い
・浮かせて落とすため肌の摩擦は少なくて済む
・ウォータープルーフなどの落ちにくいメイクもしっかり落とせる

デメリット

・必要な皮脂まで落としてしまう可能性も
・洗い流す際にヌルヌル感を落とすためにゴシゴシ洗いすぎる可能性
・配合されている界面活性剤によって乾燥を招きやすい

Amazonで探す 楽天で探す

バーム

メリット

・メイクとの馴染みが良く落ちやすい
・保湿成分が豊富で潤いのある肌に仕上がる
・W洗顔不要の商品が多く、肌に負担を掛けづらい

デメリット

・必要な皮脂まで落としてしまう可能性も
・寒い時期は冷え固まって使いづらくなる事がある
・価格が高め

Amazonで探す 楽天で探す

クリーム

メリット

・保湿成分が豊富で潤いを保ちながらメイク落としが可能
・成分がマイルドなため、肌が弱くても肌を傷めづらい
・摩擦によるダメージが起こりづらい

デメリット

・洗浄力は弱め
・しっかり落とすためにゴシゴシと擦ってしまいがち
・マスカラなどの濃いメイクは落ちづらい

Amazonで探す 楽天で探す

ミルク

メリット

・オイル成分の配合が少なく美容成分が豊富なため、潤いのある仕上がりに
・肌質を選ばないマイルドな洗浄力
・界面活性剤の含有量が低い

デメリット

・洗浄力が低く、濃いメイクには不向き
・メイクを落とした時のサッパリ感を感じづらい
・ナチュラルメイク以外は落とすのに時間が掛かる

Amazonで探す 楽天で探す

ジェル

メリット

・テクスチャのクッション性が高く、肌への負担が少なめ
・濡れた手でも使用可能
・ベタつかずサッパリした洗い上がり

デメリット

・水性と油性、水性の中でもオイルフリーとオイルインが存在するなど、分類が細かいため、購入の際は注意が必要
・オイルタイプと比較すると水性、油性ともに洗浄力が低い
・濃いメイクには不向き

Amazonで探す 楽天で探す

リキッド

メリット

・オイルを含まないものが殆どで、まつエクをしている状態でも使用可能
・濡れた手でも使用可能
・比較的洗浄力は高く、しっかりメイクを落とせる

デメリット

・界面活性剤やアルコールの含有量が多く刺激は強め
・洗浄成分が強いため肌の乾燥を招きやすい
・毛穴汚れを落とすことに不向き

Amazonで探す 楽天で探す

シート

メリット

・メイクを落とす力は強め
・場所を選ばず使用可能
・保湿成分が含まれているものが多い

デメリット

・肌への摩擦が強く、肌を傷めやすい
・落としムラが起こりやすい
・刺激が強いため、敏感肌の人には不向き

Amazonで探す 楽天で探す

肌質ごとの向き不向き

脂性肌混合肌乾燥肌
オイル×
バーム
クリーム
ミルク×
ジェル
リキッド
シート

あくまで目安ですが肌質ごとの向き不向きをまとめてみました。

商品によっては「乾燥肌の人に向けて作られたクレンジングオイル」ですとか「脂性肌向きのクレンジングミルク」などもありますので、クレンジング選びをする時の大まかな目安として役立てていただけたら幸いです。

肌の状態に応じて2種類以上の併用も視野に入れましょう

肌質は年齢だけでなく、その日の体調や環境などによって微妙に変化します

また、メイクの度合いによってもクレンジング選びを考え直さなくてはいけません

乾燥しがちな時は潤いを与える成分が入っているものを選んだり、メイクが濃い目の時はしっかり落とせるものを選んだり…

「濃い部分にはオイル、他の部分はミルク」という感じで、一度のクレンジングで2種類の商品を併用することも一つの手段です。

クレンジングの目的は「肌をプレーンな状態に戻す事」ですので、落とし過ぎず残さない匙加減を見極める事が大切です。

スポンサーリンク
レク大