無添加&リーズナブル!カウブランドの魅力+知って得する豆知識

スキンケアアイテムを選ぶ際に「無添加」を重要視する方は多いかと思います。

特に敏感肌の方にとっては肌トラブルに直結する要素となりますので、より一層注意深くなってしまうものです。

そこで今回は、無添加+お手軽価格を実現している「カウブランド」にフォーカスを当て、商品の魅力や豆知識などを網羅していきます。

カウブランド自体はドラッグストアなどでも簡単に手に入るブランドですので、ご購入の際の参考にしてみて下さい。

カウブランドの魅力+知って得する豆知識

それでは早速カウブランドの魅力や豆知識について解説していきましょう。

定番商品でも意外と知らない一面があったりするものですので、すでに使用中の人も、これから買ってみようと考えている人もぜひご覧ください。

赤箱と青箱の違いはうるおい成分

カウブランドといえば「赤箱」と「青箱」の石鹸が定番です。

ドラッグストアだけでなく、スーパーや100円ショップなどでも見掛けるほど目にする機会の多い商品ですが、最近では洗顔用石鹸として再評価を集めています

赤箱・青箱の違いについては意外と知らない方も多いかと思いますが、大まかにいうと赤箱はしっとり系青箱はさっぱり系といった感じで、赤箱には保湿成分としてスクワランが配合されています。

つまり、さっぱりした洗い上がりを求めるなら青箱、うるおいを残した洗い上がりを求めるなら赤箱という感じですね。

ちなみに香りに関しても、赤箱はローズ系青箱はジャスミン系となっており、きちんと作り分けられています。

洗顔料とは違って配合されている成分の種類も少なく、ナチュラルな成分で洗う事ができますので、添加物を気にして原材料欄とにらめっこしている方にこそオススメと言えるかもしれません。

また、赤箱の石鹸が再評価された流れからか、ミルクバターを配合した赤箱のビューティークリームが発売されています。

洗顔後の保湿クリームとして活用できるアイテムですので、赤箱の石鹸と合わせて使うと良いでしょう。

天然セラミド配合の洗顔・クレンジング

赤箱・青箱に次いで注目度の高い商品は、洗顔・クレンジングからなる無添加フェイスケアシリーズです。

上記4商品からなるシリーズですが、すべて着色料・香料・防腐剤・品質安定剤・鉱物油・アルコール不使用の無添加の商品となっています。

また、配合されている成分のシンプルさもポイントで、同価格帯の洗顔料と比較しても、原材料の項目の少なさに驚かされます。

水、ミリスチン酸K、グリセリン、ステアリン酸、ミリスチン酸、ラウラミドプロピルアミンオキシド、ジステアルジモニウムヘクトライト、ココイルメチルタウリンK、ベヘン酸、セラミドNG、クエン酸

上記は洗顔フォームの全成分で、肌への刺激となり得る成分を極力省いて作り上げた結果、シンプルな成分構成になるわけですね。

シンプルな成分の中にも、天然由来のセラミドを配合するなど保湿成分にはこだわって作られており、乾燥対策にも余念はありません。

敏感肌や乾燥肌の人からの良い口コミが多く見られる商品で、「他の商品では肌荒れを起こしていたのに、このシリーズを使い始めてからは肌荒れしなくなった」といった口コミもあるほどですので、試す価値はあるでしょう。

また、洗顔・クレンジングともに600円前後の低価格で買えることも魅力と言えます。

シャンプーは無添加&ノンシリコン

カウブランドにヘアケアのラインナップがある事は意外と知られていないのではないかと思います。

髪質や頭皮の肌質などに合わせて、さらさら・しっとりの2種類から選ぶ事が可能で、もちろん無添加仕様となっています。

無添加ヘアケア商品の年間売り上げ1位を獲得した実績もあるほどで、それだけ多くの人が使っているという事も安心に繋がりますよね。

スキンケアシリーズと同様に無添加仕様ですし、シャンプーはノンシリコンとなっています。

ネットの口コミを見てみますと、「頭皮の痒みの悩みが解消された」「フケが収まった」といった評価が多く、頭皮環境にお悩みを持たれている方には特にオススメと言って良いでしょう。

香りに関しても、控えめというかほぼ無いと言えるレベルですので、シャンプー後の香りが苦手という方にもオススメです。

お子様がいる家庭において、家族全員で気兼ねなく使えるシャンプー・トリートメントとして活用するのも良いかと思います。

カウブランドならバスタイムを全てコーディネート可能

赤箱・青箱から始まり、フェイスケアシリーズ、ヘアケアシリーズと紹介してきましたが、カウブランドには他にも魅力的な商品がたくさんあり、バスタイムを全てカウブランドで揃える事も可能です。

ボディソープやお風呂に入れるバスミルクもラインナップされており、バスミルクには天然セラミドも配合されていますので、バスタイムの仕上げとしても優秀です。

これらの商品を併せる事で、クレンジング→洗顔→シャンプー→トリートメント→体を洗う→湯船に浸かるという全ての工程をカバーできます。

また、コロナ禍で手洗いをする機会が増えましたが、ハンドソープの商品もラインナップされていますので、こちらも揃えればさらに統一感が出ますね。

泡で出るタイプなので利便性もバッチリです。

まとめ

カウブランドの魅力や豆知識などを紹介をしてきました。

全て無添加仕様で作られている事はもちろんですが、ワンコイン~1,000円未満で購入可能というリーズナブルな価格になっていますので、「手軽に試すことが出来る」ということが最大の強みと言えるでしょう。

シャンプーや洗顔で肌荒れを起こしやすい方には特にオススメのブランドですので、まだ使ったことが無いという方はぜひ使ってみて下さい。

全て揃えてもそこまで高額にはなりませんので、本当におすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました