食べ過ぎ対策に!ダイエット系サプリ5選+ダイエット系サプリの選び方

クリスマスやお正月。

年末年始は普段より食べ過ぎてしまう機会が多くなりがちです。

「正月明けたら○キロ増えていた…」という話も良く耳にします。

そんな正月明けの落胆を増やさないためにも、今回は食べ過ぎ対策のダイエット系サプリメントについて、オススメ商品をピックアップしていきます。

ぜひチェックしてみて下さいね。

スポンサーリンク

おすすめのダイエット系サプリ5選

菌トレ習慣

ビフィズス菌・ナノ型乳酸菌・有胞子乳酸菌・ラブレ菌・ガセリ菌といった乳酸菌を豊富に含み、その活動をサポートするラクトフェリンやオリゴ糖も含まれているという、まさしく”菌トレ”に適したサプリです。

ラブレ菌やガセリ菌などについては1商品につき1種類しか配合されていないイメージがありますが、そういったメイン級の菌類が複数配合されているという点が菌トレ習慣の強みと言えるでしょう。

菌類に加えて難消化性デキストリンやイヌリンといった食物繊維の役割を果たす成分も含まれており、それらの成分が血糖値の上昇を抑えて脂肪の蓄積を予防し、ビフィズス菌のエサにもなってくれますので、非常に効率的な成分構成のサプリメントと言えます。

ヨーグルトフレーバーのタブレットですので、ラムネのお菓子みたいな感覚で摂取可能です。

ファンケル カロリミット

ダイエット系サプリの定番商品で、コンビニなどでも手軽に購入可能です。

桑の葉イミノシュガー・キトサン・茶花サポニンが食後の糖や脂肪の吸収を抑え、体に蓄積されることを防ぐ作用を望める”抑制系”と呼ばれるサプリで、脂肪の消費を促す成分も配合された「大人のカロリミット」もラインナップされています。

累計6,500万個の販売実績を誇る人気商品ですので、初めてのダイエット系サプリとしてもオススメです。

井藤漢方製薬 食べてもDiet

created by Rinker
井藤漢方製薬
¥691(2021/10/18 19:28:10時点 Amazon調べ-詳細)

黒ウーロン茶・ギムネマ・キトサン・白いんげん豆・スレンデスタを詰め込んだコスパの高い商品です。

スレンデスタはじゃがいもから抽出されたエキスで、満腹感をもたらし、長く持続させることによって空腹感をコントロールする成分です。

燃焼成分や乳酸菌などの成分は含まれていませんが、「とりあえず脂肪の吸収を抑えたい」という方にオススメです。

価格は今回紹介する中でも最も低価格です。

スベルティ ぱっくん分解酵母

created by Rinker
スベルティ (Svelty)
¥2,300(2021/10/18 07:31:36時点 Amazon調べ-詳細)

炭水化物を分解してくれる”生きたまま届く”酵母菌、油分を吸着してくれる高吸着型キトサンをメインに配合し、炭水化物や油分の多い食事に素早くアプローチしてくれるサプリです。

さらに、白いんげん豆エキス・サラシアエキス・ギムネマシルベスタ・ウーロン茶エキス・ガルシニアカンボジア・キャンドルブッシュという6種のハーブのエキスがスッキリ感をサポートしてくれますので、便秘解消にもオススメです。

酵母とキトサンが3倍の商品や、燃焼成分を高めた商品などもラインナップされており、用途に合わせて選ぶ事が可能です。

created by Rinker
スベルティ (Svelty)
¥2,850(2021/10/18 07:31:37時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
スベルティ (Svelty)
¥1,120(2021/10/17 22:57:35時点 Amazon調べ-詳細)

日頃から炭水化物多めの食事を摂る機会が多い人に特にオススメの商品と言えます。

小林製薬 ナイシトールZa(第二類医薬品)

created by Rinker
ナイシトール
¥4,980(2021/10/18 19:28:11時点 Amazon調べ-詳細)

有効成分である防風通聖散エキスを5,000ng配合し、内蔵脂肪の分解・燃焼を促進する第二類医薬品です。

生活習慣による肥満、高血圧などによるむくみ、便秘の改善への効果が望めますが、いわゆるサプリメントとは別の分類の商品ですので、用法を誤ると健康を損なう可能性もあります。

そのため、カジュアルなダイエットというよりは、本気で肥満に悩まれている方、内臓脂肪レベルで悩まれている方にこそオススメの商品と言えます。

利用する際は添付されている説明書をしっかり読んだ上で、用量をきちんと守って服用しましょう。

ダイエット系サプリの選び方

おすすめの商品をピックアップして紹介してきましたが、それぞれの商品を見ていただければ分かるように、「ダイエット系サプリ」といっても様々なジャンルが存在しています。

・炭水化物(糖質)や脂肪の吸収を抑制するもの
・炭水化物(糖質)の分解を促すもの
・脂肪の燃焼を促すもの
・満腹感を疑似的に与えるもの
・乳酸菌で腸内環境を整えるもの

大きく分けて上記のような分類になっており、1つの商品で上記の複数を担っているものもあります。

ただ単に「ダイエット用のサプリメントだから」という理由で選ぶのではなく、自分が求めている効果・効能、もしくは改善したい事を一度考えた上で選ぶ事が大切です。

例えば、便秘気味の人がダイエットを試みる場合、一番の近道は便通を整える事ですので、そうなると乳酸菌を豊富に含むサプリメントが適しているという事になります。

丼物やラーメン、定食などをしっかり食べつつもダイエットも気にしたい!という人は炭水化物や脂肪の吸収を抑えるサプリメント。

…という感じで、一度自分の生活習慣や食習慣などを冷静に考えて選びましょう。

サプリメント選びはパズルのようなものですので、不足している箇所にきちんとピースが嵌れば目的も達成しやすくなります。

それを踏まえた上で商品紹介の部分を見ていただければ、自ずと選ぶ商品が決まってくるかと思いますね。

まとめ

クリスマス太りや正月太りの対策としてオススメのダイエット系サプリについて紹介してきました。

サプリメントに頼りきりのダイエットはオススメしませんが、普段の食生活にプラスアルファする事でダイエットの潤滑油的な働きは望めますので、適度に運動もしつつ、サプリメントを取り入れていただけたらと思います。

最近は大小様々な会社からダイエットサプリが発売されていますが、今回紹介した商品は大手の会社から発売されている人気商品ばかりですので、用途に合わせてチェックしていただけたら幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました