シェアする

スポンサードリンク




髪質で差を付けたい人必見!最新高機能ドライヤーでヘアケアの質を上げましょう

「髪の毛のケアをより良いものにしよう」と思った時に、シャンプーやトリートメント、洗い流さないトリートメントやオイルばかり調べていませんか?

シャンプーが毎日行うヘアケアの基本だとするならば、その後に乾かすドライヤーだってヘアケアの基本です。

シャンプー等にこだわっている人の中には、「ドライヤーはディスカウントショップで買った1,000円~2,000円くらいのものを使っている」という人も少なくはないでしょう。

ヘアケアの底上げを行うためには良いドライヤーは必要不可欠ですし、毎日使うという要素に加えて一度買えば長く使えるものでもありますので、自分への投資として良いものを使ってほしいです。

今回は最新の高機能ドライヤーを紹介していきますので、周りに一歩差をつける意味でもチェックしていただけたらと思います。

SHARP IB-WX1

商品情報

参考価格:23,950円(Amazon)
風量:約1.1m³ /分(ターボ運転時)
温風温度:約95℃(ホット/ドライ運転時 室温30℃)
本体重量:約610g(付属品除く)

《特長・搭載機能》
プラズマクラスター搭載
熱ダメージ抑制
速乾ドレープフロー
SENSINGモード
SCALPモード
BEAUTYモード
美髪アプリ対応

美容師が2つのドライヤーを使って乾かす技術を1つのドライヤーで可能にしたドレープフロードライヤー。

従来のドライヤーとは違って、吹き出し口のノズルが短くなっており、重さのストレスを感じづらい仕様になっている事も特徴的。

シャープ独自のプラズマクラスターを搭載し、髪質や頭皮をいたわるモードも豊富。

Bluetoothに対応しており、スマホアプリ「ボーテアップ(beautéApp)」と連動して自分好みの乾かし方を実現できる最新鋭のドライヤー。

Amazonでチェック 楽天でチェック

SHARP IB-LP9

商品情報

参考価格:15,470円(Amazon)
風量:約1.7m³/分(ターボ運転時)
温風温度:約115℃(ホット/ドライ運転時 室温30℃)
本体重量:約590g(付属品除く)

《特長・搭載機能》
プラズマクラスター搭載
熱ダメージ抑制
速乾エアロフォルム
SCALPモード
BEAUTYモード

プラズマクラスター搭載ドライヤーのベーシックなモデル。

大量の風で一気に乾かす速乾エアロフォルムという独自技術で、頭皮や髪の毛に熱を与え過ぎず、優しく素早く乾かすことが可能。

周囲の気温に合わせて最適な温度設定で乾かすことが出来るBEAUTYモード、頭皮をいたわりながら乾かすSCALPモードなどの多彩なモードはそのままに、価格は抑えめになっている商品。

Amazonでチェック 楽天でチェック

Panasonic ナノケア EH-NA0E

商品情報

参考価格:33,707円(Amazon)
風量:約1.3m³/分(ターボ運転時)
温風温度:125℃(ドライ・室温30℃の時)
本体重量:約580g(セットノズル含まず)

《特長・搭載機能》
高浸透「ナノイー」
ミネラルマイナスイオン
静電気抑制
「ナノイー」イオンチャージPLUS
UVケア
温冷リズムモード
インテリジェント温風モード
スカルプ(地肌)モード
スキンモード
毛先集中ケアモード

パナソニックの最新にして最高級ラインのナノイードライヤーモデル。

ナノイー自体のクオリティも格段に上がっており、従来の18倍の水分発生量、髪へのうるおい(ミネラル)は1.9倍を誇る。

ミネラルの吹き出し口に改良を加えられ、ドライヤーを振りながら乾かしても、満遍なくミネラルが行きわたるようになっている。

紫外線ダメージを抑えるUVケア機能、周囲の気温に合わせて温度を変化させるインテリジェント温風モード、頭皮をいたわるスカルプモード、温風・冷風を切替ながらキューティクルに作用する温冷リズムモードなど、現状存在する全ての技術が詰まっている、まさに最高級モデル。

髪や頭皮だけでなく、ナノイーで肌の手入れも可能としたスキンモードも特徴的。

Amazonでチェック 楽天でチェック

Panasonic イオニティ EH-NE6B

商品情報

参考価格:6,000円(Amazon)
風量:1.9㎥/分(ターボ時・ノズル装着なしの時)
温風温度:約105 ℃(ドライ/ホット時)
本体重量:約530 g(速乾ノズル含む)

《特長・搭載機能》
マイナスイオン(ダブル外吹出し)
温冷ツインフロー
イオンチャージ
速乾ノズル

パナソニックのイオンドライヤーの定番モデル。

1.9㎥/分という大出力の風量で乾かす事、速乾ノズルを装着して強弱のついた風で毛束をほぐしながら乾かす事の両方を可能にした商品で、中心の吹き出し口から温風を出しつつ、両サイドの吹き出し口から冷風とマイナスイオンを噴出する高機能な商品。

高機能ドライヤーの中では圧倒的なコスパを誇り、口コミ満足度も非常に高い。

Amazonでチェック 楽天でチェック

Dyson(ダイソン) Supersonic Ionic

商品情報

参考価格:46,800円(Amazon)
風量:2.4 m³/分
温風温度:記載なし
本体重量:697g

《特長・搭載機能》
速乾性No.1
髪質や仕上がりに合わせたアタッチメント
過度な熱ダメージから髪を守る
カラーリングした髪を高温から守る
マイナスイオンを放出
イオンペネトレーション

掃除機や扇風機でお馴染みのダイソンから発売されているドライヤー。

2.4 m³/分という最高峰の風量を誇り、濡れた髪を一気に乾かすパワフルさが特徴的。

パワフルなだけではなく、マイナスイオンによるケアや温度調節によるケアなど、ヘアケアに必要な要素はきちんと備えており、用途に合わせたアタッチメントの豊富さもダイソンらしさと言える。

Amazonでチェック 楽天でチェック

ReFa(リファ) BEAUTECH

商品情報

参考価格:36,300円(Amazon)
風量:記載なし
温風温度:記載なし
本体重量:695g(電源コード、セット用ノズル含まず)

《特長・搭載機能》
プロセンシング
ハイドロイオン

美顔器のリファカラットで有名なReFaから発売されている高機能ドライヤー。

「美容師が推すドライヤー」としてプッシュされており、ベストコスメの美容機器部門で多数の賞を受賞している人気商品。

60℃以下の温度を保ち、オーバードライを防ぐプロセンシング。内部に搭載されたイオナイザーから放出されるハイドロイオンで、いわゆる「サロン帰りの髪」を再現可能。

一般的な家電メーカーから販売されているドライヤーより操作の難易度が高めな点もプロ仕様と言える商品。

Amazonでチェック 楽天でチェック

Bioprogramming レプロナイザー 4D Plus

商品情報

参考価格:57,200円(Amazon)
風量:記載なし
温風温度:約98℃(周囲温度25℃の場合)
本体重量:約750g(ノズルを除く)

《特長・搭載機能》
バイオプログラミング技術

量子力学に基づいた独自のバイオプログラミング技術を搭載した高機能ドライヤー。

髪を乾かすだけでなく、髪の美容機器としての実力も高く、温風と冷風を切り替えながら長くドライヤーを当てる事によって、高い美髪効果を生み出す。

レプロナイザーの風を2時間当てる実験動画などもあり、まさに唯一無二のドライヤーと言える商品。

Amazonでチェック 楽天でチェック

Re:beau 60ローケア イオンドライヤー

画像は公式サイトより引用

商品情報

参考価格:15,000円(公式サイト)
風量:0.9~1.3m³/分
温風温度:60℃
本体重量:460g

《特長・搭載機能》
60℃の低音で乾燥
高濃度のマイナスイオン

公式サイトのみで販売されている低温ケアを特徴としている商品。

高温では熱ダメージが発生、60℃未満の低温では摩擦によるダメージが発生する髪の性質に合わせ、60℃というベストな温度を保っての乾燥を実現。

今回紹介した中では最も重量が軽く、操作性もシンプル。

月々625円~という分割払いも可能で、30日間の返金保証もついているのは公式サイト専売品ならではのメリットと言える。

公式サイトは下記のリンクからアクセスできます。

低温+超高濃度イオンドライヤー【Re:beau】60ローケア・イオンドライヤー

SALONIA サロニア スピーディーイオンドライヤー

商品情報

参考価格:4,963円(Amazon)
風量:2.3m³/分
温風温度:103℃ (TURBO・室温30℃・ノズル装着時)
本体重量:約495g(ノズル・コード込み)

《特長・搭載機能》
コンパクト・シンプル設計
大風量で高い速乾性
マイナスイオン機能搭載

シンプルかつリーズナブルなマイナスイオンドライヤー。

楽天の週間ランキングで1位を飾ったこともある人気商品で、飽きの来ないデザインや簡単な操作性も特徴。

コスパはかなり高いが、2.3m³/分という大風量を誇り、マイナスイオン機能も含まれているため、無駄のない商品と言える。

Amazonでチェック 楽天でチェック

Vidal Sassoon(ヴィダルサスーン) マイナスイオン

商品情報

参考価格:4,400円(Amazon)
風量:記載なし
温風温度:記載なし
本体重量:約560g

《特長・搭載機能》
マイナスイオン発生器搭載
クールスイッチ

シャンプーで有名なヴィダルサスーンから発売されているマイナスイオンドライヤー。

低価格帯では前述したサロニアと並んで人気の商品で、温風と冷風を切り替えるスイッチなども搭載され、機能的にも申し分なしと言える商品。

5,000円未満で購入を考えているのであれば、同価格帯の商品の中では断然オススメ。

Amazonでチェック 楽天でチェック

まとめ

ヘアケアの底上げという事で、最新のドライヤーについて紹介してきましたが、ドライヤーの進化は意外と目まぐるしいもので、中にはスキンケアまで出来てしまう優れものもありましたね。

超高級ラインの商品が必ずしも万人に合うというわけではないですが、冒頭にも書いた通り毎日のケアに使用するものですので、少しは奮発しても良いんじゃないかなと思います。

安いラインの商品を使っているという人は、とりあえず10,000円台の商品に買い替えてみると、それまでのドライヤー観が変わるかと思いますので、ぜひチェックしてみて下さい。

スポンサードリンク




スポンサーリンク
レク大




シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レク大