シェアする

スポンサードリンク




「世田谷育ちの…」グルコサミンは美容にも効果があるって知ってました?

「グルコサミンってどういう成分?」と聞いた時にどう答えますか?

大多数の人は、「ひざなどの関節の痛みに良い成分」という認識なのではないでしょうか。

もちろんそういった漠然とした認識でも問題は無いのですが、グルコサミンをより深く知る事で、普段の生活に効果的に取り入れやすくなりますし、効果も感じやすくなるかと思います。

今回は、”健康・美容・ダイエット”それぞれの観点からグルコサミンを解説していきましょう。

そもそもグルコサミンって何?

グルコサミンはアミノ酸の一種で、体内における”ムコ多糖”を構成する成分の1つです。

「ムコ多糖って何ですか?」という点についてシンプルに説明しますと、要は体内の”ネバネバ成分”ですね。

目に見える例で言いますと、鼻水もムコ多糖です。

そのムコ多糖が目に見えない部分である関節においても活躍しているわけですね。

骨の間のクッション成分を担っており、全身の関節を痛み無く動かせるのは、ムコ多糖が骨同士が直接当たらないように間を充填しているおかげと言えるわけです。

「グルコサミンが関節に良い」と言われるのは、そういった背景があるからなんですね。

健康の観点から見たグルコサミン

まず最初に把握しておいてほしいのは、”グルコサミンは元々体内で生成される成分”であるという事です。

しかし、体内で生成される成分というのは、年齢と共に生成量が減っていくわけですね。

生成量が減ると、骨の間を充填しているクッション成分が少なくなってしまうため、骨同士が直接当たるようになり、それが”痛み”に繋がります。

「ひざが痛い」とか「腰が痛い」というのは、こういった現象が起因しているわけです。

つまり、生成量が追いつかなくなってしまう前に、外からグルコサミンを補充してあげる事によって、上で挙げたような”痛みを感じるライン”に達するのを防ぐ効果が望めるという事です。

グルコサミンの中でも、体内で生成されているものと同じ形状をしている”N-アセチルグルコサミン”という成分が有効とされています。

また、グルコサミンを単体で摂取するのではなく、”コンドロイチン”と併せて摂取する事で関節への効果を高めるとされており、サプリメントや健康食品などでグルコサミンとコンドロイチンがセットになっている事にはきちんと理由があるわけですね。

美容の観点から見たグルコサミン

グルコサミンというと「膝などの関節に効果がある成分」というイメージで、”美容に良い”というイメージは持ちづらいかもしれませんが、実は美容にも効果があるとされています。

なぜなら、グルコサミンは軟骨だけではなく、肌にも存在している成分だからなんですね。

グルコサミンにも種類があり、肌に良い効果をもたらすとされているのは、健康の項目でも挙げた”N-アセチルグルコサミン”という成分で、N-アセチルグルコサミンは、ヒアルロン酸を体内で生成するために必要な成分です。

「ヒアルロン酸を生成する」と聞くと一気に美容に効果がある感じがしてきませんか?

ヒアルロン酸といえば、化粧水や美容液などでよく見かける保湿成分で、”外から補充するもの”という認識をされている方もいるかと思いますが、元々は体内で作られている成分です。

コラーゲン、ヒアルロン酸、セラミドなど、体内に元から存在している保湿成分は多々ありますが、これらは年齢と共に生成量が減少してしまいます。

そのため、化粧品などによって外から補充してアンチエイジングを図るという流れになるわけですが、せっかくなら”生成量”の方も維持したいところですよね。

もちろん「グルコサミンを摂取していれば生成量が100%維持出来て、化粧水や美容液はいりません!」というわけではありませんが、普段のスキンケアにプラスアルファする要素としては非常に有効な手段であると言えます。

関節痛の改善を主な用途としてグルコサミンを摂取されている方がほとんどだと思いますが、”美容”への付加価値が望めるのは嬉しい事ですよね。

ダイエットの観点から見たグルコサミン

「グルコサミンでダイエット」

美容よりも更にイメージしづらいですよね。

結論を先に言ってしまいますが、グルコサミン自体にはダイエット効果はありません

グルコサミンが脂肪を燃焼してくれるわけではありませんし、血行促進はあるとされていますが、単体でダイエットに繋がるほどとは言えません。

しかし、少々こじつけのような理屈になってしまいますが、”ダイエットの役に立つ成分”ではあります。

ダイエットといえば、主に食事制限や運動が必要ですよね。

食事制限はひとまず置いといて、関節に痛みがあると「運動をする」という行為に対する意欲は削がれてしまいます。

ウォーキングなどの軽めな運動についても、膝や腰が痛いとストレスになってしまい、継続が難しくなってしまいますよね。

つまり何が言いたいかといいますと、グルコサミンの摂取よって膝や腰などの関節痛を予防する事で「運動が出来る環境」を維持する事に繋がり、それによって「ストレスを感じずに運動を行なえる」という事がダイエットに繋がるわけです。

グルコサミン自体にダイエット効果は無くても、グルコサミンがもたらす効果によってダイエットに繋がる効果を得られるわけで、”ダイエットに対して無意味”ではない事が分かってもらえたらと思いますね。

グルコサミンの1日あたりの摂取量目安

グルコサミンは、大量摂取によって効果が得られるものではなく、体内に蓄積するものでもありません。

そのため、食事やサプリメントなどで毎日摂取し続ける必要があるわけです。

健康や美容に効果が高いとされているN-アセチルグルコサミンは、1日あたり500mgが摂取量の目安と言われています。

普段食事などで口にするものですと、牛乳に最も多く含まれているとされていますが、牛乳100mlあたり11mgの含有量となっており、500mgを摂取するためには単純計算で約4.5リットルの牛乳を飲まないといけません。

1日だけでも4.5リットルの牛乳を飲むのは苦行ですし、何よりグルコサミン以外の成分の過剰摂取になってしまいますよね。

そのため、グルコサミンの効率的な摂取方法としてはサプリメントが最も適していると言えるでしょう。

何よりも”継続する事”が大切ですので、無理のない範囲で日常生活にグルコサミンを取り入れていきたいものですね。

created by Rinker
ディアナチュラ
¥1,364 (2020/11/24 09:21:49時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサードリンク




スポンサーリンク
レク大




シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レク大