シェアする

スポンサードリンク




プラセンタ・プロテオ原液「白慈」がオススメの理由

美容・化粧品業界で話題のプラセンタ。

化粧水や美容液に含まれているものも多いですが、最近では原液として販売されている商品も増えてきました。

今回は、そんなプラセンタ原液の商品の中でも高いクオリティを誇る「白慈(はくじ)」を紹介致します。

プラセンタ原液を普段のスキンケアに取り入れたいと思っている方はチェックしてみて下さいね。

白慈は発酵プラセンタ100%の原液

白慈の特徴は何といっても世界初の”発酵プラセンタ原液”である事。

「プラセンタ」と一言に言っても様々な種類がありますが、その中で効果が高いとされている発酵プラセンタだけを使用している贅沢かつ高クオリティな美容原液が白慈なんですね。

発酵プラセンタと普通のプラセンタは何が違うの?

従来のプラセンタを発酵・熟成させたものが発酵プラセンタです。

発酵や熟成の処理を加えることによって、プラセンタに元々含まれているアミノ酸が増加し、本来は含まれていないアミノ酸も発生・増加するわけですね。

また、ビタミンやミネラルの含有量が3倍以上にアップすることも分かっており、従来のプラセンタよりも断然注目度の高い成分となっています。

プラセンタは肌にどういう効果があるの?

プラセンタは元々美容目的で使用されていた成分ではありません。

元々は肝機能の改善、更年期障害や冷え性などの改善、代謝の改善。炎症を抑える消炎作用、アレルギーを抑える抗アレルギー作用などを望むもので、それらの効果を得た結果として、副産物的に肌がきれいになった事から美容分野で使われるようになりました。

美容目線で考えると、ターンオーバーの改善、肌荒れなど肌トラブルの改善という事になりますので、加齢や生活習慣などによって起こる肌自体の力の低下を防ぎ、根本的な部分からアンチエイジングを可能にするといったところでしょうか。

前述もしたとおり、発酵プラセンタは従来のプラセンタよりも成分が豊富となっているため、より高い効果を望めるというわけですね。

白慈はプロテオグリカンも配合

白慈には、保水力の面でヒアルロン酸を大幅に上回るとされているプロテオグリカンも含まれています。

プロテオグリカンは、ヒアルロン酸と結合して肌細胞同士のクッション的な役割を果たし、成長因子(EGF)に似た働きを持つため、肌のハリを保つ効果が望めるとされており、シワの予防や改善などにも効果的と言われています。

プラセンタとプロテオグリカンという2つのアンチエイジング成分が凝縮されている白慈は、まさにアンチエイジングの最終兵器とも言えるでしょう。

白慈はオールインワンの美容原液

美容やアンチエイジングに関して意識をしてしまうと、あれもこれもと手元に化粧品ばかりが増えてしまいがちです。

色んな種類を試して好奇心を満たすのも悪いことではありませんが、効果を望む意味では良い判断とは言えません。

白慈は化粧水、乳液、美容液を全てカバーしているオールインワン美容原液ですので、極端な話をしてしまえば「白慈だけ買っておけばOK」という事になります。

化粧水、乳液、美容液、美容クリーム…というように、全てを揃え、全てを継続しようとすると出費も嵩んでしまいますよね。

費用が高くなってしまうからと言って、化粧品のランクを下げてしまっては本末転倒です。

クオリティの高いオールインワン化粧品として、私は白慈を推したいですね。

楽天でチェック
スポンサーリンク
レク大