シェアする

スポンサードリンク




研磨剤不使用!しっかり磨けるおすすめジェル歯磨きを口コミの傾向と一緒に紹介

一般的に歯磨き(歯磨き粉)といえばペースト状のものが主流かと思います。

しかし、ペースト状の歯磨きには研磨剤や界面活性剤、発泡剤などを含む商品が多い為、歯や歯茎に良くない影響を与えるとも言われているわけですね。

そんな中、徐々に注目を集めているのがジェル歯磨きです。

今回は、おすすめのジェル歯磨き商品を実際に使用した方の口コミ(レビュー)を添えて紹介いたします。

今回紹介する商品は全て研磨剤不使用の商品のため、研磨剤についての記述は致しません。

ペースト歯磨きからの乗り換えを考えている方には特に読んでいただきたい内容となっておりますので、ぜひチェックしてみて下さい。

コンクール ジェルコートF

商品情報

参考価格:1,169円(Amazon)
内容量:90g
【特徴】
フッ素950ppm
歯石付着予防作用のあるポリリン酸ナトリウム配合

歯科専売の医薬部外品として歯科・クリニックで広く使用されている商品。

クリーニングを受ける際に、仕上げに青い液体でうがいをした経験があるという方も多いのではないでしょうか。

また、歯科医で薦められて購入しているという方も少なくないかと思います。

その青い液体はマウスウォッシュ用のコンクールFという別の商品ですが、こちらはそのジェル歯磨き版と言ったところです。

再石灰化作用を望めるフッ素、歯石付着を予防するポリリン酸ナトリウムを高配合し、虫歯や歯周病になりづらい口内環境を整えます。

本格的なジェル歯磨きを求めているなら外せない逸品と言えるでしょう。

良い口コミの傾向

・使い始めてから歯茎の状態が良くなった。
・朝の口臭が軽減された。
・虫歯が発見される機会が少なくなった。

悪い口コミの傾向

・ヤニ除去の効果は薄い。
・研磨剤不使用のため、歯のザラザラ感が取れない。
・価格が高め

Amazonで検索 楽天で検索

トゥービー・ホワイト(TO BE WHITE) 薬用ジェル歯磨き

商品情報

参考価格:990円(Amazon)
内容量:100g
【特徴】
再石灰化を促す2種類のフッ素配合

薬用成分ポリエチレングリコール4000がヤニ汚れに有効
光沢剤としてパール末を配合

ホワイトニングに力を入れている方ならコンクールよりもこちらの方が知名度が高いかもしれません。

ダブルフッ素による再石灰化作用と、ヤニ汚れにもアプローチするポリエチレングリコール4000が歯を強く白く仕上げます。

タバコを吸っている方、コーヒーや紅茶、赤ワインなど色素の強いものを口にする機会が多い方には特におすすめ出来る商品ですね。

より美白作用を高めたいという方は、ジェル歯磨きと併せてデンタルビューティーエッセンスを使用すると良いでしょう。

良い口コミの傾向

・使い始め3日でホワイトニング効果が得られた。
・味が良くデザインも良い。
・歯がなめらかに仕上がる

悪い口コミの傾向

・ホワイトニング効果が感じられなかった。
・ジェルが蓋について使いづらい。
・ステイン汚れが落ちづらい。

Amazonで検索 楽天で検索

システマ SP-Tジェル

商品情報

参考価格:1,484円(Amazon)
内容量:85g
【特徴】

フッ素1450ppm配合
トラネキサム酸配合で出血
炎症を抑制
バイオフィルムの内部に浸透・殺菌するイソプロピルメチルフェノール配合
酢酸トコフェロール(ビタミンE)が歯肉を守る
βグリチルリチン酸が歯肉炎を抑制

歯磨き粉の定番銘柄であるデンターシステマのジェル歯磨きです。

歯科用に開発されている商品で、歯肉へのアプローチを特に強め、歯肉炎や歯周病全般の予防に効果を発揮します。

同シリーズのメディカルガーグルを併せて使用する事で、より高い効果が望めます。

ホワイトニングよりも歯茎を健康に保ちたいという方に向けた商品と言えるでしょう。

良い口コミの傾向

・口臭や歯肉炎予防に効果的。
・歯石が付着しづらくなった。
・電動歯ブラシを使っている人におすすめ。

悪い口コミの傾向

・使用上の不具合も無いが効果も感じづらい
・価格が高め。

Amazonで検索 楽天で検索

ジェル歯磨きのメリットは「泡立ちづらい」という事

ジェル歯磨きのおすすめ商品を紹介してきましたが、「なぜジェル歯磨きが良いの?」と思う方もいるのではないでしょうか。

タイトルにも書いたとおり、ペースト歯磨きとの最も分かりやすい違いは「泡立ちづらさ」なんですね。

泡立ちづらい?それ良い事なの?しっかり汚れ落ちなさそう…」という声もあるかと思いますが、泡立ちづらい事によって、

磨いている部分をしっかり目視できる
泡で口がいっぱいになって歯磨きを終わらせてしまう事を避ける

上記2点のメリットが生まれます。

研磨剤や界面活性剤、発泡剤を含まない事によって、成分的なメリットももちろん多いのですが、磨いている時の体感で最も違う点はこれだと思いますね。

つまり、ジェル歯磨きを使用することで磨き残しが少なくなり、歯石付着や歯周病のリスクを減らせるという事です。

歯磨きは鏡を見て行いましょう!

歯磨きを行う際、テレビやスマホを見ながらの「ながら作業」で行ってしまったり、洗面台の前に立っているものの、考え事をしたりボーっとしながら行っている方は結構多いと思います。

しかし、そういった方法で行っていると、磨けている部分に偏りが生じてしまい、結果的に磨き残しが発生するわけですね。

そのため、洗面台の鏡の前で口の中をしっかり見ながら、口内をブロック分けして「右上、右下、真ん中上、真ん中下、左上、左下」といった感じで順番に磨くことが大切です。

歯の裏側もきちんと見ながら磨けるのが望ましいので、小さ目な手鏡があるとベストですね。

歯磨きは目視しながら行う事!と意識しながら歯磨きをする事で、歯磨きのクオリティは一気に上がりますよ。

ちなみに歯磨き用のコンパクトなミラーもありますので、よろしければチェックしてみて下さい。

口内を健康に保つ歯磨きの基本的なやり方、使用する道具などについては下記の記事で書いていますので、よろしければ読んでみて下さいね。

キレイで健康な歯をいつまでも保つためには”歯茎の健康”が必要不可欠です。 本記事では、歯茎の健康を保つための基本的なケアやケアグッズについて紹介していますので、よろしければ参考になさって下さい。

まとめ

今回はジェル歯磨きの本当にオススメできる3商品について口コミを併せて解説し、ジェル歯磨きのメリットや歯磨きの方法などについてもシンプルに書いてきました。

もっとたくさんの商品を紹介しても良かったのですが、たくさん紹介しても「結局どれが良いの?」と迷ってしまうかと思いましたので、最小限に絞って最有力候補ばかりを紹介する形になりましたね。

ペースト歯磨きが必ずしも悪というわけではありませんし、ジェル歯磨きが絶対的な正義ではありませんが、それぞれにメリットがありますので、今回はジェル歯磨きにフォーカスを当てさせていただきました。

初回約1,000円で試せる高品質なジェル歯磨きについて書いた記事もありますので、併せて読んでいただければ幸いです。

口臭の悩みに豊富な成分とジェルの性質で臨む「クリアラボ トゥースジェル」について、成分やメリットを始め、お得な購入方法や返品・返金に関する情報、定期コースの解約方法などについても網羅した記事となっています。口臭のお悩みを解決したい方は一度チェックしていただけたらと思います。

歯磨きは毎日行うものですので、そのクオリティを上げる事は自分自身の健康や美容に必ず繋がってきます。

口内を健康に、歯を白くキレイに保つために、ぜひオーラルケアと向き合っていただけたらと思います。

スポンサーリンク
レク大