ジェル歯磨きのメリット・デメリット+選んで間違いなしの定番商品3選

一般的に歯磨き(歯磨き粉)といえばペースト状のものが主流かと思います。

しかし、ペースト状の歯磨きには研磨剤・界面活性剤・発泡剤などを含む商品が多い為、歯や歯茎に良くない影響を与えるとも言われているわけですね。

そんな中、徐々に注目を集めているのがジェル歯磨きです。

今回は、ジェル歯磨きのメリット・デメリットを中心に、おすすめのジェル歯磨き商品や歯磨きのコツなどについて解説していきます。

ペースト歯磨きからの乗り換えを考えている方、電動歯ブラシを使用している方には特に読んでいただきたい内容となっておりますので、ぜひチェックしてみて下さい。

ジェル歯磨きのメリット

まずはジェル歯磨きのメリットを紹介していきます。

これから購入を考えている方は購入前にチェックしておきましょう。

薬用成分が豊富

歯周病を予防する成分や殺菌成分、虫歯予防に効果的なフッ素などの薬用成分が豊富に含まれているのはジェル歯磨きの最大のメリットです。

日常の歯磨きにおいて、歯垢(プラーク)を落とすことは歯磨き粉を付けていないブラシやフロス、歯間ブラシなどの器具だけでも可能と言われています。

なぜ歯磨き粉を使用するかというと、予防に効果的な成分を口内に行きわたらせるためなんですね。

その観点からいうと、薬用成分が豊富なジェル歯磨きのほうがペースト歯磨きよりは勝っていると言えるわけです。

しっかり磨ける

ジェル歯磨きはペースト歯磨きのように泡立ちません。

そのため、磨いている部分をしっかり目視することが可能で、磨き残しが起こりづらいと言えるわけです。

泡立っていないと汚れが落ちている感じがしない」と思う方もいるかもしれませんが、泡が上に乗っているだけでは汚れは落ちません。

ペースト歯磨きに含まれる発泡剤には汚れを落ちやすくしてくれる働きはありますが、ブラッシングが出来ていなければ汚れは残ったままです。

むしろ、発泡剤によって泡で口がいっぱいになってしまい、汚れを落としきる前に歯磨きを終えてしまうリスクの方が大きいとも考えられますので、「しっかり磨く」を実践するならジェル歯磨きの方が向いています。

しっかり磨けていれば必然的に歯石も付着しづらくなり、歯肉炎などの歯周病予防にも繋がりますので、口内の健康を保つ意味では成分・機能性ともにジェル歯磨きがおすすめです。

電動歯ブラシで飛び散りづらい

発泡剤が含まれているペースト歯磨きは、電動歯ブラシで使用すると周りに飛散しやすく、泡立ちやすさから歯磨きの時間が短縮されがちです。

洗面台や鏡などに白く汚れが残るのはイヤですし、せっかく高機能な電動歯ブラシを使っているのに磨き残しのリスクが上がるのは悲しいですよね。

ジェル歯磨きは液体の質感も重めなので飛び散りづらく、電動歯ブラシで使用しても泡立ちづらいです。

また、研磨剤を含んでいないため、電動歯ブラシで歯を余計に削ってしまうリスクも避けられます。

電動歯ブラシユーザーならジェル歯磨き一択と言っても過言ではありません。

ジェル歯磨きのデメリット

続いてジェル歯磨きのデメリットを紹介していきます。

購入してから「何か思っていたのと違った…」とならないように、あらかじめデメリットを頭に入れておきましょう。

着色汚れに弱い

ジェル歯磨きは研磨剤不使用ですので、コーヒーや紅茶、ワインなどの着色汚れやヤニ汚れなどを落とす能力は低めです。

口内を健康に保つ力は高いですが、汚れを擦り落とす力は研磨剤を含むペースト歯磨きの方が断然強いと言えます。

しかし、着色汚れにアプローチする成分が含まれているジェル歯磨きもありますので、着色汚れが最も気になるという方はそういった商品を視野に入れると良いでしょう。

食事内容によってペースト歯磨きと使い分けるのもアリです。

歯磨き後の爽快感・スッキリ感は弱め

口いっぱいに泡が広がり、メントール成分などを体感しやすいペースト歯磨きと比較すると、ジェル歯磨きの爽快感は弱めです。

また、研磨剤を含んでいないことで、歯磨き後の歯がキュキュっとする感じも弱めです。

価格が高め

ジェル歯磨きはペースト歯磨きと比較すると価格が高めです。

これは主に配合されている成分の多さや製造量の少なさによるものと考えられますが、歯磨き粉は日常的に使い続けるアイテムですので、ランニングコストを考えると価格の高さはデメリットと言えます。

しかし、高品質なジェル歯磨きを使用することで歯医者に行く機会が少なくなる(歯医者に掛かる費用が少なくなる)可能性を考えると、長い目で見たコスパは高いと言えるかもしれません。

ジェル歯磨きならコレ!定番3商品を紹介

ここからはジェル歯磨きのおすすめ商品を口コミの傾向とともに紹介していきます。

定番商品をピックアップしていますので、正直なところどれを買っても失敗は無いかと思います。

コンクール ジェルコートF

商品情報

内容量:90g
【特徴】
フッ素950ppm
歯石付着予防作用のあるポリリン酸ナトリウム配合

歯科専売の医薬部外品として歯科・クリニックで広く使用されている商品。

歯医者さんで勧められたり、歯医者さんの店頭で見たことがあるという方は多いのではないでしょうか。

コンクールは再石灰化作用を望めるフッ素、歯石付着を予防するポリリン酸ナトリウムを高配合し、虫歯や歯周病になりづらい口内環境を整えてくれる優秀な商品です。

マウスウォッシュ用のコンクールFと併せて使用することで、虫歯・歯周病予防効果がアップしますので、併せて使うことをおすすめします。

良い口コミの傾向

・使い始めてから歯茎の状態が良くなった。
・朝の口臭が軽減された。
・虫歯が発見される機会が少なくなった。

悪い口コミの傾向

・ヤニ除去の効果は薄い。
・研磨剤不使用のため、歯のザラザラ感が取れない。
・価格が高め

トゥービー・ホワイト(TO BE WHITE) 薬用ジェル歯磨き

商品情報

内容量:100g
【特徴】
再石灰化を促す2種類のフッ素配合

薬用成分ポリエチレングリコール4000がヤニ汚れに有効
光沢剤としてパール末を配合

ホワイトニングに力を入れている方ならコンクールよりもこちらの方が知名度が高いかもしれません。

ダブルフッ素による再石灰化作用と、ヤニ汚れにもアプローチするポリエチレングリコール4000が歯を強く白く仕上げます。

タバコを吸っている方、コーヒーや紅茶、赤ワインなど色素の強いものを口にする機会が多い方には特におすすめ出来る商品ですね。

より美白作用を高めたいという方は、ジェル歯磨きと併せてデンタルビューティーエッセンスを使用すると良いでしょう。

良い口コミの傾向

・使い始め3日でホワイトニング効果が得られた。
・味が良くデザインも良い。
・歯がなめらかに仕上がる

悪い口コミの傾向

・ホワイトニング効果が感じられなかった。
・ジェルが蓋について使いづらい。
・ステイン汚れが落ちづらい。

システマ SP-Tジェル

商品情報

内容量:85g
【特徴】

フッ素1450ppm配合
トラネキサム酸配合で出血
炎症を抑制
バイオフィルムの内部に浸透・殺菌するイソプロピルメチルフェノール配合
酢酸トコフェロール(ビタミンE)が歯肉を守る
βグリチルリチン酸が歯肉炎を抑制

歯磨き粉の定番銘柄であるデンターシステマのジェル歯磨きです。

歯科用に開発されている商品で、歯肉へのアプローチを特に強め、歯肉炎や歯周病全般の予防に効果を発揮します。

同シリーズのメディカルガーグルを併せて使用する事で、より高い効果が望めます。

ホワイトニングよりも歯茎を健康に保ちたいという方に向けた商品と言えるでしょう。

良い口コミの傾向

・口臭や歯肉炎予防に効果的。
・歯石が付着しづらくなった。
・電動歯ブラシを使っている人におすすめ。

悪い口コミの傾向

・使用上の不具合も無いが効果も感じづらい
・価格が高め。

歯磨きは鏡の前で行いましょう!

歯磨きを行う際、テレビやスマホを見ながらの「ながら作業」で行ってしまったり、洗面台の前に立っているものの、考え事をしたりボーっとしながら行っている方は結構多いと思います。

しかし、そういった方法で行っていると、磨けている部分に偏りが生じてしまい、ジェル歯磨きを使用しても磨き残しが発生しやすくなるわけですね。

そのため、洗面台の鏡の前で口の中をしっかり見ながら、口内をブロック分けして「右上、右下、真ん中上、真ん中下、左上、左下」といった感じで順番に磨くことが大切です。

歯の裏側もきちんと見ながら磨けるのが望ましいので、小さ目な手鏡があるとベストですね。

歯磨きは目視しながら行うを意識して歯磨きをする事で、歯磨きのクオリティは一気に上がりますよ。

ちなみに歯磨き用のコンパクトなミラーもありますので、よろしければチェックしてみて下さい。

口内を健康に保つ歯磨きの基本的なやり方、使用する道具などについては下記の記事で書いていますので、よろしければ読んでみて下さいね。

ジェル歯磨きは赤ちゃん・子どもの歯磨きにもおすすめ

研磨剤や界面活性剤を含まないジェル歯磨きは、歯や歯茎が未熟で粘膜も未熟な赤ちゃんや子どもにもおすすめです。

最近ではペースト歯磨きと同じようにイチゴ味などの子ども用ジェル歯磨きが販売されていますので、子どもの口内環境のために選んであげると良いでしょう。

まとめ

今回はジェル歯磨きメリット・デメリット、おすすめ商品や歯磨きの方法やコツについて解説してきました。

ペースト歯磨きがダメというわけではありませんが、口内環境の健康を考えた時にジェル歯磨きの方がメリットが多いと言えますので、健康な歯や歯茎をできるだけ長く維持したいという方は早めの乗り換えをおすすめします。

また、最新型の振動数が多い電動歯ブラシには研磨剤なしのジェル歯磨きがピッタリですので、電動歯ブラシユーザーでペースト歯磨きを使っている方にもジェル歯磨きへの乗り換えをおすすめします。

最近では文字通り歯磨き「粉」のパウダー歯磨きも注目されていますので、併せてチェックしていただけたら幸いです。

歯周病は口内だけでなく心臓や肺、大腸などにも影響を与えると言われていますので、日々のケアのクオリティを上げていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました