かかとの角質悩みを解決するおすすめアイテムとケア方法まとめ

ガサガサ・コチコチとは無縁のキレイなかかとを維持するためには普段のケアが重要です。

最近では100円ショップなどでもかかとケアグッズが販売されているため、ケア自体は手軽になったものの「何から始めたら良いの?」「どれを使えば良いの?」と疑問を持っている人も多いでしょう。

今回は、かかとケアのおすすめアイテムとケア方法について分かりやすく解説していきますので、普段のケアの参考にしてみてください。

かかとの角質ケアにおすすめのアイテム

まずはかかとの角質ケアにおすすめのアイテムを紹介していきましょう。

手に入りづらいものや高価なものはありませんので、手軽に取り入れていただけたらと思います。

フットピーリング

ガサガサかかと、コチコチかかとの救世主的な位置付けで人気を博しているのがフットピーリングです。

顔用や体用のピーリングジェルを使用したことがある人ならイメージをしやすいかと思いますが、足にピーリングジェルを馴染ませて角質を落とす画期的アイテムですね。

顔用や体用と違う点は、足をしばらく浸してから軽く擦って洗い流す方法となります。

顔などの角質と比べて、ガチガチに硬化した角質はジェルでマッサージしたくらいでは解決しませんので、角質を柔らかくする成分をしっかり浸透させる必要があるわけですね。

塗布するタイプもありますが、足がすっぽり入るビニール袋を用いるタイプの商品の方が使いやすく、「特別なケアしてる感」を味わえるのでおすすめです。

かかとの状態によっては根気を必要とする場合もありますが、1回目である程度はキレイになりますし、かかと以外の足の角質(指や指の付け根など)のガサガサ感もまとめてケアできますので、使ったことが無い方は一度試してほしいですね。

使用するペースについては週に1回程度を目安とし、注意書きなどをよく読んで使用する事が大切です。

ガチガチになってしまったかかとに対する初手としては最も効率的なアイテムです。

かかと用やすり(電動・ガラスがおすすめ)

かかとの角質ケアの定番アイテムといえば「やすり」ですよね。

画像のような取っ手付きのものは100円ショップなどでも手に入りますし、持っている方も多いのではないでしょうか。

しかし、今回おすすめするのは取っ手付きやすりよりも一歩踏み込んだ電動やすりガラスやすりです。

まず電動やすりは電気の力で角質を摩擦できますので、擦る力がいりません。

当てて動かすだけでかかとの角質ケアが出来てしまう超便利アイテムなんですね。

しかも本格的な電動やすりでも2,500円程度とリーズナブルです。

「かかとを見つめながら腕の筋肉を酷使する角質ケア」に飽き飽きしている人は早めに使いましょう。

次におすすめなのは「ガラスやすり」ですね。

ガラスやすりはコンパクト・おしゃれ・目が細かいという3拍子揃った逸品です。

コンパクトなので化粧ポーチなどにも収まりますし、ちょっとしたアクセサリーのようなおしゃれさを誇るガラスやすりもあります。

また、目が細かいので擦ったあとの仕上がりが滑らかになるのもガラスやすりの醍醐味と言えます。

価格も1,000円前後ですので、かかとの角質に悩める人であれば買って損はないアイテムと言えるでしょう。

かかとの角質ケア後は保湿が重要

かかとの角質ケアは顔の角質ケア(ピーリング)と同じです。

つまり、新しい肌の層が最も外側に露出する状態になるわけですね。

新しい肌の層はツルツルで触り心地も良いですが、とてもデリケートで刺激に弱いです。

そのため、ケアを行った後はしっかりと保湿をして、新しい肌の層を守ってあげる必要があります。

かかと用に作られている保湿クリームもありますので、そういった商品を活用してみるのも良いでしょう。

保湿成分が豊富に含まれているハンドクリームや、スキンケアに使用する美容クリームでも代用可能です。

クリーム&靴下習慣でガサガサを予防

コチコチかかとを予防するためにオススメなのが寝る前に保湿クリームをかかとに塗り、靴下を履いて寝るという方法です。

シルクなどの素材で作られた靴下が望ましく、おやすみ用靴下も数多く販売されていますので、それらの商品を取り入れるのが近道と言えるでしょう。

靴下が苦手という方はかかとに貼る保湿シートがありますので、そちらもチェックしていただけたらと思いますね。

ちなみに靴下には冷え性対策の意味合いもありますので、出来れば靴下の方が望ましいです。

まとめ

というわけで、かかとの角質ケアにおすすめのアイテムやケア方法について解説してきました。

今回紹介したアイテムを活用して、ツルツルかかとの維持に努めていただけたら幸いです。

人の肌は常に生まれ変わり続けていますので、かかとの角質ケアも一度きりで解決するものではありません。

かかとのガサガサが気になる時期は便利アイテムを活用した定期的なケアケアを続けることを心掛けましょう。

もちろんエステなどでプロのフットケアを受けに行くのも一つの手段ですが、それなりにお金も掛かりますので、とりあえずホームケアから始める事をおすすめしますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました