自粛生活のお供に!手軽に飲めるペットボトル健康茶7選

新型コロナの感染が広まり、自粛生活やテレワークを余儀なくされているという方も多いのではないでしょうか。

自宅から出ない生活を送っていても、食事は普段通りのペースで食べてしまう。

その結果として体重や体脂肪率が増えてしまうという事態に陥ってしまいます。

それを少しでも軽減するため、食生活に取り入れやすいのがペットボトルの健康茶ではないかと私は思うわけですね。

「水出しのパックの方がコスパ良くない?」という声はあるかと思いますが、私含めズボラな人たちはそのひと手間が面倒だったりしますので、ペットボトルでそのまま飲めた方が望ましい場合が多いです。

そこで今回は、ペットボトルの健康茶についてオススメ商品をピックアップしていきますので、よろしければ参考にしてみて下さい。

おすすめのペットボトル健康茶7選

コカコーラ からだすこやか茶W

《分類》
特定保健用食品
《原材料》
食物繊維(難消化性デキストリン)、ほうじ茶、烏龍茶、紅茶、ビタミンC

いわゆるトクホのお茶の中で、最も飲みやすく最も手に入りやすい健康茶がコチラではないかなと思います。

難消化性デキストリンを含み、食事と一緒に摂取する事によって脂肪の吸収を抑え、糖の吸収を穏やかにする働きが望めます。

公式ホームページの情報によると、普通のお茶と比較した時に、脂肪の吸収は約15%抑制、糖の吸収は約20%抑制できたとの事。

ほうじ茶の味がメインとなっているため渋みもマイルドで、健康茶を初めて飲むという方にもオススメです。

ノンカフェインですので、カフェインが苦手な方でも安心して飲む事が出来ます。

コカコーラ 綾鷹 特選茶

《分類》
特定保健用食品
《原材料》
食物繊維(難消化性デキストリン)、緑茶(国産)/ビタミンC

緑茶飲料でお馴染みの「綾鷹」のトクホ版商品です。

からだすこやか茶Wと同様に難消化性デキストリンを配合しており、脂肪吸収を抑える作用、糖の吸収を抑える作用が望めます。

いわゆるカテキンを強化したタイプの健康茶ではないので、味は普通の緑茶飲料の感じで、渋みで飲みづらいという事はありません。

普段から緑茶飲料を飲んでいる方の切り替え先として非常にオススメ出来る商品です。

花王 ヘルシア緑茶

《分類》
特定保健用食品
《原材料》
緑茶(国産)、茶抽出物(茶カテキン)/環状オリゴ糖、ビタミンC、香料

トクホのペットボトル健康茶のパイオニアであるヘルシア緑茶。

1本あたりに茶カテキンを540mgも含んでおり、脂肪の代謝を向上させる働き、内臓脂肪を減らす働きが望めます。

公式ホームページによると、8週間の摂取(週3のウォーキング含む)で脂肪代謝量が40%アップ、12週間の摂取で内臓脂肪の面積が9.5%減ったとの事。

食事からの吸収を抑えるのではなく、直接脂肪にアプローチしたい場合はヘルシア緑茶がオススメと言えます。

ちなみにカフェインも80mg配合されていますので、テレワーク時の眠気覚ましや集中力アップにもオススメですね。

味はかなり渋めの緑茶といった感じですので、もともと緑茶を飲み慣れていない方は抵抗があるかもしれませんが、慣れれば飲みやすい部類かと思います。

花王 ヘルシア緑茶 うまみ贅沢仕立て

《分類》
特定保健用食品
《原材料》
緑茶(国産)、茶抽出物(茶カテキン)/環状オリゴ糖、ビタミンC、香料

ヘルシア緑茶の成分をそのままに、マイルドな味に仕上げた商品です。

カテキン・カフェインともにヘルシア緑茶と同じ量が含まれており、量が350mlから500mlにアップしている商品ですので、普通の緑茶飲料の感覚で摂取したい方はコチラがオススメと言えるでしょう。

とはいえ一般的な緑茶飲料よりはやや渋い味ではありますので、ある程度の慣れは必要となります。

ペットボトル健康茶の中では大容量のサイズとなっていますので、水分補給がてらにデスクの傍らに置いて飲むのが良いかと思いますね。

花王 ヘルシア紅茶

《分類》
特定保健用食品
《原材料》
茶抽出物(茶カテキン)、エリスリトール、紅茶(ウバ50%)、環状オリゴ糖、ビタミンC、香料、甘味料(スクラロース)

ヘルシア緑茶のカテキン含有量はそのままに、紅茶の味に仕上げた商品ですね。

健康茶で紅茶というと無糖紅茶のような味を思い浮かべるかと思いますが、こちらの商品は甘味料を使用しているため、無糖ではありつつも甘みはある紅茶飲料となっています。

ヘルシア緑茶の渋み(苦味)は抑えられており、飲みやすさで言えばヘルシアシリーズでトップと言っても良いかもしれません。

カフェインは48mgとヘルシア緑茶よりは控えめです。

緑茶の渋みは苦手だけど脂肪を燃焼させたい!という方にはオススメですね。

サントリー 黒烏龍茶

《分類》
特定保健用食品
《原材料》
烏龍茶、烏龍茶抽出物、ビタミンC

健康茶の定番の1つと言って過言は無いサントリーの黒烏龍茶。

ウーロン茶重合ポリフェノール(OTPP)を多く含み、脂肪の吸収を抑制、脂肪が付きにくい体作りのサポートをしてくれます。

食事と一緒に飲む事で、飲んでいない時と比較して約2倍の脂肪排出量になるというデータもある程ですので、脂っこい食事が好きな方にはもってこいの健康茶と言えます。

烏龍茶特有の渋みが強化された感じの味ではありますが、健康茶の中ではかなり飲みやすい部類かと思います。

ウーバーイーツなどデリバリーの食事が多い方には特にオススメです。

サントリー 胡麻麦茶

《分類》
特定保健用食品
《原材料》
大麦、はと麦、ゴマ蛋白分解物(ゴマペプチド含有)、大豆、黒ゴマ、香料

ゴマペプチドを含み、血圧が高めの方に向けて作られた健康茶。

塩分の摂り過ぎや運動不足、ストレスや肥満等によって、血管を収縮させる酵素が体内で生成されるわけですが、ゴマペプチドはその酵素の生成を抑え、高めの血圧に働きかけます。

味は少し胡麻のクセがある麦茶といった感じで、健康茶の中では飲みやすい部類かと思います。

ラーメンや牛丼、ハンバーガーなど、塩分の多い食事が好きな方にオススメです。

普段お茶を飲まない人にこそオススメ

様々なジャンルの健康茶をシンプルに紹介してきましたが、これらの商品は普段ペットボトルのお茶を飲まない人、コーラなどの炭酸飲料やジュース類を飲む人にこそオススメです。

なぜなら、それまで摂っていたカロリーや糖分なども制限出来る上にトクホの有効成分の恩恵も受けられるからですね。

自粛生活などで生活様式がガラッと変わった方も多いかと思います。

「仕事中に必ずエナジードリンクを飲んでいた」
「職場で缶コーヒーを飲む習慣があった」
「通勤時にコンビニに行くとついジュースを買ってしまう」

こういった悪しき習慣が根付いてしまっている方こそ、自粛生活をキッカケに健康茶を取り入れてみてはいかがでしょうか。

肥満気味の方でしたら「お腹がへこんできたかも」くらいの実感はすぐに得られるかと思います。

いきなり水出しのお茶を作ったり、葉っぱから煮出して作るのは大変ですが、ペットボトルなら手軽に飲めますよね。

ちなみに「どうしてもお茶が苦手」という方にはキリンから機能性表示食品のレモンスカッシュが発売されていますので、そちらをオススメしておきます。

ただの炭酸水よりは美味しいので、炭酸水への置き換えで失敗した事がある方には特にオススメです。

コロナ禍の自粛生活で鬱々としてしまう気持ちもあるかと思いますが、せっかくなら健康の見直し期間として前向きに過ごしていただきたいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました