シェアする

スポンサードリンク




99%アパタイト!パウダー歯磨き「メディカルホワイト」で虫歯・口臭・着色対策!

画像は公式サイトより引用

歯磨き粉と言えばペースト状のものが定番となり、最近ではジェル状の商品もポピュラーになってきましたので、なぜ歯磨き”粉”なのか疑問に思う人も多くなっているのではないでしょうか。

ちなみに歯磨き粉の由来に関しては、原初の歯磨きが食塩やハーブ、香辛料などを使用したパウダー状のものだったことに由来します。

そして今回紹介するのも今では珍しいパウダー状の歯磨き粉ですが、成分や機能性に関しては最新鋭にして最上級と言っても過言ではないクオリティを誇っています。

今使っている歯磨きがしっくり来ていない方、より高機能な商品を探しているという方はぜひチェックしてみて下さい。

スポンサーリンク
レク大




高濃度バイオアパタイトで磨き上げる最新型の歯磨き

画像は公式サイトより引用

メディカルホワイトは研磨剤や界面活性剤、発泡剤などの成分を含まず、高濃度で配合されているバイオアパタイトで磨き上げる歯磨きです。

一般的にアパタイトを含んだ歯磨き粉は山のように存在しますが、メディカルホワイトはバイオアパタイト社による特許成分である「卵殻由来バイオアパタイト」を使用しており、そんな特許成分を惜しみなく配合しているという時点で価値の高さを分かっていただけるかと思います。

アパタイトはどういう成分?

「特許成分が高配合されている」と言われてもピンと来ない方もいますよね。

「その成分はどういう成分なの?」「効果はあるの?」という疑問は当然かと思います。

まず大前提として押さえておいてほしい知識として、歯のエナメル質の97%がアパタイトで出来ているという事ですね。

アパタイトの主な働きは
・エナメル質の細かい傷を修復する
・歯にミネラルを補給して健康な歯を保つ
・歯垢を吸着、エナメル質の隙間に入り込んだ着色汚れも吸着して取りのぞく

といった感じで、洗浄・補修・ホワイトニングを全て担ってくれます。

さらに、エナメル質との親和性も高いので、歯に余計な負担も掛けないというわけですね。

タバコやコーヒーなどによる着色汚れや口臭を改善したいという人にももってこいの成分と言えます。

メディカルホワイトは食品原料のみで作られた安心・安全な歯磨き粉

前述もしましたが、メディカルホワイトは研磨剤や界面活性剤、発泡剤などの成分を一切配合していません

それだけではなく、防腐剤や合成着色料、鉱物油や合成甘味料なども一切使用していない商品なんですね。

メイン成分である卵殻バイオアパタイトは、その名の通り「卵の殻」の成分を粉末状にしたもので、メディカルホワイト99に関しては99%が卵殻バイオアパタイトで構成されています。

「じゃあ残りの1%は?」という疑問が生じるかと思いますが、残りの1%はスッキリとした使用感を生むメントールを配合しており、こちらも植物由来の成分ですので、商品の100%が食品原料で作られていると言えるわけですね。

ちなみにメディカルホワイト80は、卵殻バイオアパタイトを80%、残りの20%をキシリトールとメントールを使用して作られており、キシリトールに関しても植物由来の甘味料ですので、こちらも100%食物原料と言えます。

つまり、極論を言ってしまえば食べても大丈夫な歯磨き粉という事になりますね。

誤って飲み込んでしまう事もありますし、唾液と共に少なからず体内に入ってしまうものですので、「全て食物原料」というのは他商品にはないメディカルホワイトならでは強みと言えるでしょう。

メディカルホワイト「99」と「80」はどう違うの?

画像は公式サイトより引用

今回紹介しているメディカルホワイトですが、メディカルホワイト99という商品とメディカルホワイト80という2種類の商品がラインナップされています。

この2つの商品がどのように違うのか、シンプルに解説しておきます。

違いその1:卵殻バイオアパタイトの含有量

これは前項でも触れましたが、最も大きな違いとして卵殻バイオアパタイトの含有量の違いがあります。

商品名で分かりやすくなっており、メディカルホワイト99は99%、メディカルホワイト80は80%の割合で卵殻バイオアパタイトを配合しています。

それ以外の成分に関しては、メディカルホワイト99はメントール、メディカルホワイト80はメントールとキシリトールが配合されています。

違いその2:価格

メディカルホワイト99とメディカルホワイト80の違いは価格にも表れています。

定価で比較しますと、メディカルホワイト99は2,100円(税別)、メディカルホワイト80は1,400円(税別)という感じで、700円ほど価格差があるわけですね。

これは単純に卵殻バイオアパタイトの使用量に関わるもので、卵殻バイオアパタイトが高級原料である所以とも言えるでしょう。

違いその3:ターゲット

メディカルホワイト99とメディカルホワイト80では、対象となるターゲット層が異なります。

それぞれのターゲット層について簡単にまとめてみましょう。

メディカルホワイト99メディカルホワイト80
最高水準のアパタイト量を配合した商品がほしいアパタイトが高濃度で含まれている商品を使ってみたい
より高いホワイトニング力や口臭・着色の除去力を求める成分はもちろんだが価格も安い方が良い
スッキリ感やツルツル感が高い方が良いある程度味がちゃんとしていて使用感が良いものが欲しい

「アパタイトの効果を最大級に感じたい、しっかりホワイトニングをしたい!」という方はメディカルホワイト99、「アパタイトもしっかり入っていて価格も安くて使いやすいものが良い!」という方はメディカルホワイト80という感じですかね。

メディカルホワイト99に関して言えば、要はアパタイトとメントールのみの粉末ですので、甘味料のキシリトールが含まれているメディカルホワイト80の方が使用感は良いと言えます。

ニーズに合わせて2つの商品がラインナップされているというのは使う側からするとありがたい話ですので、好みで選んでいただけたらと思いますね。

どうせ買うなら安く買いたい!最安値で使い始める方法は?

成分や商品ラインナップの違いなどについて解説してきましたが、新しい商品を試す上で最も重要な要素の1つとして「価格」がありますし、「せっかくなら安く試したい!」というのが消費者の真理ですよね。

ちなみにメディカルホワイトは通販専売品となっており、薬局・ドラッグストアでの取り扱いがありません

そうなるとAmazonや楽天などの大手通販サイトで比較する形になるわけですが、公式サイトでの販売も行っていますので、まずはその3つの最安値を比較してみましょう。

Amazon楽天公式サイト
メディカルホワイト801,540円1,540円1,386円
メディカルホワイト99販売なし2,310円2,079円
※価格は全て税込

メディカルホワイトのそれぞれの商品を比較したところ、公式サイトでの購入が最もお得という結果になりました。

最安値となった公式サイトでの価格ですが、定期コースの初回価格となっています。

定期コースというとあまり良いイメージを持たれていない方もいるかと思いますが、「〇回まで解約不可」というような回数縛りもありませんし、2回目以降も詰め替え商品を割安で購入し続けられますので、「使い続けたいけど毎月購入するのは面倒」ですとか「購入するのを忘れそう」という方は定期コースが断然オススメですね。

基本的には1ヵ月ごとに届くシステムとなっていますが、周期の変更なども可能ですので、非常に自由度の高いシステムと言えます。

よろしければ下記リンクから公式サイトをチェックしてみて下さいね。

【パウダー歯磨き メディカルホワイト】

気に入ったら公式サイトでのまとめ買いが最安!

画像は公式サイトより引用

初めて買う際の商品価格は公式サイトでの定期コースが最もお得という結果になりましたが、気に入って使い続けたい場合は公式サイトでのまとめ買いの方が安く手に入ります。

定期コースの場合、2回目以降は詰め替え商品での受け取りになり、メディカルホワイト80は1,040円(税別)、メディカルホワイト99は1,600円(税別)という価格になります。

しかし、公式サイトには詰め替え商品のまとめ買いシステムも存在しており、5袋+1袋の合計6袋の価格が、メディカルホワイト80は5,200円(税別・単価867円)、メディカルホワイト99は8,000円(税別・単価1,334円)となっており、単価で考えるとこちらの方が圧倒的にお得と言えます。

定期コースにも届き漏れが無いなどのメリットはありますが、本当に気に入って使い続けたいと思った時は、まとめ買いシステムを利用するのが最安値で手に入れる方法となりますね。

購入に関しては下記リンクから公式サイトをチェックしてみて下さい。

【ホワイトニングパウダー歯磨き メディカルホワイト】
スポンサーリンク
レク大