シェアする

スポンサードリンク




禁煙の最終兵器!my blu(マイブルー)で今日から禁煙始めましょう

tabako_0I9A5205_TP_V

”美容や健康の敵”と言って過言ではないタバコ。

「辞めたいけど辞められない」という方も多いのでは?

タバコを吸っている人とそうでない人では、健康法や美容法などを試した時に得られる効果が違ってきます。

なぜなら、”タバコによって破壊されてしまう成分”があったり、体内環境に悪影響を与えてしまうからなんですね。

そこでオススメしたいのが”my blu(マイブルー)”です!

私も半年前くらいまでは喫煙者でしたが、マイブルーを買ってからは禁煙に成功しています。

健康や美容のため、体の状態をベースアップするために、今回は喫煙者の方向けにマイブルーについて解説していきたいと思います。

そもそもマイブルーって何?

まずは「マイブルーって何ですか?」という点について解説していきましょう。

マイブルーは、インペリアルタバコジャパンという会社が販売している電子タバコで、タール・ニコチンはゼロ香り(フレーバー)のついた水蒸気を吸引し吐き出すアイテムと言ったところでしょうか。

VAPE(ベイプ)をご存知の方でしたら、その簡易版のような感じですかね。

”タバコ=悪”とされる原因である、タールやニコチンを一切含まず、燃焼による一酸化炭素なども一切発生させませんので、喫煙者の健康改善にはもってこいの製品なんですね。

VAPE(べイプ)と比べるとどこが違う?

・リキッドは補充ではなく交換

ベイプもマイブルーも、フレーバーのついた液体(リキッド)を蒸発させて吸うというシステムなのですが、基本的にベイプはリキッドを補充するもので、マイブルーはリキッドを交換するものとなっています。

ベイプは、本体にリキッドを入れる場所(アトマイザー)が設けられており、リキッドが少なくなった補充、フレーバーを変えたい時は内部のクリーニングなどを行う必要があるんですね。

マイブルーは、ベイプでいうアトマイザーの部分をそのまま交換して、使い切ったものは捨てます。

つまり、補充する手間もクリーニングする手間もいらないわけです。

・コイルの交換も不要

ベイプの場合、リキッドを蒸発させるための部分である”コイル”も2~3週間ほどに一度交換する必要が出てきます。

しかし、マイブルーの場合は、コイルの部分もリキッドと同様に”使い捨て”ですので、交換のタイミングなどを気にする必要がありません。

ベイプを試して辞めてしまう人の大半は、こういったメンテナンスの手間が原因かと思いますので、その点をマイブルーはクリアしているというわけですね。

マイブルーへの切り替えは「禁煙」と言って良いのか

これに関しては私も若干疑問に思う点ではありますが、インターネット上の情報などを見ますと、ニコチンやタール依存からの脱却という意味では禁煙と言って良いのではないかと思います。

また、マイブルーで発生するのは水蒸気ですので、いわゆる葉を焼いた煙ではないという面からも禁煙と言えるのではないでしょうか。

しかし、タバコを吸わない人から見ると、見た目上はタバコを吸っているのと変わりませんので、道端で吸ったり、喫煙が認められていない場所で吸うのは控えたほうが良いでしょう。

私も自宅以外では喫煙所や喫煙席でマイブルーを吸っています。

マイブルーでタバコを辞められる人のタイプ

マイブルーでタバコを”辞められる人”と”そうでない人”の違いを私なりに分析してみました。

喫煙者を大きく二つに分けますと

A.「タバコを吸っている」という雰囲気を楽しむタイプ
B.ニコチン摂取が目的で吸っているタイプ

という感じに分類され、Aの場合はマイブルーで簡単に辞められるタイプであると言えます。

私もAのタイプで、タバコの成分よりも匂いや風味などを楽しんだり、物事にひと区切りつけ、考え事をしたりするタイミングでタバコを吸っていました。

それらの行為は、全てマイブルーで賄えるものでしたので、移行がスムーズだったというわけですね。

しいて言えば、吸った時の肺にグッとくる感じは全くありませんので、そこだけ慣れが必要ですかね。

私の周りの人を見ていると、Bのタイプの人は大体移行に失敗してますので、「ニコチン補給したい!」という前提の方には最初からおすすめはしないでおきます。

自分に対しても他人に対しても、「吸わない事がストレスになるくらいなら吸ってる方がまだマシ」と考えていますので、無理に薦めたりはしません。

マイブルーの魅力は”敷居の低さ”

始める時の費用が安く、始める敷居が低いのはマイブルーの最大の魅力かと思います。

楽天では本体とリキッド1本のスターターキットが2,700円ほどで販売されています。

Amazonで最安値チェック 楽天で最安値チェック

同じ水蒸気系タバコのベイプの場合、本体とリキッド、メンテナンスグッズなどがついたセットが5,000円ほどですので、かなり割安感がありますよね。

更に、ベイプのように細かい調整機能などもありませんので、本体にフレーバーポッドをカチッとセットしたら吸い始められます。

安さとシンプルさを併せ持っているため、ホントに気軽に始められますよ。

コンビニ(ファミリーマート、ローソン)でタバコ感覚で買えるのもポイントですね。

煙(水蒸気)の量がすごい

ベイプが世の中に広まった理由の一つに”爆煙”と称される水蒸気の量があります。

その”爆煙”をそのまま体感できるのがマイブルーで、肺に来る感じはないものの、モクモクと凄まじい量の蒸気が口から出ますので、”タバコ吸ってます感”を存分に味わえます。

本物のタバコよりも見た目の煙量は多いと思います。(笑)

現在入手可能なフレーバーについて

現在マイブルーのフレーバーポッドは、合計12種類存在します。

フレーバーポッドはそれぞれ2個入りで950円ほどで販売されており、吸い方にもよりますが、タバコを2日半で1箱吸っていた私は、1週間で1箱消費する感じです。

味についての特徴やセールスポイントは、公式ホームページや他のサイトなどで山ほど書いてあると思いますので、ここでは私のリアルな感想を書いていきたいと思います。

メンソール


ストロングじゃない方のメンソールですね。

私がスターターキットを買ったときは、「とりあえずメンソールがいいかな」と思ってメンソールのセットにしました。

味を例えるならグリーンガムかフラボノあたりのガムの味です。(笑)

クセが無いので、万人に好まれるタイプの味だと思いますね。

Amazonで購入 楽天で購入

グリーンアップル


ネット評で一番人気だったのがコレですね。

味は「リンゴを齧った時の風味」です。

”グリーンアップル”の再現度は素晴らしいの一言ですね。

タバコでもフルーツフレーバーものは存在しますが、あくまで”タバコの味の付加価値”的な位置づけですので、そのフレーバーが前面に出る事はありません。

しかし、マイブルーのリキッドはタバコ成分ゼロですので、フレーバーの味がダイレクトに来るんですよね。

食後に吸うとデザート感すら感じられるほどに”リンゴ”です。(笑)

Amazonで購入 楽天で購入

タバコバニラ


自分的に最も期待度が高かったのが、この”タバコバニラ”ですね。

リアルなタバコを吸っていた時も、キャスターなどのバニラフレーバーは好きでしたので、”タバコバニラ”という文字を見せられたら期待しないわけがありません。

実際に吸ってみると、タバコ要素はほとんど無く、バニラのお香もしくはバニラの芳香剤みたいな感じでした。

うっすらタバコっぽい風味がしなくもないですが、8~9割はバニラです。

ちなみに友人に試してもらった時の感想は、「葉っぱの形した車の芳香剤のバニラみたい」との事でした。

結構濃い味なので、常喫すると飽きるかも…というのが率直な感想ですかね。

Amazonで購入 楽天で購入

アイスベリー

個人的なリサーチでは、グリーンアップルに続いてネットでの評価が高かったのがアイスベリーですね。

”アイス”というだけあって、吸い込んだときのスッとする清涼感は割と強めで、ベリーの味についてはブルーベリーの味が強いかなと思いました。

タバコでもブルーベリーフレーバーのものがありますが、あくまでタバコ要素はゼロですので、ブルーベリー味タバコをイメージして吸うと肩透かしを食う可能性が高いです。

味のイメージとしては、紫のパッケージのキシリトールガムがニュアンス的に最も近いですかね。

Amazonで購入 楽天で購入

タバコ味

単刀直入に言いますと、まずいです。

「何のタバコをモチーフに仕上げたらこの風味になるのだろう?」という疑問を感じざるを得ない代物ですね。

ポジティブに捉えるのであれば、洋酒っぽいチョコレート風味と言ったところでしょうか。

率直な味の感想は、幼少期に飼っていたカブトムシの虫かごのおがくずの匂い(甘酸っぱい匂い)に、焦げた匂いをプラスした感じです。

焦げ臭い酸っぱい風味がしばらく後味として残るため、不快感高めでしたね。

仮にこれが”タバコの代表的なニオイ”だとして、喫煙者時代にこのニオイを周囲に撒き散らしていたとしたら申し訳ない気持ちすら感じます。

マイブルーを吸わない事も含めた”本気の禁煙”を実現させてくれるのは、ある意味このタバコ味なのかもしれませんね…。

何回か吸って気分が悪くなったので、2つ入ってるリキッドのうち1つは未開封のまま廃棄処分となりました。

Amazonで購入 楽天で購入

アイスミント

ネット評では”クセのある味”といった評価が多かったので、 「タバコ味に続いてハズレ引いたらイヤだなぁ…」という気持ちで買ったのがこのアイスミント味です。

たしかに吸った時のファーストインパクトにかなりクセがあり、ニュアンスとしては石鹸の香りに近いようなフレーバーが口の中に広がります。

”アイス”と冠するだけあって清涼感を感じさせるイメージで作られたフレーバーだと思いきや、石鹸風味のおかげであまり清涼感は無いという仕上がり。

慣れてくると桜餅の葉っぱのような後味を感じられ、”アイスミント”という概念に捕らわれない不思議な味でした。

”アイスミント=ハッカ”というイメージで買うと失敗するので、あまり期待をせず「もしかしたら好みに合うかもな~」くらいのチャレンジ精神を持って買うと良いのかもしれません。

Amazonで購入 楽天で購入

チェリークラッシュ

久しぶりのフルーツフレーバーという事で、ちょっと期待して購入したチェリークラッシュ味。

タバコ味、アイスミント味となかなかの曲者たちを捌いてきた後なので、期待値も高めでした。

結果から言うと「美味しくない」です。(笑)

公式ページの情報では”華やかでジューシーな香り”とか”パンチのある甘酸っぱさが魅力”といった謳い文句が書かれていますが、合っているとすれば”パンチがある”という箇所くらいでしょうか。

味のニュアンスとしては、杏仁豆腐やドクターペッパーあたりの風味に近いですかね。

私が杏仁豆腐やドクターペッパーが苦手なので、そのせいで「美味しくない」と感じるのかもしれません。

「杏仁豆腐とマジックペンの匂いが似てる」という説がありますが、それを立証するかのように、このチェリークラッシュ味も後味がマジックペンに近しいものがあります。

私と同じような趣向の方にはオススメ出来ませんが、ああいうケミカルな感じの味が好きな人にはハマるのかもしれないので、試してみると良いかもしれませんね。

ネットを見てみますと、「爽やかな味」とか「最初はチェリー味が美味しいからオススメ!」みたいに書いている記事をいくつか拝見しましたが、「それホントに吸って書いてます?」と書いた人を小一時間ほど問い詰めたくなる味でした。

Amazonで購入 楽天で購入

ストロングメンソール

タバコで例えるなら、フィルターにボールが入っている現代的なメンソールといった感じでしょうか。

喉のひんやり感がとても強くて、「こっちがアイスミントでは?」と思うほどです。(ちなみにアイスミントは殆どひんやり感はありません)

普通のメンソールはグリーンガムやフラボノの味に似てると表現しましたが、こちらはブラックガムの味に近いかなと思いますね。

メンソールのタバコを常喫しているなら、マイブルーではこのポッドが一番良いかもしれません。

タバコの”喉にくる感じ”もメンソール感の強さで疑似的に味わえますし、1~5ミリくらいのタバコを吸っている方ならスムーズに移行出来るかなと思います。

味だけを求めるのであればグリーンアップルの方が美味しいですが、シンプルに”メンソールタバコの代用品”としてはストロングメンソールがベストですね。

Amazonで購入 楽天で購入

カフェラテ

パックのコーヒー牛乳、昔あったコーヒーガムやコーヒー飴系の甘いフレーバーです。

水蒸気を吸っているだけなのに虫歯になりそうなくらい甘いです。(笑)

タバコバニラ味がややタバコっぽい甘さだとすると、カフェラテはお菓子の甘さといったところでしょう。

なので、お菓子や食後のデザート的な要素を求めているのであればジャストフィットかなと思いますね。

まろやかで香ばしく、口当たりがかなり濃厚なので、元々甘い系のタバコ(キャスター~ブラックデビルあたり)を吸っていた人にとっては禁煙のチャンスとなるフレーバーと言えるのではないでしょうか。

タバコの批評で「チョコの香りが~」とか「甘めのタバコ」というようなワードを鵜呑みにし、実際吸ってみると「全然甘くないじゃん!」とがっかりした経験があるのは筆者だけではないと思いますが、”本気で甘いタバコ(のようなもの)”を求めているのであれば、カフェラテ味を選んで間違いないでしょう。

Amazonで購入 楽天で購入

マンゴーアプリコット

吸った瞬間マンゴーの味が広がる甘めのフレーバーです。

味の雰囲気は野菜生活100の黄色にすごく似ています。

結構な濃厚さと甘さですので、メンソール系のさっぱりした味を求めている人には合わないかもしれませんが、フルーツ系の甘い味が好きな人にはハマるかと思いますね。

同じフルーツフレーバーのグリーンアップルやアイスベリー、チェリークラッシュと比較すると格段に濃厚で、満足感も高いため、吸う回数は少なめに抑えられます。

美味しいですがタバコ感は全くないので、タバコから移行した1個目のフレーバーとしては不向きかもしれません。

Amazonで購入 楽天で購入

※以下のフレーバーは現在調査中のため随時更新予定※

パイナップル

Amazonで購入 楽天で購入

スースーレモン

Amazonで購入 楽天で購入

まとめ

喫煙者にとっての”禁煙最終兵器”と言っても過言ではないマイブルーについて解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。

冒頭でも書きましたが、健康や美容を意識するのであれば、まずはマイナスポイントにしかなっていないタバコを控えるべきです。

ニコチンを含む電子タバコもありますが、どうせならニコチンも断つ方が後々のためですので、べイプやマイブルーをおすすめします。

私個人に関しては、自分でも驚くほどスムーズにマイブルーに移行できましたので、きっと同じように移行できる人は多いはずです。

そのうちマイブルーも手放せるようになれば最高ですが、まずは禁煙に向けて一歩前進してみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク




シェアする

フォローする