スポンサーリンク

禁煙成功者が語る!「これを見たら禁煙したくなる」6つのメリット

「タバコは大人の象徴!」という時代もありましたが、最近では喫煙者がマイノリティになっています。

価格も上がり、吸える場所も限られ、箱のデザインは注意書きでダサくなり…

そろそろ本気で禁煙したい!」と思っている方は多いことでしょう。

とはいえ「禁煙したい!」だけではなかなか止められないのがタバコの怖いところ。

そこで今回は、禁煙成功者である私がタバコを止めて感じたリアルなメリットを中心に紹介していきます。

言葉を選ばずに書くと「こんなにメリットが多いのに止めないとかアホなの?」と言えるレベルですので、禁煙を失敗してきた方や難航している方は今一度肝に銘じる意味で読んでいただけたらと思います。

これを見たら禁煙したくなるリアルなメリット○選

お金がめっちゃ浮く

まずは何を差し置いてもこれですよね。

タバコを買わないだけでめちゃくちゃお金が浮きます。

私が吸っていた時は2~3日で1箱というペースでしたが、知り合いの中には1日1箱、多い人だと1日2箱弱という猛者もいました。

仮に1日1箱と仮定すると、現在のタバコの価格が1箱500円前後ですので、1ヵ月で約15,000円という計算になります。

年間18万円ものお金をタバコに使っているとしたら結構な衝撃ですよね。

ちなみに私のペースでも現在だと年間9万円ほどですので、人によっては家賃1か月分くらいの金額が浮くという形となります。

住民税や保険料、光熱費などの費用(固定費だと分かりやすい)に換算して「タバコを止めたら○か月分払わなくて良くなる!」と実感する事で、禁煙への道のりは一気に近くなると言えるでしょう。

時間もめっちゃ浮く

タバコを吸っている時間の合計を冷静に考えてみた事はありますか?

1本約5分として1日1箱とすると、1日あたり1時間40分もの時間をタバコに費やしています

タバコを吸う人の言い分として
「タバコを吸っている時間で考え事をしている」
「1人で考える時間が欲しくてタバコを吸っている」

みたいなものがありますが、禁煙した身からするとタバコが無くても全然考えられますし、いちいちタバコを吸うスポットに移動する時間がもったいないです。

その時間を使って他の事をした方が自分に取ってプラスになると思いませんか?

喫煙をしながら出来る事
喫煙をしていない状態で出来る事

この2点ですと、「場所の制約がない」という観点から喫煙をしていない状態で出来る事の方が確実に幅が広くなります

年間で考えるとかなりの時間になりますので、人生の限られた時間を使う事柄として「タバコを吸う」がどれだけ有用かを今一度考えていただけたらと思います。

喫煙所探しの手間が不要

喫煙者の習性として「新しい場所に行くとまず喫煙所をチェックする」というものがあります。

初めて行く土地(主に駅近辺)
ショッピング施設
アミューズメント施設
…などなど、フロアマップ等を見て喫煙所をチェックした経験は少なからずあるのではないでしょうか。

また、飲み会やデートで飲食店を決める際、食べログなどのサイトで「喫煙可」の文字をチェックしていませんか?

禁煙すればそんな手間は一切不要になります。

最近では全面禁煙の施設も多いですし、飲食店も禁煙可のお店を探すとなると幅が一気に狭まります。

人生における「楽しみの可能性」を喫煙習慣によって減らしている事に気付き、早いとこ禁煙に踏み切りましょう。

タバコが売っている店を探す(覚える)必要なし

普段行かない土地に行った時、タバコが売っている場所を探してコンビニを数件回るという経験はありませんか?

特にマイナー銘柄を吸っている人は、タバコ取り扱い店舗でも置いておらず、さらにお店を探すor妥協して違う銘柄を買うという選択肢を強いられる経験をされてきたと思います。(私が一時期吸っていたウィンストン・フィルターも置いていないお店が多かったです…)

しかし、禁煙をすればこういった謎の呪縛からも解き放たれるわけですね。

タバコを買うためのコンビニ巡り
これめちゃくちゃ無駄だと思いませんか?

タバコを吸っていなければ、「ちょっと飲み物でも買うか」と最寄りのコンビニに足を運ぶだけで満足出来るわけですし、タバコを扱っているお店を覚えておく必要もありません。

喫煙者である事によって「本来する必要のない無駄な行動・記憶」が増えてしまう事は火を見るよりも明らかというものです。

「くさい」と思われるリスク激減

これは私が禁煙して気付いたことなのですが、10メートルくらい離れた場所でタバコを吸っていてもニオイは届いてきますし、吸っている本人が思っている以上に臭いです

そして、タバコを吸った後の人と喋るのも臭いです

さらに、タバコを吸っている人の持ち物も臭いです

普段タバコを持っている指も臭いです

部屋も臭いです

私が禁煙後に実感しただけでこれだけの「くさい」がありますので、相手(特にタバコを吸わない人)に与える悪印象は計り知れないものと言えるでしょう。

特にお子さんがいる人の場合、将来的に子どもから「くさい人」認定される事は必至です。

タバコを止めるだけでこのリスクから逃れられると思えば禁煙も捗りますよね。

友達・恋人・家族との不仲リスクも減少

これは相手がタバコを吸わない人という前提の話ですが、
例えば恋人とデートの際に「ちょっとタバコ吸ってくるわ」とあなたが1人で喫煙所に行った時、相手はどう思っているでしょうか。

たまの1回なら良いかもしれませんが、喫煙は常態的なものですし、関係が長くなればなるほどその鬱憤は溜まっていくものです。

タバコを吸わない側からすると、定期的に5~10分程待たされる上にタバコ臭くなって帰ってくるわけですから良いイメージを持たれるわけがありません。

タバコ以外で不満を持たれていたとしても、最も目に付きやすいタバコが引き金になるケースだって考えられます。

タバコを吸う事によってわざわざリスクを取りに行っている形ですので、一度相手の立場になって考えてみると禁煙が捗るかと思いますね。

まとめ

というわけで、私の経験から感じた禁煙のメリットを書いてきましたがいかがでしたでしょうか。

一般的に言われている
美肌の敵!
健康に良くない!

といった記事は見飽きているかと思いますので、禁煙成功者である私の経験ベースのメリットをつらつらと書いてみました。

喫煙する事によって発生する無駄な行動
それによって発生する無駄な費用や時間
自分以外への悪印象

この3点を冷静に考えると、「タバコを吸っている事がいかにアホらしいか」という事が分かってくるかと思います。

これから更なる値上げも行われていくでしょうし、タバコなどに経済面を圧迫されるのは嫌ですよね。

禁煙するとタバコの値上げニュースも気にならなくなりますよ

「タバコを吸っている姿がカッコいい!」なんて思われるのはごく一部の芸能人くらいですし、画面や画像越しではニオイが伝わってこないからです。

9割9分9厘の人間はカッコ悪くて臭いだけです。
まずは自覚して下さい。

私は自力で止めましたが、どうしても自力で止められないという方は早めに禁煙外来にでも行ってみると良いでしょう。

また、最近は禁煙向けアイテムも充実していますので、そういったものを活用するのも1つの手段ですね。

行動しないと始まりませんので、まずは禁煙スタートに踏み切りましょう。

失敗したら全額返金キャンペーン・禁煙サポートフェア【離煙パイプ】

コメント

タイトルとURLをコピーしました