シェアする

スポンサードリンク




オリーブオイルの美容効果とスキンケア活用法を徹底解説

オリーブオイルオリーブオイルが美容に効果的というのは、今や周知の事実ですよね。

しかし、「何となく良さそうな気がするから」という理由でオリーブオイルを使用している方も多いのではないでしょうか。

今回は、”オリーブオイルがなぜ美容に良いのか”という点に着目し、成分の詳細だけではなく、オリーブオイルを使うべき人とそうでない人の違い、オリーブオイルを使用したおすすめ化粧品などについても紹介していきたいと思います。

敏感肌のお悩みに!日本オリーブのオリーブ化粧品

オリーブオイルに含まれる美容成分

まずはオリーブオイルに含まれる美容成分について解説していきましょう。

オレイン酸

オレイン酸は、”不飽和脂肪酸”と呼ばれる脂肪酸の一種で、人間の皮脂に最も多く含まれている脂肪酸です。

そのため、お肌との親和性も高く、保湿成分としての役割を果たしてくれます。

年齢と共に皮脂の分泌量は減少してしまうため、それを補うために有効な成分と言えるでしょう。

リノール酸

オレイン酸と同様に不飽和脂肪酸の一種ですが、オレイン酸は体内で合成可能な成分であるのに対し、リノール酸は体内で合成する事が不可能な”必須脂肪酸”に分類され、外から摂取する必要があります。

高い保湿効果によって肌の水分が外に蒸発してしまうのを防ぎ、”抗炎症作用”によってニキビなどを防ぎ、シミなどの原因となるメラニンの生成を抑制する”抗メラニン作用”も持ち合わせているという多芸な脂肪酸です。

昨今ではアンチエイジングの分野でも非常に注目されており、老化防止において非常に有効な成分であると言えます。

ビタミンA

ビタミンAはお肌のターンオーバー(新陳代謝)を促す作用があるとされており、年齢が若い人ほど肌の内部にビタミンAを多く持っています。

しかし、紫外線などの影響によって年々減少してしまい、年齢と共にターンオーバーも遅くなってしまうわけですね。

ターンオーバーが遅くなってしまうと、新しい皮膚の層の代謝が行われづらくなり、結果的にシワやたるみなどの原因となります。

減ってしまったビタミンAを外から補充してあげる事で、そういった肌トラブルに対するリスクの軽減に繋がり、いつまでもハリのあるお肌をキープ出来るというわけですね。

お肌の生まれ変わりのサイクルが早くなる事で乾燥もしづらくなりますので、乾燥予防としても効果的な成分です。

ビタミンE

ビタミンEには毛細血管を拡張する作用があり、お肌の血行改善に非常に効果的です。

血行が悪いとお肌が青白く見えてしまったり、血流の滞りによる肌荒れなども引き起こしやすくなってしまいますので、健康的なお肌を保つために重要な役割を果たしているんですね。

また、血行改善によって新陳代謝も高まりますので、お肌のターンオーバーにも密接な関わりがあると言えるでしょう。

血行改善だけではなく、細胞の酸化を防ぐ”抗酸化作用”も持ち合わせていますので、細胞が参加する事によって引き起こされる老化現象を防ぎ、若々しいお肌を保つ事にも役立ちます。

ビタミンはそれぞれ単体で摂取するのではなく、ビタミンB群やビタミンCなども含めてバランス良く摂取する事で、お肌に対してより高い効果を発揮します。

ポリフェノール

ポリフェノールと一言に言っても種類は様々で、アントシアニン、カカオポリフェノール、カテキン、ルチンなどもポリフェノールの一種です。

オリーブオイルには”オレウロペイン”というポリフェノールが含まれており、ポリフェノールの中でも高い抗酸化作用を持っています。

抗酸化作用だけではなく、抗メラニン作用も持っており、更にはお肌の内部でコラーゲンの生成を促進してくれる作用も持っていますので、アンチエイジングには欠かせない成分であると言えるでしょう。

スクワラン

スクワランには動物性と植物性があり、オリーブオイルに含まれている成分は植物性スクラワンに分類され、化粧品などに利用される際は、成分の安定性を高めた”スクワレン”に加工されて使用されます。

原料⇒スクワラン
加工後⇒スクワレン

という感じで認識しておけば良いかと思いますね。

高い保湿力を持っており、お肌の角質層(表面部分)に浸透する性質を持っているため、長時間の保湿効果を生み出す事が特徴です。

保湿だけではなく、皮脂膜そのものを強化する性質もあり、ほこりや菌などの外部からの刺激を受けづらくなる点もスクワランならではの効果と言えます。

オリーブオイルが合う人、合わない人の違い

お肌の質は、大きく分けて”乾燥肌・混合肌・脂性肌(オイリー肌)”の3つに分類され、オリーブオイルによるスキンケアに対する向き不向きが存在します。

まず大前提として、オリーブオイルなどオイルによるスキンケアは、”皮脂を補う”ために必要なケアという事を念頭に置きましょう。

つまり、乾燥肌の人には向いていると考えられ、混合肌の場合は乾燥している部分に有効なケアという事になります。

脂性肌の人の場合、元々皮脂量が多い肌質ですので、過剰な油分によってベタつきを起こす可能性が高いため、あまりおすすめは出来ません。

過剰な皮脂量は肌トラブルの原因にもなりますので、オリーブオイルをスキンケアに取り入れる前に、自分自身の肌質をきちんと見極める必要があります。

オリーブオイルを使用したスキンケア方法

オリーブオイルの成分や向き不向きなどを把握したところで、実際にオリーブオイルをスキンケアに取り入れる方法を解説していきます。

スキンケアに使用する際は、美容のために精製されたオリーブオイルを使用する事が大切ですので、これから挙げる方法を試す際に、キッチンから食用のオリーブオイルを持ってきて使用するのはお控え下さい。

クレンジング

クレンジングオイルを使用したクレンジングが非常にメジャーではありますが、市販の一般的なクレンジングオイルと比較すると、天然成分であるオリーブオイルの方が肌への負担が少なく、高い保湿効果が得られるとされています。

方法としては、10円玉サイズ程のオリーブオイルを手に取り、少し手の平で温めてから目元などのメイクが濃い部分に馴染ませます。

その後、新たにオリーブオイルを適量手に取り、顔全体に馴染ませていきます。

ゴシゴシと擦らず、マッサージをするように馴染ませる事が大切です。

全体に馴染ませたら、コットンや蒸しタオル、ティッシュなどで軽く拭き取り、泡立てた洗顔料で洗顔に移りましょう。

クレンジングの時点で洗い流さない所がポイントですね。

また、お風呂上がりなど、お肌の毛穴が開いている時には、小鼻をオリーブオイルでマッサージしてあげることによって、角栓除去の効果も得られますので、併せて覚えておきましょう。

洗顔

洗顔にもオリーブオイルを活用する事が出来ます。

クレンジングとは違い、オリーブオイルをメインで使用するわけではありませんが、泡立てた洗顔料にオリーブオイルを数滴(1~2滴ほど)垂らし、更に泡立てて洗顔を行ないます。

オリーブオイルをプラスする事によって、洗い流した後のつっぱりが無くなり、しっとりとした洗い上がりを実感出来るおすすめの方法です。

洗顔後のケア

化粧水などでケアを行う前に、オリーブオイルでひと手間加える事で、乾燥する季節などでもしっとりとしたお肌を保つ事が可能です。

オリーブオイルを手の平に数滴取り、両手で手の平全体に馴染ませたあと、顔全体を覆うようにハンドプレスを行ないます。

約10秒ほど馴染ませたら、普段の化粧水などのケアに進みましょう。

顔全体を温めるようにして馴染ませるのがポイントですね。

また、乳液や美容クリームなどに数滴垂らして使用するのもおすすめですので、乾燥肌の人には是非試していただきたいです。

パック

乾燥が特にひどい時にはオリーブオイルによるパックもおすすめです。

オリーブオイルパックは非常に簡単で、顔全体に塗布できる量(500円玉サイズくらい)のオリーブオイルを手に取り、顔全体に馴染ませ、3~5分程置いて拭き取るだけで完了します。

手間としては、シートマスクを使用するのと大差ない手軽さですので、真冬の時期などには特に試していただきたいですね。

おすすめのオリーブオイル化粧品

美容向けのオリーブオイルと言われても、「じゃあ何を使ったらいいの?」という方もいらっしゃるかと思います。

そこで今回は、おすすめの美容向けオリーブオイルとして、【オリーブマノン 化粧用オリーブオイル】 を紹介します。

薬局などで、オリーブオイルを含んだ化粧品を入手する事は可能ですが、そういった製品にはオリーブオイルの成分だけでなく、保存料や界面活性剤などの添加物も含まれている事がほとんどです。

しかし、こちらの化粧用オリーブオイルは、そういった成分を一切含んでいない無添加で作られており、まさに”美容のために精製されたオリーブオイル”なんですね。

例えば、オリーブオイル入り洗顔料などの場合は、洗顔のみが用途となっており、それを使ってパックをする事は出来ませんし、美容液として使う事も出来ませんが、オリーブマノンの化粧用オリーブオイルは、シンプルに”オイルのみ”ですので、今回紹介したスキンケアの全てに活用可能で、ヘアケアやボディケアなどにも利用可能です。

全てのケアに活用出来るわけですので、普段使いの化粧品やボディケア、ヘアケア用品などにプラスアルファの要素として手元に置いておいて損はないかと思います。

特に乾燥が気になる方にとってはマストアイテムであるとも言えるでしょう。

食用のオリーブオイルは手に入りやすいですが、美容向けのオリーブオイルのみの製品というのは意外と手に入りづらいものですし、約70年ものロングセラーを誇る製品ですので、品質・信頼性共におすすめするに値する製品です。

製造も日本製で、200mlで約4,000円という価格も通販だからこそ実現出来る価格となっています。

市販品で同クラスの製品となると、人件費などの兼ね合いで6,000円くらいにはなってしまうかと思いますので、コスパも決して悪くはないと言えるでしょう。

美容向けのオリーブオイル選びで迷われた際は、候補に入れていただけたら幸いです。

「化粧水だけで良い」という方には、無添加で作られたオリーブオイル化粧水の【オリーブドロップ モイスチュアローション】 も同社から販売されていますので、併せてチェックしていただけたらと思います。

こちらは1本当たり1,300円弱とリーズナブルな価格ですので、お試しという意味では手を出しやすいかもしれませんね。

オリーブオイルの成分について、知っているのと知らないのでは、実際に使用した際の実感や体感も違ってきますので、オリーブオイルをきちんと理解した上で日頃のスキンケアに役立てていただければと思います。

スポンサードリンク




スポンサーリンク
レク大




シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レク大