オルビスの化粧水はどれがオススメ?成分・口コミで比較してみた

オルビスの化粧水を試してみたいけど、どれも良さそうだしどれを買ったら良いんだろう…

そんなお悩みに応えるべく、オルビスから発売されている化粧水9品を成分・口コミで比較し、どういう人にどのタイプが合っているのかという点を探ってみたいと思います。

「とりあえずオルビスの商品を使い始めてみたい」という方へのおすすめ商品の紹介も書いていますので、よろしければ最後までお読み下さいませ。

オルビスの化粧水(全9種)の成分・口コミを紹介

オルビスユー ローション

出典:オルビス公式サイト

全成分と特長

水、BG、グリセリン、ジグリセリン、プロパンジオール、PPG-24グリセレス-24、ヤグルマギク花エキス、モモ葉エキス、アマモエキス、シナノキエキス、PEG-75、グリコシルトレハロース、加水分解水添デンプン、PEG-400、(エイコサン二酸/テトラデカン二酸)ポリグリセリル-10、キサンタンガム、カルボマー、水酸化K、フェノキシエタノール、メチルパラベン

https://www.orbis.co.jp/small/11010302/?adid=skincareitem_lotion

ベストコスメ70冠受賞という驚異の受賞歴を誇る「オルビスのフラッグシップモデル」とも言える超人気商品。

角層内の水分の通り道を整え、肌細胞を水分で満たす事によって肌本来のポテンシャルを活かすキーポリンブースター(ヤグルマギク花エキス・アマモエキス・モモ葉エキス)という成分を配合し、「与えるエイジングケアに終止符を」というコンセプトに相応しい商品となっています。

PEG-75、プロパンジオールといった保湿成分がテクスチャにとろみを持たせ、しっかり肌に留まって保湿してくれる事もポイントと言えるでしょう。

▼オルビスユーのトライアルセットはコチラ

オルビスユー

口コミ

オルビスユードット ローション

出典:オルビス公式サイト

全成分と特長

【有効成分】トラネキサム酸 【その他の成分】水、濃グリセリン、BG、イソプレングリコール、ソルビット液、スイカズラエキス、メマツヨイグサ抽出液、シクロヘキサンジカルボン酸ビスエトキシジグリコール、ジグリセリン、ポリオキシブチレンポリオキシエチレンポリオキシプロピレングリセリルエーテル(3B.O.)(8E.O.)(5P.O.)、PEG(80)、クエン酸、クエン酸Na、アルギン酸Na、キサンタンガム、フェノキシエタノール、メチルパラベン

https://www.orbis.co.jp/small/11010512/?adid=skincareitem_lotion

2020年に発売され、同年の下半期ベストコスメに輝いたエイジングケア化粧水です。

有効成分としてトラネキサム酸を配合し、シミやくすみの原因となるメラニン色素の生成・沈着を抑制する効果が望めます。

角層を水分や油分で満たし、ハリ・ツヤを与えるGLルートブースター(スイカズラエキス・メマツヨイグサエキス)もポイントで、うるおいが失われがちな年齢肌の悩みにしっかりアプローチします。

オルビスの化粧水ラインナップの中では最高峰のとろみを持つテクスチャも高い保湿作用を生み出す一因と言えるでしょう。

▼オルビスユードットのトライアルセットはコチラ▼

オルビス史上最高峰エイジングケア【初回送料無料】

口コミ

オルビスユーホワイト ローション

出典:オルビス公式サイト

全成分と特長

【有効成分】アルブチン 【その他の成分】水、BG、グリセリン、ペンチレングリコール、エクトイン、ベニバナエキス-1、PEG(80)、1,3-プロパンジオール、濃グリセリン、(エイコサン二酸/テトラデカン二酸)デカグリセリル液、POE(24)POP(24)グリセリルエーテル、キサンタンガム、クエン酸、クエン酸Na、フェノキシエタノール、メチルパラベン

https://www.orbis.co.jp/skincare/lotion/?adid=mega_skincare

シリーズ累計386万個もの売り上げを誇るオルビスの美白ラインの化粧水です。

メラニンの生成を抑える有効成分アルブチンを配合するだけでなく、ベニバナエキスも併せて配合する事により、メラニンを溜め込むメラニンメタボの状態を防ぎ、シミ・くすみへのアプローチを強めます

また、低下した肌のバリア機能を保湿で補うW.Hアミノシールドによって、これから出来るシミ・くすみ対策もしっかり行えます。

口コミ

オルビスユーアンコール ローション

出典:オルビス公式サイト

全成分と特長

水、BG、グリセリン、PEG-20、ジグリセリン、(メタクリル酸メトキシPEG-23/ジイソステアリン酸メタクリル酸グリセリル)コポリマー、酵母エキス、乳酸桿菌/ハイビスカス花発酵液、加水分解コラーゲン、ソルビトール、キサンタンガム、クエン酸Na、クエン酸、フェノキシエタノール、メチルパラベン

https://www.orbis.co.jp/small/11010502/?adid=skincareitem_lotion

大人肌が本当に満足できるスキンケア」というキャッチコピーにもあるように、年齢と共に失われる”ハリ”に最もフォーカスを当てた化粧水。

浸透型コラーゲン(加水分解コラーゲン)とDNAヒビスエキスという2種類の保湿成分を配合しており、角層の隅々までうるおいで満たす事によって肌にハリを与えるという仕様となっています。

また、水でも油でもない独自の高保湿成分であるイーブンワテロイルの配合により、オルビスユードット ローションと並ぶ最高峰のとろみを持つテクスチャを実現し、濃密なうるおい感とベタつかない使用感の両立を可能にした意欲作です。

口コミ

オルビスアクア ローション

出典:オルビス公式サイト

全成分と特長

オルビスアクア ローションM(保湿タイプ)
水、BG、ペンチレングリコール、ジグリセリン、DPG、エトキシジグリコール、エリスリトール、グリセレス-26、ベタイン、メチルグルセス-10、ムラサキシキブ果実エキス、ワイルドタイムエキス、加水分解イネ葉エキス、キサンタンガム、ポリクオタニウム-61、カルボマー、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、ユズ果実エキス、ダマスクバラ花エキス、エチルヘキシルグリセリン、チューベロース多糖体、グリセリン、メチルグルセス-20、クエン酸Na、クエン酸、ペンテト酸5Na、フェノキシエタノール

オルビスアクア ローションRM(高保湿タイプ)
水、BG、グリセレス-26、ペンチレングリコール、ベタイン、PEG/PPG/ポリブチレングリコール-8/5/3グリセリン、エリスリトール、ムラサキシキブ果実エキス、ワイルドタイムエキス、加水分解イネ葉エキス、キサンタンガム、ポリクオタニウム-61、カルボマー、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、ユズ果実エキス、ダマスクバラ花エキス、ジグリセリン、メチルグルセス-20、エチルヘキシルグリセリン、グリセリン、スクロース、メチルグルセス-10、ヒドロキシエチルウレア、ペンテト酸5Na、水酸化K、エトキシジグリコール、フェノキシエタノール

https://www.orbis.co.jp/small/11010592/?adid=skincareitem_lotion

2020年10月に発売され、約3か月間でシリーズ累計12万個の販売実績を持つ人気商品です。

オルビスのラインナップの中でも特に”乾燥”に着目したシリーズで、「うるおいの再起動」をテーマに独自の保湿成分を豊富に配合しています。

ムラサキシキブ果実エキス・ワイルドタイムエキス・イネ葉エキスからなるアクアリッチブースターによって、乾燥スパイラルに陥りにくい肌質に整え、肌本来のうるおう力にもアプローチします。

保湿タイプ・高保湿タイプの2種類から選べることも特徴的で、乾燥の度合いやテクスチャの質感の好みで選択可能です。

▼オルビスアクアのトライアルセットはコチラ

乾燥原因にアプローチ!うるおい凝縮スキンケア

口コミ

オルビスクリア ローション

出典:オルビス公式サイト

全成分と特長

オルビスクリア ローション L(さっぱりタイプ)
【有効成分】グリチルリチン酸2K 【その他の成分】水、エタノール、グリセリン、BG、シコニン、ヨクイニンエキス、コラーゲン・トリペプチド F、POE(24)POP(24)グリセリルエーテル、ローズマリーエキス、クエン酸Na、クエン酸、フェノキシエタノール、メチルパラベン、ジエチレントリアミン5酢酸5Na液

オルビスクリア ローション M(しっとりタイプ)
【有効成分】グリチルリチン酸2K 【その他の成分】水、エタノール、BG、グリセリン、ソルビット液、POE(24)POP(24)グリセリルエーテル、シコニン、ヨクイニンエキス、コラーゲン・トリペプチド F、ローズマリーエキス、キサンタンガム、クエン酸Na、クエン酸、ジエチレントリアミン5酢酸5Na液、フェノキシエタノール、メチルパラベン

https://www.orbis.co.jp/small/11011002/?adid=skincareitem_lotion

1990年からロングセラーで売れ続け、シリーズ累計販売数4700万個を誇る超人気商品です。

肌荒れ防止有効成分とも呼ばれるグリチルリチン酸ジカリウム、肌を整えバリア機能を正常化させる紫根エキスという2種類の和漢成分で繰り返しニキビにアプローチする仕様になっています。

また、浸透型コラーゲンハトムギエキスといった潤い成分も配合しており、ニキビの原因であるアクネ菌によるダメージから肌を守ります

テクスチャーのタイプを「さっぱり」「しっとり」の2種類から選べます

▼オルビスクリアのトライアルセットはコチラ

コチラ

口コミ

オルビスアクアフォース ローション

出典:オルビス公式サイト

全成分と特長

オルビスアクアフォース ローション L(さっぱりタイプ)
水、BG、グリセリン、ソルビトール、エタノール、糖脂質、褐藻エキス、アラニン、グリシン、セリン、グリチルリチン酸2K、(エイコサン二酸/テトラデカン二酸)ポリグリセリル-10、ジグリセリン、水酸化K、フェノキシエタノール、メチルパラベン

オルビスアクアフォース ローション M(しっとりタイプ)
水、BG、グリセリン、DPG、ソルビトール、糖脂質、褐藻エキス、アラニン、グリシン、セリン、グリチルリチン酸2K、(エイコサン二酸/テトラデカン二酸)ポリグリセリル-10、グリセレス-12、ジグリセリン、水酸化K、フェノキシエタノール、メチルパラベン

https://www.orbis.co.jp/small/11010602/?adid=skincareitem_lotion

2000年の発売以来のロングヒットで、シリーズ累計4,133万個の販売を誇る超人気商品です。

人の肌の成分と構成が似ているうるおいマグネットAQ(糖脂質)が角質層の隙間を埋めるように浸透し、うるおいが必要なポイントを優先的に満たし、肌内部の水分量を維持してくれる仕様になっています。

また、うるおいキャプチャーヴェール(ポリクオタニウム-51)が空気中の水分を取り込み、うるおいのある肌を安定させてくれる事も特徴と言えます。

テクスチャータイプは「さっぱり」「しっとり」から選択可能です。

▼オルビスアクアフォースのトライアルセットはコチラ

【アクアフォース特別セット】

口コミ

オルビスアクアフォースホワイト ローション

出典:オルビス公式サイト

全成分と特長

オルビスアクアフォースホワイト ローション L(さっぱりタイプ)
【有効成分】3-O-エチルアスコルビン酸 【その他の成分】水、DPG、エタノール、ノバラエキス、アスパラサスリネアリスエキス、ジメチルシラノール・ヒアルロン酸縮合液、アラニン、グリシン、セリン、BG、クエン酸、クエン酸Na、ジエチレントリアミン5酢酸5Na液、メチルパラベン

オルビスアクアフォースホワイト ローション M(しっとりタイプ)
【有効成分】3-O-エチルアスコルビン酸 【その他の成分】水、グリセリン、BG、DPG、PEG(80)、ジグリセリン、ノバラエキス、アスパラサスリネアリスエキス、ジメチルシラノール・ヒアルロン酸縮合液、アラニン、グリシン、セリン、グリコシルトレハロース・水添デンプン分解物混合溶液、POE(24)POP(24)グリセリルエーテル、クエン酸、クエン酸Na、ジエチレントリアミン5酢酸5Na液、フェノキシエタノール、メチルパラベン

https://www.orbis.co.jp/small/11010652/?adid=skincareitem_lotion

2018年の発売開始からシリーズ合計182万個の販売実績35万人の購入者数を誇る人気商品です。

有効成分として配合されている速効性ビタミンC誘導体(3-O-エチルアスコルビン酸)により、抗メラニン作用や抗老化作用が望め、透明感のある肌を維持する事に効果的な仕様となっています。

また、バラエキス・アスパラサスリネアリスエキスという2種類の植物由来成分も透明感をサポートする成分で、美白作用に相乗効果を生み出します。

うるおいマグネットW.H.(ジメチルシラノール・ヒアルロン酸縮合液)による保湿作用も高く、「美白」と「うるおい」を両立させた商品と言えるでしょう。

口コミ

オルビスミスター ローション

出典:オルビス公式サイト

全成分と特長

水、グリセリン、BG、ペンチレングリコール、イソステアリルアスコルビルリン酸2Na、プランクトンエキス、ハス花エキス、乳酸桿菌/セイヨウナシ果汁発酵液、アルギニン、スフィンゴモナス培養エキス、アデノシン三リン酸2Na、RNA、ピリドキシンHCl、ヒスチジンHCl、フェニルアラニン、チロシン、フェルラ酸アルギニン、イソステアロイル加水分解シルク、マンニトール、ワイルドタイムエキス、オタネニンジン根エキス、マヨラナ葉エキス、加水分解オリーブ葉エキス、イノシトール、ポリグルタミン酸、加水分解ヒアルロン酸、加水分解コラーゲン、ジグリセリン、グリコシルトレハロース、PEG-75、加水分解水添デンプン、キサンタンガム、ローカストビーンガム、イソステアリン酸、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー、塩化Ca、塩化Na、クエン酸、クエン酸Na、ペンテト酸5Na、水酸化K、トコフェロール、フェノキシエタノール

https://www.orbis.co.jp/small/1501020/?adid=skincareitem_lotion

今回の記事では番外編的な扱いになりますが、意外と知られていないオルビスの男性用ラインの化粧水。

うるおいやハリを低下させるメタボタンパク(カルボニル化タンパク)を排出し、新しいタンパク質を生み出すルーティーンに着目して作られ、肌本来の力をサポートする事をテーマとしています。

カルボニル化タンパク質はタンパク質中のプロリン、アルギニン、リシン、スレオニンなどのアミノ酸がROSにより酸化修飾を受け、カルボニル誘導体となったタンパク質の総称です。カルボニル誘導体は化学的に安定なため、近年、典型的な酸化ストレスのマーカーとして頻繁に用いられてます。

出典:コスモ・バイオ株式会社HP

ゼリー状のテクスチャーが素早く弾け、ローカストビーンガム・キサンタンガムによるマルチモイストシールドを形成する事によって、化粧水単体でもうるおいの維持に効果的です。

浸透型コラーゲン・浸透型ヒアルロン酸といった保湿成分も豊富で、美容意識の高い男性にオススメと言える商品ですね。

▼オルビスミスターのトライアルセットはコチラ

【初回送料無料】オルビス発のメンズスキンケア「Mr.」

口コミ

「肌悩み別」でどのシリーズの化粧水がオススメか考えてみた

オルビスから発売されているすべての化粧水を紹介してきました。

自分に合っているものが見つかったなら良いですが、「結局私にはどれが合っているの?」となってしまう方もいる事でしょう。

そこで、女性の肌悩み別のおすすめシリーズを挙げていきたいと思います。

出典:PR TIMES

上記の画像によると
ニキビ・吹き出物
毛穴の開き・黒ずみ
乾燥・かさつき
シミ
シワ
老化

というカテゴリのお悩みを抱えている女性が多いという事が分かります。

ではそれぞれのオススメ商品を挙げていきましょう。

ニキビ・吹き出物→オルビスクリア
毛穴の開き・黒ずみ→オルビスユー
乾燥・かさつき→アクア、アクアフォース
シミ→オルビスユーホワイト
シワ→オルビスユードット
老化→オルビスユードット、オルビスユーアンコール

あくまで成分や口コミをもとに私が独断と偏見で選んだものですが、決められない時の参考にしていただけたら幸いです。

「価格別」でどのシリーズの化粧水がオススメか考えてみた

そこで、「化粧品選びで重視しているポイントを教えてください(複数回答可)」と質問したところ、各年代別のTOP3は以下の結果となりました。

【10代・20代】『価格(62.6%)』『容量(32.2%)』『さっぱり感(29.4%)』
【30代】『価格(67.0%)』『しっとり感(37.8%)』『配合成分(30.6%)』
【40代】『価格(58.8%)』『配合成分(36.6%)』『しっとり感(35.7%)』
【50代】『価格(59.9%)』『しっとり感(44.6%)』『配合成分(35.1%)』
【60代】『価格(56.5%)』『配合成分(46.4%)』『しっとり感(43.5%)』

全ての世代で『価格』を最も重視していることが分かりましたが、若い世代は『容量』『さっぱり感』を重視し、年齢を重ねるにつれ、『しっとり感』『配合成分』をより重視する傾向が見られます。

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000058242.html

上記の記事にあるように、実は配合成分よりも価格で化粧品を選んでいるという方が多いようです。

そこで、オルビスの化粧水を価格順に並べてみました。

ちなみに内容量は180ml(オルビスミスターのみ150ml)です。

シリーズ名販売価格(税込)
オルビスユードット3,630円
オルビスユーアンコール3,630円
オルビスユーホワイト3,300円
オルビスユー2,970円
オルビスアクア2,200円
オルビスミスター2,200円
オルビスアクアフォースホワイト1,980円
オルビスアクアフォース1,650円
オルビスクリア1,650円

という感じで、最も安いラインはオルビスアクアフォースオルビスクリアという結果になりました。

一番高いオルビスユードット等と比較すると半額未満ですので、使い続けるとなるとランニングコストにかなりの差が出てきそうですね。

「とりあえずオルビスの化粧水を試したい」という時は?

様々な肌悩みに向けて開発されているオルビスのシリーズですが、
今は目立った悩みは無いけど、これからのために使っておきたい」という方もいるかと思います。

私は美容は減点方式と考えており、一度出来てしまったシミ・シワなどを美容成分を与えて無くす(ゼロに戻す)というのは無理と言っても良いレベルです。

そのため、普段のスキンケアによってトラブルを未然に防ぐ事は非常に重要なんですね。

未然のケアのための「とりあえずの1本」としてオススメなのはオルビスユー ローションですね。

理由としては、
・肌本来が持つポテンシャルを引き出す成分が豊富に含まれている事
・テクスチャのとろみによって肌にしっかり留まり、ダメージを予防するために重要なバリア機能の面も支えてくれるという事

という2点です。

つまり、シミやシワなどが目立たない状態から使い続ける事で、より長く健康な肌質を維持出来るという事に繫がるわけですね。

トライアルセットが超お得価格で試せるのもオルビスの良い部分ですので、オルビスの化粧水を使い始めてみたいという方は、オルビスユーのトライアルセットを試していただけたらと思います。

オルビスユー

オルビスユーのトライアルセットに関しては、下記の記事で詳しく書いてありますので合わせてチェックしてみて下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました