オルビスユーはリニューアル前後でどう変わった?5つの項目で解説

オルビスの基礎化粧品の中でも最も幅広く愛されていると言っても過言ではない「オルビス u(オルビスユー)」シリーズですが、2022年8月23日からリニューアルされます。

口コミを見ると「リニューアルでどう変わるのか楽しみ!」という声と「今のが気に入っているからリニューアルしなくても良いのに」という声で分かれているようです。

そういった口コミを見る限り、まだ具体的に何がどう変わるかを把握している人が少なかったので、今回はオルビスユーはリニューアルでどう変わるのかを分かりやすく解説していきます。

オルビスユー愛用中の人、これから使ってみようと思っている人はぜひ参考になさってください。

オルビスユーはリニューアルでどう変わる?5つの項目で解説

それではさっそくオルビスユーはリニューアルでどう変わるのかという点について解説していきましょう。

いくつかのポイントに分けてシンプルに解説しますので、ぜひ最後までご覧ください。

メイン成分が新たに追加

まずは基礎化粧品でもっとも重要視される成分についてですが、メインとなる成分の変更点は下記のとおりです。

 成分名・詳細
リニューアル前キーポリンブースター(シーグラスエキス、桃葉エキス、ヤグルマギクエキス配合)
リニューアル後キーポリンブースター(シーグラスエキス、桃葉エキス、ヤグルマギクエキス配合)
MCアクティベーター(オトギリソウエキス配合)
DF・パンテノール(デクスパンテノールW)

リニューアル前のメイン成分であったキーポリンブースターはそのままに、MCアクティベーターDF・パンテノールという成分が新たに加わっています。

リニューアルにあたって成分をガラッと変えてしまうシリーズもありますが、元々の成分を活かしつつ新しい成分もプラスしているという点は好感が持てるのではないでしょうか。

有効成分追加で肌悩みへのアプローチがパワーアップ

成分が追加されたことによって肌へのアプローチも変わってきます。

まずキーポリンブースターに関しては、「角層のすみずみまでうるおいで満たす」とされている保湿成分で、肌の乾燥や乾燥によるくすみ・ハリ不足などにアプローチする成分です。

新しく追加される成分の働きついては下記にまとめてみました。

MCアクティベーター
・肌のうるおいを引き出す
・うるおいを高めてハリを与える

DF・パンテノール
・角層のバリア機能にアプローチして肌荒れを防ぐ
・ダメージにゆらがないキメの整ったなめらかな肌に導く

リニューアル前のオルビスユーと比較すると、さらにうるおいやハリ感をアップ肌荒れ対策やキメを整える働きも期待できるようになったという感じですね。

ちなみにDF・パンテノール(デクスパンテノールW)は肌荒れ防止の有効成分で、2018年に美白有効成分として認められた成分でもあります。

つまり、リニューアル後のオルビスユーは有効成分配合の医薬部外品にパワーアップしているわけです。

公式サイトでも「初期エイジングケアシリーズ」とカテゴライズされていますので、年齢肌の悩みを感じ始めた人におすすめと言えるでしょう。

化粧水の「とろぱしゃ」感はそのまま?

オルビスユーを愛用している人の口コミに多いのが、化粧水の「とろぱしゃ」な使用感を褒める内容です。

「リニューアルで質感が変わってしまうのでは?」と心配されている人も多いかと思いますが、公式サイトに進化系”とろぱしゃ”ローションという文言が確認できましたので、とろぱしゃ感は失われていないと考えられます。

もちろん配合成分による微々たる変化はあるかと思われますが、リニューアルによって大幅に変わることはないと言えるでしょう。

リニューアルで値段は変わった?

リニューアルとなると値段の変更も気になるところですよね。

 商品名:価格(税込)
リニューアル前ユー ウォッシュ:1,980円
ユー ローション:2,970円
ユー モイスチャー:3,300円
リニューアル後ユー フォーミングウォッシュ:1,980円
ユー エッセンスローション:2,970円
ユー ジェルモイスチャライザー:3,300円

洗顔から保湿液までの値段を比較してみましたが、リニューアル前後で値段は変更されていないようです。

成分がパワーアップしているにも関わらずお値段据え置きは嬉しいポイントですね。

フタが開けやすかった容器のデザインは?

オルビスユーといえばフタに突起があるデザインが特徴的で、それが「使いやすい」という意見と「邪魔」という意見に分かれていました。

リニューアル前後でデザインを比較してみましょう。

▼リニューアル前

▼リニューアル後

画像はそれぞれ公式サイトより引用

という感じで、リニューアル後はフタの突起がなくなって切り込みの入ったデザインになっています。

これはおそらく「突起が邪魔」という声に配慮して、突起が無くても指を引っかけて開けやすいデザインを突き詰めた結果と言えるでしょう。

このデザイン変更は「突起があって開けやすかった」派も不便を感じない素晴らしい改良だと感じました。

まとめ:今回のリニューアルは「良いリニューアル」

オルビスユーのリニューアルについて、5つの項目でシンプルに解説してきましたが、成分や価格、デザインなども踏まえた上で、今回のリニューアルは「良いリニューアル」と言えるでしょう。

・有効成分を含む医薬部外品にパワーアップ
・化粧水のとろぱしゃ感もキープ
・お値段はリニューアル前と同じ
・フタの開けやすさを維持しつつスマートな容器へ

今回のリニューアルを集約すると上記のとおりで、使用感やお値段はそのままで成分だけパワーアップした形となっています。

もちろん新たに追加された成分によって合う・合わないが生まれるリスクはありますが、リニューアルしたからといって使用を止める必要はなさそうです。

これから試してみようと思っている人は、980円(税込・送料無料)でライン使いができるトライアルセットがお得ですので、ぜひ下記リンクからお試しください。

オルビスユー
タイトルとURLをコピーしました