スポンサーリンク

買う前にチェック!オリゴ糖のメリットや種類、デメリットについても解説

オリゴ糖と言えばどういったイメージを思い浮かべるでしょうか。

お腹に良さそう」や「体に良さそう」といったイメージが強いのではないかと思います。

しかし、それ以上の知識は持っていないという方がほとんどですよね。

そこで今回は、オリゴ糖の魅力に着目し、メリットやデメリットについても解説していきます。

オリゴ糖の魅力って何?メリットを紹介

オリゴ糖は”難消化性”の低カロリーな糖類

一般的な砂糖(上白糖・グラニュー糖など)は唾液や胃液などに含まれる消化酵素によって分解され、糖質としてエネルギーに変換されますが、オリゴ糖は消化されづらい難消化性という性質を持っています

糖質・エネルギーとして吸収されづらいということは血糖値の上昇にも影響を与えづらいという事になりますので、余分なエネルギーが脂肪細胞に蓄積されるリスクも低くなるというわけですね。

もちろん摂り過ぎはNGですが、
砂糖のカロリーは1gあたり4kcal
オリゴ糖のカロリーは1gあたり2kcal
約半分のカロリーとなっており、砂糖と置き換えて使用する分にはダイエットに効果的と言えます。

ビフィズス菌を増やして腸活のサポート

オリゴ糖は胃で消化されづらく、大腸に届いてビフィズス菌を増やすためのエサのような役割を果たします。

ビフィズス菌が増えることによって腸内が弱酸性の状態に傾き、それによって悪玉菌の活動を抑制する作用が望めます。

腸内が弱酸性の状態に傾くことで、カルシウムなどのミネラルが吸収されやすくなるという作用も同時に望めますので、ビフィズス菌を増やす事は良いことずくめなんですね。

最近何かと話題の「腸活」には欠かせないビフィズス菌ですので、その原動力となるオリゴ糖はまさにベストパートナーと言えるのではないでしょうか。

フラクト?ラフィノース?オリゴ糖の種類とその違い

「オリゴ糖」と一口に言っても実は様々な種類があります。

商品名を見て「これって何が違うの?」「本物のオリゴ糖なの?」と思った方も多いのではないでしょうか。

そこで一般的に販売されている5つのオリゴ糖について簡単にまとめてみました。

フラクトオリゴ糖野菜や果物などに含まれるオリゴ糖。
ショ糖を原料に作られるもの。
ラフィノース砂糖大根(ビート・てんさい)から作られるオリゴ糖で。
ビフィズス菌のエサになりやすいとされている。
ガラクトオリゴ糖母乳や牛乳、乳製品に含まれるオリゴ糖で。
乳糖を原料に作られるもの。
イソマルトオリゴ糖しょうゆやみりん、ハチミツなどに含まれるオリゴ糖。
とうもろこしを主な原料とするもの。
大豆オリゴ糖大豆やマメ科植物に含まれるオリゴ糖。
基本的には大豆から作られるもの。

上記の表から見ると、原料の違いが名称の違いに繋がっているようですね。(もちろん全て本物のオリゴ糖です)

ちなみにこの5つの中で
最も甘みを感じやすいのは大豆オリゴ糖
整腸作用が高いとされているのはラフィノース

となります。

また、イソマルトオリゴ糖については消化性のオリゴ糖ですので、他の難消化性のオリゴ糖に比べて腸に届きづらい性質を持ちます

オリゴ糖にデメリットはあるの?

「オリゴ糖の魅力」の項目で書いた事からすると、オリゴ糖にはメリットしかないように感じられますが、デメリットがあるかどうかも気になるところですよね。

置き換える際に量が増えてしまいがち

オリゴ糖は砂糖よりも甘みが弱いため、砂糖と同じ甘さを求めて置き換える場合にオリゴ糖を多く入れてしまいがちです。

そうなってしまっては置き換える意味も半減してしまいますので、砂糖と同じグラム数で置き換えるように心掛ける事が大切です。

ちなみにオリゴ糖の1日あたりの摂取目安量は2~10gとされています。

砂糖と比べると価格は高め

上白糖やグラニュー糖などと比較すると、オリゴ糖の価格はやや割高となります。

上白糖は1kg300円~400円ほどで購入出来ますが、オリゴ糖は1kg800~1,000円ほどとなっており、同じ量で置き換えるとなるとお財布にはあまり優しくないですよね。

食材の置き換えに関しては継続してこそ意味を成すものですので、ランニングコストが高めになってしまうのはデメリットと言って良いかと思います。

摂り過ぎは体調を崩すリスクあり

オリゴ糖の1日当たりの摂取目安量は2~10g程度とされています。

10gといえば小さじ2杯ですので結構少なめです。

オリゴ糖の摂り過ぎはお腹を下してしまったり、お腹が張ったりする原因にもなりますので、過剰な摂取は控えましょう。

また、オリゴ糖には腸内環境の”慣れ”がある程度必要だったりもします。

例えば10g摂取してみてお腹が張ったり下痢になったりするようであれば、次からは量を少なめにしつつ、徐々に慣らしていく事が大切です。

オリゴ糖を摂ったからといって急に腸内環境が改善されるわけではありません。

知らないうちに甘味料を摂取してしまう事も…

オリゴ糖自体は比較的甘さ控えめですので、砂糖に近い甘さを出すために甘味料を添加している商品が結構あります

原材料欄にはもちろん記載していますが、「オリゴ糖だからヘルシーでしょ」と原材料欄も見ずに購入してしまうと、知らないうちに人工甘味料を多く摂取してしまっていたという事にもなりかねません。

甘味料すべてが悪というわけではありませんが、健康を意識してオリゴ糖を選択したのに体へのリスクを取りに行ってしまうのは本末転倒ですよね。

購入する際に原材料欄を確認する事で避けられるデメリットですので、きちんと確認をしましょう。

体感的には安価な商品ほど甘味料を使用している割合が多いように思います。

オススメのオリゴ糖商品

ニチガ ビートオリゴ糖 ラフィノース

画像引用元:ニチガ公式サイト

最もスムーズにビフィズス菌のエサになるとされている「ラフィノース」のオリゴ糖で、普通の砂糖と同じように使用できる粉末タイプの商品です。

北海道産の天然てんさい100%使用、98%の高純度オリゴ糖を使用しており、オリゴ糖商品の中でも割高ではありますが、品質に関しては折り紙付きと言える商品ですね。

200g~2kgまでサイズバリエーションも豊富ですので、最初は200gからお試しするのが良いかと思います。

▼Amazonでチェック
https://amzn.to/3tYrFTP

▼楽天でチェック
https://a.r10.to/hyfE0X

日本オリゴ フラクトオリゴ糖 きびブラウン

画像引用元:日本オリゴ株式会社

鹿児島県産と沖縄県産のさとうきびを100%使用して作られたフラクトオリゴ糖の商品です。

黒砂糖的な香ばしい風味も感じられ、料理に入れるよりもそのまま掛けて食べる用途にオススメです。

甘味料を使用していないオリゴ糖商品の中では比較的リーズナブルと言えます。

▼Amazonでチェック
https://amzn.to/3uWmbdE

▼楽天でチェック
https://a.r10.to/hVmoid

加藤美蜂園 北海道てんさいオリゴ

北海道産のてんさいを使用し、てんさい由来のラフィノースを含むオリゴ糖商品です。

オリゴ糖の定番的な商品で、最初の1本には特にオススメです。

甘すぎず様々な用途に使いやすい事もポイントですね。

▼Amazonでチェック
https://amzn.to/3fiTqBq

▼楽天でチェック
https://a.r10.to/hwFj7s

まとめ

オリゴ糖の魅力や種類、デメリットやおすすめ商品について解説してきました。

オリゴ糖を普段の食生活に取り入れるにあたって大切なのは、デメリットの部分を意識する事ですね。

・ヘルシーだからといって摂り過ぎない
・甘味料が入っていないか原材料欄をチェックする

特に上記2点は重要なポイントですので、必ず意識するようにしましょう。

砂糖から置き換える事で腸活のメリットもありますし、健康志向の方やダイエッターの方には特におすすめと言えるでしょう。

腸の健康はお肌にも繋がりますので、美容の面でもおすすめ出来ますね。

価格こそ少々割高ではありますが、お菓子作りでもしない限りはそこまで大量に使う事は無いですし、まだ使ったことが無いという方はこれをキッカケに乗り換えてみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました