実は低GI!てんさい糖の原料は?メリット・デメリットも分かりやすく解説

日常生活に欠かせない調味料の一つと言える砂糖。

砂糖と一言に言っても種類は豊富にあり、「どの種類が良いのだろう」と考えたことがある方も多いのではないでしょうか。

今回は砂糖の種類の一つであるてんさい糖に着目し、減量やメリット・デメリットについて解説し、てんさい糖を用いて作られたおすすめアイテムについても紹介していきたいと思います。

てんさい糖の原料は?

てんさい糖の原料は甜菜という野菜で、ビートとも呼ばれています。

見た目は大根やカブに似ていますが、大根やカブはアブラナ科、甜菜はヒユ科に分類される植物ですので、種類としては全くの別種です。

甜菜は砂糖の原料として広く活用されており、上白糖やグラニュー糖の原料としても使われています。

上白糖やグラニュー糖のように白く精製せず、甜菜の蜜を含んで作られたものがてんさい糖なんですね。

てんさい糖を使用するメリットは?

オリゴ糖で便秘改善

てんさい糖には天然のオリゴ糖や食物繊維が豊富に含まれています。

オリゴ糖は腸内の善玉菌を増やす働きがあり、食物繊維は便の通過をスムーズにしてくれますので、便秘改善にもってこいの食品と言えます。

腸内環境が改善されると美肌効果なども望めますので、便秘に悩まれている方や美容に気を使っている方にはオススメと言えます。

冷え性の改善効果

上白糖やグラニュー糖は体を冷やす作用があるとされていますが、てんさい糖は逆に体を温める効果があると言われています。

理由としては原料の甜菜が寒冷地で育つもので、寒さに強い植物は体を温める効果があるとされることからとの事です。

スーパーなどで手に入る市販の砂糖類の中では唯一の温め効果を持つ砂糖ですので、冷えに悩まされている方は積極的に取り入れたいところですね。

免疫力アップ

てんさい糖に含まれるオリゴ糖の一種であるラフィノースには、ビフィズス菌の増殖効果を持つとされており、それによって免疫細胞を増殖させたり、免疫細胞を強化する働きがあると言われています。

風邪などを予防するだけでなく、アトピー性皮膚炎などの症状改善にも効果があるとされていますので、アレルギーに対する免疫力にも効果が期待できるでしょう。

また、ビフィズス菌には抗がん作用もありますので、成人病対策にももってこいと言ったところでしょうか。

てんさい糖は低GI食品

血糖値が気になる方にもオススメ出来るのがてんさい糖の凄いところです。

精製糖である上白糖やグラニュー糖、三温糖や黒糖と比較しても格段にGI値が低いんですね。

砂糖の種類GI値
グラニュー糖110
上白糖109
黒糖99
三温糖108
てんさい糖65

GI値は食後の血糖値の上昇を表す数値で、「低GI=血糖値が上がりづらい」という事になります。

しかし、砂糖であることには変わりありませんので、「てんさい糖だからたくさん使ってOK」とはなりませんが、「使うのであればてんさい糖が良い」とは言えるのではないでしょうか。

てんさい糖のデメリットは?

メリットや良い部分を挙げてきましたが、「じゃあデメリットはあるの?」と気になるところですよね。

てんさい糖を使用する事によるデメリットについて解説しておきましょう。

摂り過ぎ・使い過ぎに注意

デメリットというレベルではありませんが、てんさい糖も糖類ですので摂り過ぎは体に毒です。

「冷え性を改善したい!」「便秘を改善したい!」といって大量摂取するものではありません。

上で紹介してきたメリットは、あくまで通常の砂糖(上白糖・グラニュー糖)と置き換えた時に得られるメリットですので、てんさい糖を薬やサプリメントのように捉えるのはやめましょう。

また、てんさい糖は砂糖と比較して甘さが控えめです。

そのため、砂糖と同じ甘さを得るために使い過ぎてしまうという事も考えられます。

あくまで砂糖と同量で置き換える事が大切なので、例えば料理のレシピに「砂糖大さじ1」と書いてある場合は、てんさい糖も大さじ1杯の使用に留めるようにしましょう。

遺伝子組み換えが気になるなら国産原料のてんさい糖を

てんさい糖のデメリットとして挙げられる事の多い「遺伝子組み換えの原料を使っている」という問題ですが、これは遺伝子組み換え原料の表示義務が無い海外製品の影響によるものと考えられます。

日本では遺伝子組み換えの甜菜を商用栽培する事が禁じられていますので、遺伝子組み換え原料を使っているか気になる際は原材料欄に書かれている「国産」や「遺伝子組み換え原料は使用しておりません。」といったワードをチェックしましょう。

海外製品または海外の原料を使用したてんさい糖を選ぶ場合、その製品がオーガニック認証を取得しているか否かを目安にすると、遺伝子組み換え原料を摂取するリスクが一気に減ります。

・砂糖と同量で置き換える事
・国産原料のものを選ぶ事

この2点を意識しておけばデメリットと呼べるほどの悪い部分は無いと言えますね。

てんさい糖は甘さ控えめが好きな人にオススメ

私自身も実際にてんさい糖を利用している一人なのですが、てんさい糖の甘みはとてもマイルドです。

また、上白糖やグラニュー糖と比較すると、粉の質感もフワッとしていて香ばしい香りもあります。

煮物や炒め物など、料理のレシピにおいて砂糖の分量をそのままてんさい糖に置き換えると、甘さが少し控えめになって風味が良く仕上がります

甘さ控えめが好きという方にこそ、てんさい糖への置き換えはオススメと言えます。

created by Rinker
TOMIZ
¥694(2022/05/18 09:45:46時点 Amazon調べ-詳細)

おすすめ!てんさい糖を使用したご当地サイダー「天サイダー」

画像引用元:士別市HP

ダイエットで炭酸飲料、特にコーラやサイダーを控えているという方は多いのではないでしょうか。

我慢していると、ふとした時に急に飲みたくなるものです。

最近ではゼロカロリーの炭酸飲料も多いですが、人工甘味料の摂り過ぎは不安ですし、何より美味しくないですよね。

そんな方にオススメしたいのが、北海道は士別市の名産として販売されている天サイダーです。

士別市で作られた甜菜由来の砂糖とビートオリゴを使っていますので、一般的な市販のサイダーよりも体にやさしい仕様となっています。

通販は行われていない本当の意味でのご当地サイダーですので、北海道にお住いの方、近くに旅行をされる方などはチェックしてみてはいかがでしょうか。

「天サイダー」が新しくなりました! | 士別市

コメント

タイトルとURLをコピーしました