《2020年最新》オシャレな超音波式加湿器4選+超音波式加湿器のメリット・デメリット

スキンケアにおいて、化粧品での保湿はもちろん大切ではありますが、生活空間の空気が乾燥してしまっていては、その効力も薄れてしまいます。

特に空気が乾燥しやすい秋冬シーズンは、生活空間の加湿も心掛けておきたいところ。

そこで今回は、お手軽に導入できる超音波式の卓上加湿器をピックアップして紹介していきます。

超音波式加湿器のメリット・デメリットなどもシンプルに解説しますので、よろしければ参考にしてみて下さい。

超音波式ってどんなシステム?メリット・デメリットは?

加湿器というと、水を沸かした湯気(スチーム)で加湿するスチーム式をイメージする方が多いかと思いますが、スチーム式・気化式・超音波式といったバリエーションがあり、それらを組み合わせたハイブリッドタイプの商品も存在します。

そんな中、熱を発さずに超音波の振動によって水分を放出する超音波式加湿器は、最も手軽で効率的な加湿器であると言って過言は無いでしょう。

スチーム式は加熱する関係で電気代が多く掛かりますし、気化式は加湿までに時間を要します。

超音波式加湿器のメリットを挙げておきますと
・リーズナブルな価格のものが多く電気代も安価
・デザイン性に優れた商品が多い
・アロマオイルを利用可能なものが多い

このあたりが主だったメリットになります。

価格の安さや維持費の安さはもちろんですが、デザインがオシャレである事、アロマオイルを使って加湿が出来る事は、使い続けるにあたって大きなポイントかと思います。

逆にデメリットを挙げますと
・煮沸しないため雑菌の繁殖リスクが高め→こまめな手入れが必要
・コンパクトなものが多く、部屋全体を加湿するには不向き
・近くの家具や家電に水分が付着しやすい

という感じですね。

特に雑菌の繁殖リスクは危惧すべきで、手入れの行き届いていない超音波加湿器を使用し続けると、部屋中に雑菌を充満させる事にもなり兼ねません。

使用する前にタンクや本体をキレイにする習慣を付ける必要がありますね。

また、コンパクトで加湿出来る範囲も狭いため、主にデスクやリビングのテーブルなどに置く事が想定されますが、その際に周囲の家具家電に水分が付着しやすいデメリットは見過ごせません。

特にパソコンやゲーム機などの機器に水分が付着しないように気を遣う必要があります。

加湿器全般に起こり得る「白い粉みたいなのが家具や壁に付いた」という現象も、生活スペースの近くに置いて使用する関係上、他の方式の加湿器よりも起こりやすいデメリットもありますので、その点も注意が必要です。

オシャレかつ手軽な価格で買える商品だからこそ、買った後に「こんなはずじゃなかった」とならないために、デメリットについては特に頭に入れておく必要があるかと思います。

オススメの超音波式加湿器4選

アイリスオーヤマ 超音波加湿器 4L

卓上型の超音波加湿器の中でも最大級の容量を誇る商品です。

4リットルの大容量で、最大11畳の面積の加湿を可能とし、一度の給水で最大13時間の連続運転が可能という事で、コンパクトながらもリビング全体をカバーするレベルの加湿力を持っています。

つまみで加湿量を調節する事が可能
7色のLEDを搭載しており、シーンに合わせて切替可能

水の残量が分かりやすい
このあたりも特徴と言えるでしょう。

生活用品の大手であるアイリスオーヤマの商品ですので、価格は安く信頼性は高いベーシックな超音波加湿器ですね。

Pure Enrichment(ピュアエンリッチメント)ミストエア雲形加湿器 

個人的に最もオシャレだと思う超音波加湿器がこちらですね。

インテリアにも溶け込みやすく、1.8リットルのタンク容量で最大13畳の広範囲、最も低い出力で最大24時間の連続運転が可能という優れものです。

8色から選択可能なナイトライトモードも搭載し、”家電らしさ”を感じさせない雲のようなデザインも相まって、まさに癒しを与えてくれる加湿器なんですね。

タンクの給水口の口径が広く、洗いやすい仕様になっているため、デメリットである雑菌の繁殖を防ぐ意味でも優れた商品と言えるでしょう。

Vantozon 加湿器 卓上

今回紹介する中で最もコンパクトかつ近未来的なデザインのこちらの商品。

デスクなどでの使用はもちろんの事、車のドリンクスタンドにも収まる車載用加湿器としての活用法もある優れものです。

そのため、車での移動が多い人には特にオススメですね。

400mlという容量ながらも12時間の連続運転を可能としていますので、実力的にも問題なしと言ったところでしょうか。

また、USBでの給電が可能という点も、パソコン周りや車内で使用する上で嬉しい仕様と言えるでしょう。

フエキくん 超音波加湿器 

少々番外編的な商品ではありますが、文房具の「のり」でお馴染みのフエキくんを模した超音波加湿器です。

のりの容器よりは大きめなサイズ(底面約12cm)で、容量は350ml、最大6時間の連続運転が可能という、この手の商品の中では本格的なスペックを誇っています。

USBでの給電も可能な手軽さも持ち合わせていますので、加湿器に可愛さを求める人、レトロ感を求める人に取っては注目の商品と言えるかもしれません。

オフィスで使えばちょっとした話題になる事は間違いないでしょう。

まとめ

超音波加湿器のメリット・デメリットをシンプルに解説し、最新の特にオシャレな商品をピックアップして紹介してきました。

もちろんデザイン性だけでなく、口コミなども参考に選んでいますので、今回紹介したものは一定の信頼を置ける商品たちと言えるかと思います。

お肌の保湿も大切ですが、お部屋の保湿も美容や健康に繋がります。

お肌の乾燥はバリア機能を弱めて、紫外線や空気中のホコリ・雑菌によるダメージを受けやすくなりますし、肌荒れやシワなどの発生に繋がります。

健康面に関しては、インフルエンザウイルスは乾燥を好むと言いますし、コロナウイルスについても乾燥が感染拡大の一因と指摘されています。

花粉症なども乾燥した空気に花粉が飛散することから悪化しますし、乾燥を防ぐだけで様々なリスクを抑える事が出来るわけですね。

また、アロマオイルを数滴垂らしてリラックスタイムに活用するのもオススメです。

冒頭にも書きましたが、特に秋冬は乾燥が気になるシーズンですので、ぜひ加湿器を取り入れていただけたらと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました