シェアする

スポンサードリンク




外出時にバッグに入れておきたい!「塗り直し」「重ね塗り」のための最新日焼け止めスプレー3選

外で日焼け止めの塗り直しをする際、ミルクタイプの日焼け止めで手がベタベタになってしまったという経験はあるのではないでしょうか。

しかし、外出時(特に夏場)には汗で日焼け止め成分が流れてしまう事もありますし、徹底的に「焼かない」ためには塗り直しをしないという選択肢も考えづらいですよね。

手がベタベタになるのは嫌
でも日焼け止めは徹底したい

そんな時に重宝するのが日焼け止めスプレーです。

吹き付けるだけで簡単に塗り直しや重ね塗りが出来る優れもので、手で軽く伸ばすことも必要ではありますが、仕上がりがサラッとするものが多く、ミルクタイプのようにベタつく事はほぼありません。

また、手が届きづらい場所への塗布も簡単ですので、外出時にバッグに入れておくと重宝すること間違いなしです。

スプレー缶タイプの商品が特にオススメ

日焼け止めスプレーの中にも、霧吹きのようになっているタイプと、スプレー缶タイプがあるのですが、「外出時の塗り直し」や「重ね塗り」という用途に関して言えばスプレー缶タイプの方が断然おすすめです。

理由としては脚や背中など、塗布しづらい場所に吹き付ける際に、容器を逆さにした状態でも使用できるからですね。

また、バッグに入れておく際に、霧吹きタイプですとサイズが大きめなものが多いので場所を取りますし、液体が漏れてしまうリスクも高いです。

そのため、外出時に携行する日焼け止めはスプレー缶タイプが最適と言えるわけですね。

2020年最新版!スプレー缶タイプの日焼け止め3選

ANESSA(アネッサ) アネッサ パーフェクトUVスプレー アクアブースター

内容量:60g
SPF:50+
PA:++++

汗や水に触れる事で強力になる「アクアブースター」を搭載。

美肌成分を配合し、日焼けだけでなく紫外線による乾燥ダメージからも肌を守ってくれる優れもの。

80分の水浴実験でその耐性を立証している信頼度の高い日焼け止めスプレーで、肌に均一に広がりどの角度からの紫外線にも対応する「360°ムラやけ対応」もポイントです。

香りはさわやかなシトラスソープの香り。

Amazonで検索 楽天で検索

KOSE サンカット パーフェクト UVスプレー 無香料

内容量:60g
SPF:50+
PA:++++

アネッサの日焼け止めスプレーと同じスペックのUVカット性能を持ちながら、価格は1,000円近く安いというコスパ最強商品です。

摩擦や水、汗や皮脂にも強いスーパーウォータープルーフ仕様で、耐性面もバッチリと言えます。

無香料ですので、香水やボディクリームなどの香りの邪魔をしないという点でも評価できる商品ですね。

Amazonで検索 楽天で検索

ビオレ UV アスリズム スキン プロテクト スプレー

内容量:90g
SPF:50+
PA:++++

ビオレが独自開発した「密着ベール」の技術によってムラのない塗布が可能で、汗や摩擦に強いタフブーストtechも魅力的な商品。

濡れた肌にもそのまま吹き付け可能ですので、汗やプールの水、海水などで濡れた状態でも肌を拭き取らずに使用できます。

香りで主張しない無香料タイプで、内容量も多めの90gというところもポイントです。

シックで高級感のある外観も個人的にはおすすめポイントですね。

Amazonで検索 楽天で検索

スプレー缶タイプなら気軽に髪の日焼け止めも可能!

今回はドラッグストアなどでも簡単に手に入る、定番中の定番的な日焼け止めスプレーを紹介したわけですが、スプレー缶タイプの商品のメリットとして「髪に吹き付けやすい」というメリットもあります。

日焼け止めというと、お肌の日焼け止めの方に注力しがちですが、髪や頭皮も紫外線のダメージを受けています

日焼けによって髪色が変わってしまったり、髪が傷んでパサパサになってしまったりと、髪のUVケアを怠ることによって起こる弊害は大きいので、日焼け止めスプレーでしっかりケアしていただきたいですね。

今回紹介した3商品は、いずれも髪や頭皮に使用可能なものですので、肌と併せて活用していただけたらと思います。

ミルクタイプやジェルタイプなどの最新日焼け止めに関しても記事を書いていますので、よろしければお役立て下さいませ。

SPFは高い方が良い?PAの+は多い方が良い?種類は何が良いの?などなど、日焼け止めの選び方のポイントをシンプルに解説。ドラッグストア等で手に入る2020年最新日焼け止め商品も掲載しています。絶対に焼きたくない人必見です。
スポンサードリンク




スポンサーリンク
レク大




シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レク大