シェアする

スポンサードリンク




味・コスパ抜群!雪ちゃんの日本海こうじみそのススメ

味噌選びで悩んだ事はありませんか?

銘柄を決めている人は良いのですが、私のように使い切るたびにスーパーなどで「どれにしよう?」と悩む方もいるかと思います。

そんな私が悩むのをやめた銘柄が”雪ちゃんの日本海こうじみそ”です。

今回は、雪ちゃんの日本海こうじみその魅力に迫り、”こうじ味噌”の成分的なポテンシャルの高さについても解説していきますので、味噌選びの参考にしていただけたらと思いますね。

雪ちゃんの日本海こうじみそとは?

雪ちゃんの日本海こうじみそは、富山県にある”日本海味噌醤油株式会社”で製造されている製品で、正式には”日本海みそ”の中の”雪ちゃん”という銘柄の”こうじみそ”という分類のようですね。

カップに書いてある文字列の順番で読むと、「雪ちゃんの日本海こうじみそ」という流れになるため、この名称で認識しています。

富山県ではCMも放送されている(されていた?)ほどの認知度で、富山出身者なら口ずさめるレベルだそうです。

【懐かCM】日本海味噌 春夏秋冬フルバージョン【CM特集】

私は北海道出身なので、北海道出身者が”千秋庵の山親爺”のCMソングを知っているくらいのかなり高い認知度なのではないかと推測します。

会社のホームページには楽譜付きで歌詞が掲載されており、作曲が”浪速のモーツアルト”ことキダタロー氏だという事に驚かされましたね。

歌詞は冬から始まって”冬→春→夏→秋”という4番まであるようです。

富山のソウルフードの一角を担っているのは”日本海みそ”で間違い無さそうですね。

ちなみにカップの”雪ちゃんの日本海こうじみそ”以外にも、多種多様な味噌をラインナップしています。

雪ちゃんの日本海こうじみその美味しさとは

富山県民でもない筆者がオススメするのは、手に入りやすい味噌の中で格段に美味しいと感じたからに他なりません。

ここでは、美味しさのポイントについて書いていきましょう。

適度な甘さ、旨味

ジャンルとしては”白みそ”になりますので、比較的甘めな作りになっているのですが、甘すぎずしょっぱすぎずの絶妙なバランス感を持っています。

そのまま食べてみると分かるのですが、だし入り味噌ではないのに旨味が感じられます。

大豆だけではなく米麹(こめこうじ)を使用する事によって甘さが出ているのだと思われますが、他社のこうじ入り味噌だとそれによって甘さが強まりすぎているものもありますので、このバランス感は素晴らしいと思いますね。

塩気の強い味噌が好きという方には合わないのかもしれませんが、まろやかさを重視する方でしたら一度試してみてほしいです。

ダシの味を邪魔しない

味噌選びをする上で結構重要なのはこれだと思いますね。

赤・白・合わせなどの色々な味噌を試してきましたが、味噌側の味の主張が強すぎるとダシとのバランスが取りづらいと感じることが多々ありました。

プロの料理人や料理の手練れのような人でしたら、火加減や分量、煮る時間などの工夫で上手く出来るのだと思いますが、筆者のような素人に毛が生えたレベルでは味噌とダシのポテンシャルに頼る部分が大きいわけです。

そんな素人クラスの筆者でも、味噌とダシのバランスが取れた味噌汁を安定して作れるのが、雪ちゃんの日本海こうじみその魅力なんですね。

ちょっと入れすぎても大丈夫

目分量で料理をする人には共感いただけるかと思うのですが、たまに「あ、味噌入れすぎたかも…」と感じる事ってありませんか?

一般的な味噌ですと、入れすぎた時に結構しょっぱく仕上がりますが、雪ちゃんの日本海こうじみその場合は、多少入れすぎてもまろやかに仕上がります。

この懐の深さというか寛容なところが、長年愛され続けている理由なのではないかと思いますね。

目分量派には特にオススメです。

”こうじ味噌”はスーパーフードを越えたハイブリッドフード

「健康・美容・ダイエットを~」と書いてるサイトなのに味噌のレビューかよ!と思われてしまいそうですが、ここでオススメしているのには理由があります。

一般的な味噌は大豆を発酵させて作られる発酵食品の一種で、大豆イソフラボンなどの健康や美容に良い成分が入っています。

もちろん大豆でも充分スーパーフードと言える存在ではあるのですが、こうじ味噌には米麹の成分も含まれていますので、大豆と麹の成分を両方含む”ハイブリッドフード”と言えるわけですね。

大豆イソフラボンは女性ホルモンである”エストロゲン”と似た働きをするとされており、お肌のターンオーバー(新陳代謝)を促進したり、髪のツヤの維持、女性機能の正常化、成人病の予防など、様々な嬉しい効果が望めます。

そして麹には注目の”コウジ酸”という成分が含まれており、メラニン色素が生成されるために働く”チロシナーゼ”という酵素の働きを抑え、日焼けやシミ、肌荒れを予防する効果があるとされています。

つまり、メラニンが関係する肌トラブルを避けられるという事ですので、美白において非常に重要な成分と言えるわけですね。

また、体内で増えすぎた活性酸素を除去してくれる”抗酸化作用”も期待出来ますので、大豆イソフラボンと併せてアンチエイジングの相乗効果を得られるという事です。

大豆だけの味噌を使っている方も、これを知ると「こうじ味噌に変えようかな?」という気になってくるのではないでしょうか。

美容効果だけではなく、健康効果に関しても、大豆と麹が合わさる事によって下記のような効果が望めます。

・コレステロールの低下作用
・血管の弾力性保持
・過酸化脂質(中性脂肪が酸化したもの)の生成防止
・抗がん作用
・糖尿病の予防
・動脈硬化、脂肪肝、脳卒中、高血圧の予防
・乳がん、大腸がんの予防
・消化を助ける作用
・血を作り出す作用(造血作用)

コレステロールの低下や消化を助ける作用に関してはダイエットにも通じるものですので、まさに健康・美容・ダイエット全てに効果のある食品と言えるわけですね。

まとめ

雪ちゃんの日本海こうじみそについて熱弁し、こうじ味噌の健康・美容効果についても解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。

「雪ちゃんの日本海こうじみその美味しさが私にこの記事を書かせた」と言っても過言ではないくらい魔力のある美味しい味噌なので、その魅力が少しでも伝わったなら幸いですね。

味だけではなく、成人病対策やアンチエイジングにも効果があるとなれば、”こうじ味噌”への乗り換えは非常に有効な手段と言えますので、ぜひ試していただけたらと思います。

スーパーなどでも500円前後で販売されており、コスパも高い製品ですので、見掛けたら手に取ってみて下さいね。

Amazonで検索 楽天で検索
スポンサードリンク




スポンサーリンク
レク大




シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レク大